エコハンター第94回「奥さま!ヒロロにはもう行かれました?」

 
エコハンター第94回「奥さま!ヒロロにはもう行かれました?
 
奥さま!ヒロロにはもう行かれました?ほら、元がジョッパルでその昔はダイエーだった所にできた新しい建物!
何かエコの匂いがする…と思って出掛けた3階のヒロロスクエアは、もはや近未来の雰囲気さえある子育て支援施設だったのです!
すごい…。先週この欄で触れた「クーラーがほどよく効いていてしかも、長居しても怒られない」ようなコミュニティースペースが実際に存在していたなんて!しかもこの子育て支援っぷりは、半端じゃないですね。 就学児童が遊べる遊び場では、青森県産材の木製玩具を作る「わらはんど」製のおもちゃや積み木がたくさん置いてありました。夢中になって積み木で巨大なタワーを作る女児の熱気が半端なかったです。
 
「こども絵本の森」では絵本を読んだり、貸し出しが受けられる上に、読み聞かせもあるのです。
「プレイルーム」には、これまで「タダでこういう施設はなかったな〜」と思えるようなボールプールがあり、赤ちゃんをボールプールで遊ばせながら保護者の皆さんが和んでいるのが伝わってきました。
本格的なおままごとができたり、ブロックもたくさんそろっていたり…。
しかも、飲食できるスペースがあるのです!
 
給湯室では離乳食を温めるための電子レンジや、ミルクを作るためのポットが常備されています。もちろん、授乳室も広くてきれい。
そしてすごいのが、男子トイレの中にもおむつ替えの台があること。
「育メン」に優しい弘前がここに誕生しましたよ!
 
5台あるベビーラックは全て無料で貸し出しされ、同スペースの中に、リンゴジュースやアイスコーヒーを飲めるカフェがあるのです。そして若者にはうれしい、公衆無線LANサービスの無料提供! お手持ちの端末でタダでインターネットに接続できますよ!
同じフロアには託児室もあり、第1、3火曜日以外は1時間500円で最大3時間まで、1歳から未就学児までを見てもらえます。
託児室にいるのは全員、保育士さんで、予約なしでその場で申し込みができるのですって。
こういうの、師匠が小さい時にあったら助かっただろうなあ〜。
エコの語源はギリシア語のオイコス(家)から来ているそうです。
家のことを考えるなら、子育ては大事なトピックだと思うのです。
 
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※