啄木LOVE

北常磐駅でのエジプト占いイベント、無事終了いたしました!

 

占いをしていて何が嬉しいかっていうと、来た時にきっと、

色々思いつめることがあって青くなっていた人が、占ってるうちにどんどん元気になるのがわかる瞬間があって、

その時にすごく、私の方までギューッと充実した気持ちが満ちてきて、いいなあって思うんですね。

昔、本を出した後に北海道の人からメールをもらって。

 

「うつ病の最中だったのに、あなたの本を図書館で見つけて読んだら笑ってしまって、

『私、まだ笑えるんだ』と思って驚きました」と、

伝えてもらったことがあるんだけど、なんだかそれを、目の前で見たような。そんな嬉しさがあります

 

本は、もう出し方がわかったので、年に一度出来る限り出していきたいと思っているんです。

もう、本にする予定の原稿は3冊分くらいあるので、

着々と校正していけば形になると思います!

今、石川啄木を読んでいるんですが。彼の26年という短い生涯で

歌を詠んでお金になることがほとんどなく、泣いて蟹と戯れてばかりいた啄木の、

お金がなくて家に帰れば嫁と姑がじくじくとしている様子や、

怒った時は鉢を割って、999個割って死にたいと思うような苛烈さや、

どうしようもなさが、ひどく愛しく感じて。

私は、啄木の歌が好きになってしまったんです。

 

やはらかに 柳青める 北上の 岸辺目にみゆ 泣けとごとくに

 

この歌が、故郷の北上で学校の教師をするも、生徒をけしかけストライキなんぞ始め、

それが問題となって故郷に住んでいられなくなった啄木が、故郷に戻れないままに

「柳青める 北上の岸辺」を目に浮かばせて詠んだ歌だと知った時、

どうしてこの歌がこんなに胸に響くのか、わかったような気がします。

啄木に比べると、私はずいぶん優遇されて生きてるように感じるのですが、

啄木の悔しさも寂しさもすべて歌にした凄さに、強く励まされるんです。

 

啄木を見習って、苛烈に、校正していきたいなあ。

そして良い本を作りたい。

病気で死ぬわけにはいかないから、ちゃんとご飯食べて生きていこう。

そう思って占っている時、皆さんからたくさんパワーをもらって、

私も、生きる力にみなぎってくるのです。

 

一握の砂