押し寄せる世界と孤独

アートという言葉でくくるのはあんまりにも

ださい気がする最近だけど、

アート以外に例える言葉がないのでしょうがない

真のアーティストは、孤独であると思うのだ。

4~5年前に、

アラーキーの写真展で観た「ピンクのコート」は凄かった。

「ピンクのコート」は、

別になんの芸術性も感じられない普通の「ピンクのコート」

だったのだけども、

透明なカプセルに入ったその「ピンクのコート」は、

こわいくらいの思い入れとか、

そういった、感情が込められていて

そのコートを飾った理由なんて一つも聞かなかったけど

そのコートから、あまりにも切ない苦しい空気が押し寄せてきて

涙が出た。

昔のアラーキーの写真集を観ると

カメラを覗き込むレンズが

もうこの世にはいない奥さんの影を探している。

陽子がいない

陽子がいない

明日、どんな幸福が訪れようと、

陽子がいない

魂からにじんでくる膨大な悲しみ

世界にたった一人で

笑っていても、陽子がいなくて、ひとりぽっちで。

そういう時、

世界は身体に押し寄せてくる。

自分対世界が

1:1になったとき、

世界は自分の目の前に押し寄せてくる。

莫大な孤独に押し寄せてくる

身体の中に、こわいくらいに入り込んでくる

自分の余裕がなくなっていく

大きな世界が身体に入り込んでくるのだ。

「感じきれぬ」と拒んでも

有無を言わさず世界は自分に押し寄せる

その時押されるシャッターが

純粋な、1:1の世界を映し出すのだ。

世界対自分が同じ量で拡がっていく。

世界は私と1:1なのだ。

人に振られた後に見た、弘前の夜桜が一番美しかった

何度見ても、あの時見た夜桜よりも美しい桜は見たことがない

絶対的な孤独 そういうものを私はやっぱり

求めている

恐ろしいほどの孤独

世界をただ静かに見つめられたなら。

その時多分、

小説が書ける。