池田由美さんの写真で送る、エコハンター展2013

エコハンター展当日の朝。バッチャと私のツーショット!

会場はこちらです。

会場のドグ子フラッグ(1.2メートル×2.4メートル)も光を受けて輝いて見えます。ドグ子の朝の通学風景。

これが噂のジェファーソンおみくじ。 青いジェファーソンには鎮静作用があります。額に載せてみましょう。

トークショーは立って話すスタイルで。マイクも何もいりません。40分近く、ここ数年の私の人生総決算を笑って頂きました!

拍手を送ってくださる皆さんの手が暖かかったです。

雪さんの舞踏。

まるで白鳥のようでした。

手の動き、そのものになる。

 

 

 

エコハンター展でトークと舞踏のあった11月9日、

東京から池田由美ちゃんが来てくれました!

まさか本当に遠いところから来てもらえるなんて思わずに。

でもとっても嬉しくて。

そして、彼女の写真が随分と美しいことに気付きました。

紅葉の美しさを、実を言うと私はあまり見つめることができなかった。

 

新緑の美しさにばかり眼を取られて、

紅葉の時期には知らんぷりしていた私。

だけど、由美ちゃんの写真を見たら、

燃え上がるような色とその形に、素直に「美しいな」と

思えたのです。

 

 

じっと見つめるその人の目線が、自分の知らない美しさを気付かせてくれた。

私はアーティスト(芸術家)ではないので、

自分の作品も「面白」を売る商業的なものだとばっかり思っていた。

だけど、由美ちゃんの光が加わると、少し違って見えてきた……。

その時にその光が差し込んでいたことを、私はありがたく思います。

今、ある世界でも、由美ちゃんはそこに

差し込んで来る光を見つけ出すのだと思う。

人と会うのは不思議なこと。

そして、皆さんに会うために

私の展覧会は開かれたのだと思います。

来て下さった皆さん、

遠くからおうえんしてくださった皆さん。

本当にありがとうございました。

 

山田スイッチ

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 久作 より:

    スイッチさん、お疲れ様でした!秋は忙しいのですね。素敵な写真で行けなかったことが残念でたまりません…来年にはもっと、外に出られるからだを手に入れようと思います。天気に左右されない丈夫なやつをぜひとも!!!さて、我が家の屋根裏に今年二度目の巣作りが行われ、11月の頭から雛たちが活動を開始いました。寒くなるのにご苦労なことと思っていましたが、最近は越冬するのではと。考えています。どうやらまた、鳩のようです…二階建てのアパートが三階建てになった気がしています…

  2. yamadaswitch より:

    久作さん

    鳩ですか!
    3階建ての気分。いいですね(^-^)p
    体は無理をせずに、じっくりゆっくり付き合ってあげてください。
    体は外に出れなくても、想像力が表に連れてってくれますから。(^-^)p