魔法の百均 第18回「スリムアップシュガー」

魔法の百均 第18回「スリムアップシュガー」
 
ケーキは食べたいけど、太りたくはないし…。
 
こんな乙女心に揺れ動いている人は多いのではないでしょうか。
私もケーキが大好きだけど太りたくない乙女なので、スイーツはできるだけカロリー消費が大きい朝や昼に食べるとか、シフォンケーキなどの卵白で膨らんでいてカロリーの低いケーキ(1切れあたり140kcalほど)を選ぶようにしています。
 
本当はアップルパイが一番好きなんですけどね。
アップルパイは、何か偉いことをした時に自分へのご褒美として「よくやった!」と言って食べています。
ああ、カロリーを気にせず、毎日通学で自転車を2時間もこいでいた10代の頃が懐かしい…。
 
ダイエットのコツを細身の友人に聞いたら、「飲み物でカロリーを取らないこと」と語っていました。
 
生クリームやチョコレートソースたっぷりのドリンクは、1杯であっても大きめのアップルパイ1個(160gで330kcalほど) と同じカロリーか、それ以上あることが多く、この二つをケーキセットにしたら、おやつの時間に600kcal超を摂取してしまうこともあるんですって。
一方、アイスコーヒー1杯(200g)はミルクとシロップを入れても50~60kcalで、ブラックのままだと10kcalもない程度と すごく低いんですね。
 
ただいま百均では、カロリーが砂糖の約3分の1で、同じ甘さを得られるという人工甘味料のスティックタイプ が販売されているんです。
 
成分は、砂糖と甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、香料です。
 
アスパルテームはアミノ酸の化合物です。
L-フェニルアラニンは天然の必須アミノ酸の一つです。
アセスルファムKは酢酸から合成する人工甘味料で、砂糖の200倍の甘さがあります。
厚生労働省が使用を認めている「指定添加物」です。
 
「甘くてカロリーが低くても、人工甘味料はちょっと…」という方には、スーパーなどで販売されている自然派甘味料がお薦めです。
 
「羅漢果」というウリ科の植物から抽出した 高純度エキスと、トウモロコシなどの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」で作られたものは、カロリーゼロで安心ですよ。
お値段は砂糖の15倍と、びっくりするほどお高いのですが。
 
エリスリトールや虫歯予防になるキシリトールは、糖アルコールと呼ばれ、取り過ぎるとおなかがゆるくなることがありますが、それは消化しにくい糖だからなんですね。
 
ダイエットをがんばっているのに痩せないという方は、試しに新しい甘味料にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※