Archive for 8月 20th, 2014

エコハンター第136回「それ油で揚げてありますか?」

エコハンター第136回「それ油で揚げてありますか?」
 
お菓子を買う際にエコハンターが一番気をつけているのは、「油で揚げているか、揚げていないか」です。
油で揚げたお菓子は本当に美味しいのですが、消費者である私たちはその油の種類を選ぶことができません。
できることなら、まず油の種類をうんぬん言うよりも、新鮮で酸化していない油を使って欲しい…。
しかし、大量生産で作られる1袋100円程度のお菓子にそれを求めるのは、無理というものです。
 
「だったら揚げなきゃいいんじゃないの?」ここに来て、健康志向の消費者をターゲットにした、「揚げていないお菓子」が急に増えたと私は感じるのです。
それが、ノンフライ製法のお菓子なのです!
 
ノンフライ製法で作ると、同じポテトチップスでもカロリーは半分くらいに減ります。
そして各社でノンフライ商品の開発を繰り返しているので、商品開発が順調に進んだのか、美味しい製品が登場し始めました!最近、東京近郊にオープンし始めた自然派志向のコンビニエンス・ストア、「ナチュラルローソン」のノンフライポテトは、「これでノンフライなの?」と驚く味です。
 
驚いて裏面を見ると、湖池屋が作っていることがわかりました。
ポテトチップスの老舗が作っているのですから、美味しいはずですよね。
カロリーはたったの126キロカロリーで、油分は73%カットです。
 
折しも、夏に向けてダイエットしたいこの季節。
エコハンターは徹底的に揚げていないお菓子を探し続けました。
昆布系のおやつやフィリピン産のドライマンゴー、スルメ等の乾物に、フルーツ、揚げていない生アーモンドと。
おやつの可能性は無限大です。
 
最近、エコハンターの家では調理時間5分の、人気の手作りおやつがあります。
それはちりめんじゃこをフライパンで3〜5分乾煎りして、ある程度カリカリにしただけのものなのですが、カルシウムも摂れて子どもに人気のおやつなのです。
 
おやつは油にこだわる時代が来てると思うのです。
バターたっぷりのお菓子も美味しいけれど、カロリーが高いことを意識して摂るのが大事かなと。
油の入った美味しいお菓子は、がんばった時に食べるご褒美なのです。
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

 

最近の実写版・青森暮らし

今年は日除けによしずを使ってみました。
外からの日光を遮断すると、家の中はとても涼しいです。
グリーンカーテンで覆い切れない部分を覆ってくれます。
 
もう一つの朝顔は、わが家の堆肥塚に自然に発芽したもの。堆肥は草が生えたら、良質の堆肥として使えます。一年かけて堆肥を作って、翌年畑に漉き込まみます。
 
竪穴式住居は今年で6年目を迎えました。この周りには、四つ葉のクローバーがよく生えます。
 
竪穴式住居の中から外を見ると、世界が光に包まれて見えるのです。