Archive for 9月 5th, 2017

世界の色を変えるのは自分なんだドグか?

世界の色を変えるのは自分なんだドグか?
真夜中の思いつきメモドグ~。

スピリチュアルな世界観では、
意識を変えれば世界が変わるということを
よく言われるんだドグけども
その意識で見ている世界をピンクとか、灰色と呼ぶとすると、自分がピンクだと思えば世界はピンクに変わるのだろうか?

ということを夜中に、なんか思ったんだドグね。

仏教の世界観だと、自分を他人のように観ることや、完全に諸行無常を受け入れることで

「何色でも気にならない。むしろ気にしてたのはいらん期待によるものだったから、ただありのままを受け入れてそれが普通だと思って、ひとに優しくしよう。だって、思いやりのある人が好きだから。」

ってなって、その先に

「あ、自分と他人の境目なんてなかったんや! あなたは私であり、私はあなたなんだから、世界と私も一緒だったんや~!」

的な滅私の世界(ワンネス)にたどり着いて「なんか、気持ちいい~!」ってなるんだと思うんだドグ。色で言うと真っ白な世界に溶け込むような。

でもそうなると自分だけの特別な感情とかは、なくなっていくんだドグね。

ピンクだと思えばピンクになるっていうのは、脳の切り替えが働くのかな? と思うドグ。

だって、現実が変わる前に見える世界を変えるんだから。
ドラッグ一つで灰色がピンク色に変わるなら、脳内物質の濃度を変化させることで簡単に見える世界は変わるはずドグ。

ここで、面白いなと思うことが一つあって。
ショックなことが起こればショックを受けると、誰もが信じてるじゃないドグか。
ピンク色の世界が急に灰色に変わる、みたいな。
でも、ショックなことが起こった時に笑う人がいるんだドグ!

それが、わが家のケンさんなんだドグけども。

ショックなことを、「面白い!」と思える感性を持っていれば。あるいは、大変なことが起こった時に、「まあ、あるよね!」と
ショックに溺れるのではなく、普通だと受け止めることができたなら、世界の色は何色にも変えられるのではないか? 

と思ったんだドグ。(*´∇`)

昨日のニュースで

プロポーズをした男性が女性にオーケーをもらい、
嬉しくて調子に乗って、海に落ちて死んだって事件があったじゃないドグか。

これ聞いた時に、なんか笑ってしまったんだドグ。

ひどい土偶だと思われても仕方がないんだドグけど、女性側から見たら、プロポーズされたー! アレ!? 海に落ちた~!
 死んだ~!! 
って、恋人が死んだ~!?
って、わけがわからないじゃないドグか。

プロポーズの時点でその人、薔薇色だったはずなんだドグ。そこからの世界が何色になればいいの?って思うけど、
とりあえず「こいつ、バカだなあ……」って思う余裕はほしいよね。

ショックなことが起こった時に、ショックを受けるのは普通のこと。
そのときに、「こいつ、バカだなあ」と感じることができたなら、

世の中の色は多少、バカを表す黄色に染まるんじゃないかと

思ったんだドグ~!(*´∇`)