検索結果 "ライブ"

Kindle Unlimitedいいよ

おはようドグ~!
Kindle Unlimitedが、今なら初月無料で月額980円でKindle Unlimitedの無料になってる本
10冊読み放題なんだドグ。
(ライブラリに置ける本が10冊。本を入れ替えればもっと読める)

 

これに入ろうと決めたのは、絶版になった
西原理恵子さんの『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』
がKindle Unlimitedで読めたから!

ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲

後からアマゾンマーケットプレイスで
高値で出るだろうなあって思ってたんだドグけど、
もう1冊2500円とかなのね。
それなのに、何故かキンドルで500円で読めることになってたんだドグ!

 

これならここで読んだ方がいいドグ~!
ってんで、
読んでみたら、高須クリニックの克っちゃんのエッセイに
西原さんの一コマ漫画の編成で、
最後に西原さんのマンガが9ページぐらいついてるんだドグけど

やっぱりすごくいいんだドグね。

 

絶版になった箇所って、
「ああ、これは克っちゃんなら変えられないところだな」
ぐらいに思う感じで、おばあちゃんが「エタの子は可愛い」って
そう言ったなら、
それは変えられないよなあって感じだったドグ。

 

そんで、普通にエッセイうまいのね。
高須側から見た西原さんも、なかなかに
面白い。
西原さんの失敗談で、本人が書きたくないようなものばかり
書いてるんだドグ!

 

それで、ポルポル様の本もKindle Unlimitedでいっぱい
タダで買えたのでまとめ買いして、

ママチャリに乗って日本一周!大魔王ポルポルの365日の軌跡と征服Part1死ぬまでに見ろ!日本の絶境、秘境、魔鏡Part3 ママチャリに乗って日本一周!大魔王ポルポルの365日の軌跡と征服
あと困ったのが無料で流れてくる本がね、
どれも面白いんだドグ……。

 

 

『最強伝説 新・黒沢』福本伸行とか。

 

2巻までただとか、ひどいドグ。
全部タダにしてくれドグ。

おかげでコミックで全巻買ってしまったドグ……。(*´Д`)

 

面白い本がどんどん紹介されて、
続きは有料で! って仕組みにまんまとハメられてるんだドグけど、
もうね、そんなに面白い本紹介してくれるんなら
ドグ子、騙されてもいいって思ったドグよ。

 

 

いしや~きいも~♪ おいも♪

facebookを使いこなせる人というのは、

学生時代に男女2:2、または4:4とかで

海にドライブ行って、その時カーステレオから

ドリカムが流れているような人じゃないと

うまくは使いこなせないって聞いたんだドグ……!!




お、恐ろしいドグ……。

ドグ子がfacebookに感じる危機感は

こういうものだったんだドグね……。



海でドリカムとか無理ドグ……。



男女で行くなんてありえないドグ!!





海って失恋したら悲しみをごまかすために

女友達と行く場所だったはずドグ……。


あとは、仕事がうまくいかない時に女友達と……。

なんか、青春が酸っぱすぎるドグ!!



そんなこんなで。

昨日、久しぶりのエンタの神様観てたら

「いしや~きいも~♪ おいも♪」

のネタやってる人たちが面白かったんだドグ!



ドグ子、どぶろっくは確実にツボに入るから、

けっこう姿勢を正してどぶろっく観てるドグ。

いしやきいもネタの人は、ヘンダーソンっていうんだドグ~!



お笑いのファンって、

人生の面白さは全てお笑いに託した感があって



逆に潔い人が多いドグ……。

 

アノニマス・エイド東京慰霊祭2016

東京在住のkoyomiファンに朗報!!

koyomiさんが2016年3月11日(金)に開かれる、アノニマス・エイド東京慰霊祭2016に参加されます!
そしてなんと! 新曲「こうふくのしま」を生で歌ってくれますよーーーー!!!!

 

この日は、私も新宿の経王寺に土偶のゆるキャラとして参加ドグ~! 

 

ドグ子は15時半には会場に着いているので、昼しか来れない人も声かけてね! 

 

田口ランディさんのトークやkoyomiさんの歌とギター、ウォン・ウィンツアンさんや上畑正和さんの即興演奏もあります!

タイムテーブルはこちら! 入場は無料です☆☆☆

 

■19時から20時
「こうふくのしま」を作曲してくれた、弘前のkoyomiさんと、田口ランディのライブ&トークがあります!ユルキャラ「ドグ子さん」の飛び入り参加もありそう!

 

■20時〜21時30分
毎年恒例、大好評の追悼演奏ライブ
あの「瞑想のピアニスト」ウォン・ウィンツアンさんと、上畑正和さんの即興演奏があります。

入場は無料です。

(夜の部は会場の定員に限りがあるため、お立ち見になる場合もありますのでご了承ください。お身体の具合の悪い方はスタッフにお申し出くださいね)

 

終了時間はだいたい21時30分頃を予定していますが、この日のピアノは即興演奏なので時間が押す可能性があります。

詳しくは、田口ランディさんのブログでご確認を!

http://runday.exblog.jp/25261011/

 

 

写真で見る 弘前城 桜まつり2014

こんにちは! 土偶のOL、ドグ子です! 弘前城さくら祭りに行ってきたよ~!

お堀に映る桜がすっごいきれいだったの!!

                                                                 photoed by Yumi Ikeda

29日の午後3時には、弘前城の下乗橋前で「さくら色のメッセージ2014」っていう

イベントがあったんだよ!

みんなでさくら色の服を来て集合写真を撮りましょうっていうイベントで、

会場がピンクに染まるほどさくら色の人達が集まってきてたよ~!

写真はみんなでAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を踊っているところDAYO!

お堀がピンク色に染まって、まるで夢のよう……!

なんと、今年は夜桜にも行ってきたの! 撮影は、東京から来てくれた池田由美ちゃんです☆

「そうだ、京都へ行こう」 の弘前バージョン。

「そうだ、弘前行こう」でJR東日本さん、この写真使いませんか? ドグ子待ってるからね~☆

弘前桜まつりは出店の数もすごいんDAYO~!

池田由美ちゃんと一緒に。

撮影は弘前市出身の中村大樹さんです!

有名な津軽百年食堂の「三忠食堂」看板前にて。

ここのお蕎麦、本当に美味しいんだよ~! 

東京の人は食べたことのない不思議なお蕎麦TSUGARU SOBA なんDAYONE!

                      photoed by  Hiroki Nakamura

弘前さくら祭りには毎年、オートバイサーカスが来るの!!

お化け屋敷とセットで楽しんでね☆ 去年くらいまではヘビを飲む人も来ていたんだけど

ご高齢になって引退されたという噂です。

やっぱりヘビを飲むにも体力が必要なんDESUNE!!

天守閣とドグ子です!!    photoed by Hiroki Nakamura

このアングルから天守閣を眺めるのはあと、10年以上先のことになるんですって!

お城の石垣の改修工事が始まったら、天守閣を曳家工法で移動させてしまうので

あと10年は天守閣を堪能できなくなっちゃうの。

だけど、桜まつりの主役はやっぱり桜だから

来年も弘前の不思議な桜たちを観に来てね!

弘前城桜まつりに行くと、透明な桜の空気に包まれちゃうの。

GW後半は散ってしまうかもしれないけど

そうなったら岩木山ドライブで山桜を観に行くのも乙DAYONE!

来年もまた弘前のお花見に行きたい。そう強く思った一日でした!

 

☆写真は全て29日撮影のものなので、これから出かける人はさくら情報をきちんと

キャッチしてから出かけてね☆

 

 

[うちのバッチャ] 27. おばあちゃんだば、冬でいい

 
27. おばあちゃんだば、冬でいい
 
 雪が降るまで忘れていたのですが、冬のバッチャは夏のバッチャよりも活動的になるのです。
 冬になれば、いかに豪快なバッチャといえども多少は大人しくなるのではないかとお思いの皆さん、それは間違いというものです。
 雪が降ってからの方がバッチャの本領は発揮されるらしく、冬のバッチャは朝5時に起きて、除雪作業を行います。
「もう、いいかげんに雪かきは若い者に譲って下さいよ!」
 そう何度も頼んでいるのですが。我が家の除雪作業はバッチャ抜きにはできないのです。
何故なら、バッチャ以外は誰も、除雪機の運転ができないからです。
 そう。豪快さんのバッチャはスコップなんかでちまちま雪かきなんかしないのですよ。やるときは除雪機で豪快に雪を飛ばします。 
 しかし、バッチャももう84歳。いつまでもお年寄りに除雪を任せておくのもどうかと思い、
「おばあちゃん、除雪機の運転はケンさん(孫)に引き継がせて、もう引退して下さい!」
 そうお願いしたところ、
「ケンにはこれ(除雪機)の運転はできねえ!」
 と言うので仕方なく我が家の除雪作業は女である私が受け継ごう、と。その技を受け継ぐべく、雪の降る中、バッチャの横で作業を見守っていたところ、除雪機の運転があまりにも複雑で、できる気がしなくなってしまったのでした。
 まず、除雪機には「ギヤ」がついています。ドライブだとかニュートラルだとか。そういったギヤの操作に加えてですね、雪を飛ばす方向も操作しなきゃいけないのです。
 運転しながら前に進んだり、後に下がったりしながら、なおかつ雪を飛ばす方向を左右に変えたりしなければならないわけで。操作中は雪をかく歯が常にドルドル回っているわけでして……。その日、除雪の動作を最初から最後まで見守っていた私は、結局、最後まで扱い方がわかりませんでした。
 「若い頃は田んぼでトラクターも運転したもんだばって、もうマネく(ダメに)なってまったもんだ」
 バッチャは言います。今でさえこの元気さで、更に元気だった若い頃というのは、一体どれだけのパワーを持っていたのでしょう。バッチャは今年で84歳になったのですが、人は一体いつまでを「若い」といって、いつからを「年だ」というのか気になり聞いてみると、自分より年下は全員、「若い」と思っていることが、バッチャ達の会話からわかったのでした。
「この人、65(歳)だんだと!」
「わぁけえ(若い)の~」
 65歳はまだまだ、若い。そうなってくると、30代の私なんかまだ、産まれていないも同然ですね。今年もバッチャの、84回目の冬がやってきます。
「おばあちゃんは夏と冬、どっちが好きですか?」
バッチャが答えます。
「夏っきゃ暑くてマネ(ダメだ)! おばあちゃんだば、冬でいい。冬だば、黙って火っこさ、あたってればいいんだものなあ!」
 そんなことをいいながら、働き者のバッチャは放っておくと、屋根に登って雪下ろしを始めてしまいます。(80代でも屋根の上から手を振る余裕あり。)
 何故にバッチャはこうも身軽なのか……未だに謎なのですが、心はいつでも十代なのです。
 
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!