検索結果 "先生"

お酒は飲むべき? 飲まぬべき?

ベニオ先生が初めて会った2年くらい前から
どんどん成長されており、
この間のプリテスダイエット講座で会った時なんかは
最初に会った時とは別人のようだったドグ。
 
「今回のダイエット講座の裏テーマは、「継続」です。」
 
ということを、さらりと言ってのけるベニオ先生。
継続に至るまで、四苦八苦して来た人じゃないと
言えない言葉ドグ。
ダイエットに関してはヨコハマのナオキ先生の喋りが見事で、
あらゆる失敗を経験したから見通せるステージに
いらっしゃるのだと感じましたドグ。
 
ドグ子、ダイエットについてはそんなに質問とかなかったんだ
ドグけど、ベニオ先生が「なんでも聞いていい」というので、
自分の中の難問を問うてみたんだドグ。
 
「ドグ子は、法則型の土偶なので、
レコーディングする時は食べたもの、飲んだもの、尿の回数まで
記録して、しかもアルコール一か月飲まないとか、
カフェイン一か月摂らないとかも自分を実験するのが好きで
できちゃうんだドグけど、
 
飲んでも飲まなくてもいい時、お酒飲んじゃうんだドグ。
 
それで、飲むと大概、大変なことが起こるんだドグ。
 
ドグ子は……お酒を飲んだ方がいいのか、飲まない方がいいのか、
どっちドグ!?」
 
そんなのお前が決めろと、私だったら答えちゃいそうな質問ドグけど
ベニオ先生は冷静ドグ。
 
「ドグ子さんはどっちがいいと思うんですか?」
 
「ドグ? ドグ~~~。やっぱり、
人にご迷惑をおかけしたくないから、飲まない方がいいドグ!」
 
すると、「ふむ~」と考えながらこっちを見ている
ベニオ先生。
 
「う~ん。。実は、ドグ子の中に『絶対に迷惑をかけたくない土偶』と、
『人にいっぱい迷惑をかけたい土偶』が同時に存在してるドグ。(*´Д`)」
 
「そうですね。ドグ子さんに迷惑をかけられたい人も、
いっぱいいると思いますよ。迷惑を、
かけていい人とかけてはいけない人に分けて、
かけていい人の前でだけ、飲んだらどうですか?」
 
「ドグ~~~~!?(なんなんですドグか、その素敵な回答は!!)」
 
というわけで……何年も悩んでた、
お酒飲む・飲まない問題が
いとも簡単に解決したんだドグ~。(*´Д`)
ベニオ先生、すげえ……。
 
その日のプリテスダイエット講座の打ち上げは、
美味しい野菜たっぷりのバイキング♡
酔う前に宣言させてもらったドグ。
 
「ドグ子がもしも酔って正体を失ったら、アパホテル
神保町東店と告げて、タクシーにぶっこんでくださいドグ。
そして、私が酔って最も迷惑をかける席がこちら!!
席が真横のまきさん!! まきさん大丈夫ドグ?」
 
するとまきさん
 
「大丈夫、大丈夫」
 
「……胸、揉まれるかもしれませんよ?」
 
「大丈夫! 女子高だったから!」
 
すごい心強い……! そんな心強い言葉を聞いて、
本当に酔っぱらってバイキング席の横のまきさんに
膝枕で寝てしまうドグ子……。
ふお~!? 寝心地、半端ねえドグ~!?
 
そんなに飲んだつもりはなかったんだドグけど、
気付けば水中を歩いているような感覚で
すっかり酔っぱらったドグ子が、目を覚ますと
今日一日、ピンクの杖をついて歩いていたまきさんが、
 
一生懸命手を振って、ドグ子のためにタクシーを止めて
くれていましたドグ……。
 
あまりの人のあったかさに、ちょっと泣いたドグ……。
 
ベニオ先生、お酒はやっぱり美味しいドグ。(*´Д`)
一番の難問を、丁寧に解いてくれた先生に
 
心から感謝したいドグ~。(^▽^)

 

 

感情に溺れない方法。

「前の彼が忘れられなくて苦しい」という


のを、月にいっぺん報告してくる統合失調症の友達がいるんだドグ。


彼女は、統合失調症になる前からの友達で、


病気になった原因は前彼の暴力。





友達の立ち合いの元で


彼氏と別れるための交渉をし、


無事に別れて実家に帰ったんだドグけど


まだ元カレのことが好きで苦しいんだドグって。





これは、戦争体験者が戦争中に起こったことが一番リアルに感じられるため、


実生活に戻った時に現実感を持てず、


戦争体験を語る時にだけ現実感を持てるというのに


似てるドグ。





そんで、彼女は元カレと別れて


もう4年が経っているんだドグけど


まだ苦しくて好きなんだドグって。





これに関してランディさんは、「感情は嘘をつくからね」


言ってる。





「本当に好きなら、元カレが家に来た時に会ってるはずだもの。


本当は嫌なのよ。でも、感情って長く続けたことを正しいと


嘘をつくから」





「そ、そうなんだドグか~!」





それで、昨日も一か月ぶりの「元カレ苦しい電話」


来たのでなんか、例えて言ってみたんだドグ。





「感情に溺れるっていうのは、右脳が優位になってるんだドグよ。


理性を司るのは左脳だから。情動脳の右脳が優位になってる時って


すごく怒ったり、泣いたり、死のうと思ったりするんだドグけど、


なんで溺れてるかわかるドグ?」





「いえ……」





「プールで溺れてるのがあなただって、イメージしてみるドグ。


冷静に考えれば、溺れずにプールのへりにつかまって


上がることができるドグ。


でも溺れちゃうのは、水(元カレとの思い出)があるせいだと思ってるドグよね?」





「うん。うんうん。」





「実は、溺れるのって気持ちいいことなんだドグ。


溺れて溺れて溺れ切れば、もう浮くしかないって考え方もあるドグ。


失恋して中島みゆきを飽きるまで歌う方式とか。


でも、溺れてるのが嫌なら、ヨガ
しか他ないドグよ!」




「よ……ヨガ?」





「ようは、感情に溺れてる時に働いていない左脳を動かすことなんだドグ。ヨガとか、瞑想を始めると深い呼吸を覚えるから、副交感神経優位になって、落ち着くんだドグ。落ち着いて
右脳優位の状態が緩和されれば、トラウマがだんだん消えていくんだドグ。

「だから、本気で溺れるのはもう嫌だ! って思ったら、


自分を岸に上げる努力をしなきゃダメドグ。




ドグ子は、瞑想とヨガがトラウマに効くって聞いてから


ヨガを始めたら、なんか忙しくて悩んでる暇がないドグよ。(笑)」






「そういえば、うちの妹がヨガを始めたって言ってました」





「ええっ! うちの妹もヨガの先生やってるドグよ!」





「ちょっと、妹に聞いてみます」





なんか、ちょっと新しい感じがしてきたのは


立春のせいだと思うドグ。(o^―^o)








ドグドグ。

 

TPP調べ始めたらきりがない。

●TPP調べ始めたらきりがない。

ふお~! きりがねえドグ!
でも亡国論辺りは押さえておかないと取材まで
あと4日ドグ~!
こういう時、kindleって便利。
本が届くの待つ必要がないドグ♡

●ヨガ始めた。

ドグ子は長らく、合氣道を習うか太極拳を習うかで
ずっと決めかねていたんだドグよ。
そうしたら妹がヨガの先生になったドグよ。
そんで知らぬ間にうちの街は、ヨガで推してることに気付いたんだドグ。
今月から月10回のコースでヨガ受けることに。

合氣道と太極拳で迷ってた間、なんの運動もできなかったドグ~。

●チアガールの衣装が手に入った。

コレが着れるようになるように、痩せざるを得ないドグ……。
厳しい……。

●外が猛吹雪。

除雪と降雪の間に……って小説でも書くドグ。
関係ないけどトラウマの本680ページ読破したドグ。

●漫画描けた。

1日に1枚描くのが目標ドグ。
しばらくは、「それゆけ! ランディちゃん」の
続きを描くドグ~!

 

 

核って。 山田スイッチ

高レベル放射性廃棄物の地層処分が必要なことって、
知ってる人どれくらいいるんだろう?

 

今、国は高レベル放射性廃棄物の最終処分場が決まらなくて、焦ってる。
言い方は悪いけど、焦ってるんだと思う。
最終処分場っていうのは、地下300mより深くの場所に造るので、
その建設には開始から埋め戻すまでに100年かかる途方もない施設。
更に埋めたら、一万年以上保存して半減期を待つ。

放射性廃棄物は、原発から必ず出るから
必ず日本のどこかに(青森県以外に)埋めなきゃいけないんだよね。

なんで青森県以外なのかというと、
「青森県を最終処分場にしない」っていう
国との約束があるから

その約束を信じて青森県は六ケ所村に
高レベル放射性廃棄物を受け入れる約束をしたんだよね。

約束破ろうっていうなら、
即返品だよね。

おととい、経産省のチェンジさん(あだ名)達と六ケ所村の
村民の方々、作家さんや無農薬リンゴを栽培する農学博士の方、

原発反対の会の方、福島県川内村在住の雑誌編集者さん、

写真雑誌の編集者さん、飲食店経営の方、NUMO(原子力発電環境整備機構)の方など

様々な人たちとお話をして、

今、現状として
最終処分地に対してみんなが
どんな考えを持っているかを聞いて来ました☆

 

とにかく、100年かかる事業だから
チョッパヤ(超早く)で最終処分地を決めたいのに、
2007年に高知県の東陽町の町長が候補地の文献調査に名乗り出ると
高知県知事やとなりの徳島県知事に猛反発くらって
白紙になっちゃった。

 

だって、誰もふるさとにそんなもの、作ってもらいたくないもの。
仕方がない。
それでも、地表近くに放射性廃棄物があるのは、
危険なこと。

 

もしもテロ攻撃を受けたら、日本はそれだけでアウト。
宇宙にも捨てられず(打ち上げが失敗したら世界がオワタになる)
海洋投棄なんてもってのほか。
原発反対の小出裕章先生も、地中に埋めるより他がないと語っている。

 

日本……というより世界は、
原発を試してみたんだよね。

安く膨大なエネルギーを手に入れたかったから。
それで、試してみて日本には1966年に東海村の原子力発電所が建って、
その後はあれよあれよと54基もできた。
原発の使用期限は50年って聞きます。
それより長く使えたとしても、永遠には使えない。

そうすると、東海村のはもう98年で使用停止しているけど
最初に建てた原発は、2017年現在そろそろ終わりを迎える頃なんだよね。

思ってたよりゴミも出るし、
その処分も大掛かり。
次のエネルギーにシフトするにも、
出したゴミの後始末をしないで行くにはあまりにも無責任。

 

国は、きちんと後始末をするために
最終処分場の候補地を探している。
六ケ所村の人たちも、必ず約束を守って、
50年しか預からないというのを強くおっしゃっていた。

 

「原発今すぐ停止」も、「原発できるだけ使いたい」も、
私にとってはどっちでもいいことなんだ。
だっていずれ使用期限が切れる。

原発みたいなコスパが悪いことをずっと続けるとは思えない。

 

大事なのは、後片付け。
各原発は、最後は廃炉にしなければならない。
途方もない話だけど、一基一基片づけていかなければ
未来の人たちに申し訳が立たない。

 

なんか面倒なもの見切り発車で作ってくれちゃったなあ
思うけど、
選挙で選ばれた政党が進めてきたことで、
それは国民が選挙で投票してそうしたことなんだから
何の文句も言えない。

最終処分場は、活断層のないところに
作るんだろうけども、
日本に故郷のない場所って、あるのだろうか。

どこかしら、誰かの故郷になっていて、
必ず反対運動に会う。

 

そこでよく出るアイディアが、「東京に造っちゃえば?」
なんだけど
東京だって、誰かのふるさとだ。

この問題を考える時、ほとほと、「人類って……、」
という情けなーい、気分に陥る。
だって、埋めるしかないゴミを作っちゃうのは
頭が悪いもの。

 

「埋めなくても放射能0にできました!!」っていう明るい話が
欲しいんですわ。そのためにも、原子力の研究者には
がんばってほしい。

 

なんでフィンランドはオンカロを作る場所を
決められたのかな。

フィンランドがどのようにしてオルキルオトにオンカロを作ることにしたのか、
民意だったのか、政府主導でやったのか。
それを調べた方がいいと思う。

 

うまーく管理するしかないけど、
うまーく管理できなかったら、

恐竜が地球に隕石が落ちて滅んでしまったように
人類も滅んでしまう。

 

恐竜のいた9千万年前、人類はまだネズミみたいな小さな哺乳類だったと
城田安幸先生が言った。

そのネズミが核を作るまでになった。
科学の力でなかなか死なないようにもなった。

(縄文時代(1万4000年前~2300年前頃)の平均寿命は30歳前後だった。)
だけど、人類はただ、生きるのみだと思う。

 

私は核は推進でも反対でもなく、
お片付け大事派だ。
あればあったなりに、なければないなりに生きなきゃいけないけど、
お片付けだけはきちんとしたい。

 

そのためには、核の現状っていうものを
知ってる限り人に話して、
「どうしたものか」とない知恵絞っていきたいと思っている。

 

 

2016年 面白かった漫画個人的ベスト5

1位 『ダーリンは70歳』西原理恵子



西原さんの新境地は、ひたすら面白いギャグマンガ!!

高須院長という強大なネタを引っ提げて、

暴れまくる西原さんの「やらせろー!!」が

本当にもう、勢いあっていいんだドグ~!

本当に、笑えるドグ。



今回、順位で本当に悩んだんだドグけど、

死ぬまでにあと何回読むかの回数で決めることにしましたドグ。

1位、2位は、本当は入れ替えてもいいんだドグけど

この漫画はずっと読んで、笑っていると思うドグ~!





2位 ペコロスの母の贈り物 岡野雄一



『ペコロスの母に会いに』の岡野雄一さんが

描いたペコロスの続編。

長崎の方言が描く、映画のようなお話。



映画のようなコマ割り。抒情。ボケても幸せに

現世と空想の世界を行ったり来たりする世界観は、

もはや漫画ですらない気がするドグ。

コレ、絶対お勧めドグ~!!





3位 『進撃の巨人』20巻 諫山創 

続きが気になる漫画。

異形のもの、その出生、どこから来て何を企んでいるのか

真実は何なのか。

20巻も21巻もすごいYO!

ずっと面白くハラハラしてる漫画は珍しいドグ。





4位 『ぼのぼの』41巻 いがらしみきお

中学校からずっと読み続けてきたぼのぼのに、

とうとうお母さんが出て来たんだドグ。

ぼのぼの出生の謎、なぜいつもお父さんと一緒なのか。

そして、悲しみとは一体何なのか。



「悲しみは病気だ。」

これは、福島県に今も在住するいがらし先生の一つの悟りだと

思うんだドグ。いがらし先生はぼのぼのの他にもめちゃくちゃ

ディープでヤバい『I』全三巻とか『かむろば村へ』上下とか書いていて、

本当に人生の実相を探っている方だと思いますドグ。

41巻を読んでいて驚くのは、生きることでしか悲しみは消せないということを、

読者も夢中になって読んでいるうちに最初の悲しみを

忘れてしまうというところなんだドグ。

こんなに、すごい話だっけか……? そんな『ぼのぼの』をぜひ。







5位『トネガワ』4巻 萩原天晴 (著), 福本伸行 (著), 橋本智広 (著), 三好智樹 (著)

悪魔的面白さ……。

この表紙見たらわかるドグよね!?

なんて楽しそう……。

2巻のセリフで、「トネガワ、お前ヨガについてどう思う?」

っていう兵藤会長のセリフがあるんだドグけど、

本当になんか、兵藤会長がだんだん可愛くなるドグよ。

そして四巻も感想は「かわいい」なんだドグ。

『カイジ』を読んだ誰もが、「かわいい」という感情を持つ日が訪れるとは、

思わなかったはずドグ~☆



振り返って。



2016年も、漫画は面白かった……。

H×Hにハマって全巻読んだドグけど、

2016年発売は33巻のみっていうことで

今回はこんな感じドグ☆

ふおお~!