検索結果 "師匠"

[うちのバッチャ] 11. カブ男、師匠誕生

 
011. カブ男、師匠誕生
 
大根が軒先に干される季節になりました。
朝、車で外出した際には何事もなかった車庫の軒下に、いつの間にか大根が干されているということが田舎ではよく起こるのです。
気づかずに車庫入れをしたら、車の屋根に大根がごんごんとぶつかるというのを初めて体験致しました。
「何故、大根が!?」
もちろん、それはバッチャの仕業です。大根は至る所に干されていて、後に漬け物へと変わるのです。 バッチャというのは、年中野菜を干したり漬けたりしているものなんですね。春にはホッケが洗濯物の横に干されていましたが、秋は大根と柿が軒下につるされます。野菜は、干せば日持ちも良くなりますし、味わいも深まりますね。
昔は冷蔵庫やスーパーなんてものがなかったから、こうやって冬の間に食べる野菜を確保していたのでしょう。バッチャの漬ける漬け物の量というのは、半端ではありません。
とにかく、大量の野菜を相手にでかい漬物用の樽に何本も漬けるのがバッチャ流です。
そして漬けあがったバッチャの漬け物は、半端なく美味しいのです。
美味しいなら多いに越したことはないのですが、食べきれないほどあるので、うっかり多めに漬け物樽から出してしまうと、暖かい場所で乳酸菌が一気に増え、酸っぱくなってしまいます。
 
漬け物を最後まで美味しく食べるには、石が必要だと青森県弘前市で「森のイスキア」を主宰されている、佐藤初女さんは言います。
森のイスキアは、弘前のおばあちゃん達がおいしいご飯を作って迎えてくれる、教会のような場所です。70歳以上のスタッフの方達が、佐藤初女さんとひとつひとつ心を込めてお料理をされているので、食べた時にどうしてもその心が伝わってきて、「ああ、自分は大切にされているんだ」と、言葉にはできないほどの慈愛を感じてしまい、大切に生きようという思いが生まれてくるのだと思います。
一度、森のイスキアを訪ねる機会があり、じゃがいもを煮たものを頂いたら、黄金色のじゃがいもがあんまり美味しくて、泣けてきたことがありました。
佐藤初女さんは、今年で92歳。心を込めてむすんだおむすびでたくさんの人の心をほぐしてきた、穏やかで美しい印象のおばあちゃんです。
漬け物を漬ける時は、大きな樽には大きな石、小さなタッパーには小さな石を使うといいのだそうです。しかし、流石に近年に入ってから、わが家の冷蔵庫で石が上に載っているタッパーというものは見なくなりました。
 
いけない。このままでは、漬け物が酸っぱくなってしまう……。
そう思った時に救世主が現れました。バッチャにとってはひ孫にあたる我が子……あだ名は「師匠」です。
離乳食を終えた息子は、いつの間にか漬け物をバリバリと食べるような子どもになっていました。離乳食から漬け物って、その飛躍の仕方は一体何なのでしょうか。師匠の漬け物好きは、半端ではありません。バッチャの漬けた漬け物が枯渇するのではないか? というくらい、勢いよく食べます
1歳半ばになった頃から突然、自発的にカブ漬けを食べ出した息子は、カブ漬けが食卓に上がるともう、カブから手を離しません。
「カブちょうだい! カブちょうだい!」
「師匠、カブ漬けばっかり食べてないで、ご飯もちゃんと食べなさい!」
「カブ! カブ! カブ!」
おまえはカブの、何なんだ……。
この息子、焼きそばを食べれば紅ショウガ。カレーを食べれば福神漬にラッキョウと。メインディッシュを無視して横に添えてある漬け物ばかりを食べてしまいます。
最終的にはバッチャに、「カブ男」というあだ名まで付けられてしまいました。だけどすごい勢いで消費されていくカブ漬けを見て、バッチャは嬉しそうなのです。
 
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

 

 

 

今日は師匠の参観日

授業参観が、2ヶ月にいっぺんくらいあるような

気がするのですが、それは気のせいなのでしょうか……。

 

いや、保育園の参観日も合わせれば、

確実に2ヶ月にいっぺんはありそう……。

 

せめて2週にいっぺんじゃなくて良かったと思おう……。

 

さて、相変わらずの師匠からの問題です。

「むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんと、

何かと何かがいました。

さて、何かと何かは、何でしょうか」

 

し、知るかーーーーーー!!!!

 

こたえは、

ソレとアレです。

 

えええええーーーーー!?

 

師匠のギャグ

最近、7歳の師匠が数字を使ったギャグを言うのでちょっとお披露目を。

「家族が7人います。2人家出しました。さて、残りの家族はなんにんでしょう?」

 

え……ご、5人……? それとも家族は離れても家族だからやっぱり7人?

 

と、かなり難解な問題を出してきます。

 

そんな師匠が保育園時代、ずっと「そんなのわからない」で通してきた

「将来の夢」を、「ゲームをつくるひと」って、はっきり教えてくれました!!!!!

 

これは、おかあさんとしては半端なく嬉しいこと!!

そっか~、ゲームを作るひとか~~~!

ちなみに、ケンさんはゲームを作れます。

昔(12年くらい前に)ケンさんが作っていたゲーム『派遣社員サバイバル~不思議な無法地帯』

というもので、検索したら出てきてびっくりしました。

ダウンロードする勇気はありません……。

パソコンでC言語かなんかで作れるので、それを師匠に言ったら

もう作る気まんまんです。

 

そろそろゲームを作るゲームでも与えてみようかと思ってます。

 

師匠の目が土偶に。

昨晩から、師匠(長男)の目が急に腫れだして、

なんか土偶みたいになっているんだけど

これは、以前にも小児科で診てもらった、

じんましんなのです。

 

師匠は疲れが出ると、じんましんが目の周りに出ちゃって、

その見た目がまるで土偶なのです。

 

なんか5月は毎年こんな感じだなあと思って、

去年のブログを見てみたら、

「週に3日しか保育園にいけない」ぐらいに

いろいろ感染していたのでした!

 

スイッチかあさん、ブログを始めて、初めて日記が7年も続いています。

今までになかったことです。

 

なので、何かあった時は過去のデータとしてブログが残っているので、

大変重宝しています。

前にケンさんとけんかしたのいつだっけか? とか

離婚の危機が何回あったかとか

調べたいですよね。笑 (あんまりないんだけどね。)

 

例年通りだとこの先、一番大変になるのは6月!!

去年は子ども2人がかりで中耳炎になって、

一ヶ月近く耳鼻科通いして、私は気管支炎になって、

治るのに一ヶ月かかっていました……。

 

何かあったらすぐ医者にいきましょう。

本日はマペ次郎さんの参観日。

師匠はケンさんと小児科です。

 

明日の運動会、けっこう無理そうです。

 

 

今日は師匠の予防接種

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110702_1024~001.jpg

小児科にて。和むわ~。