検索結果 "師匠"

指でお話。指談講座を受けてきました!

田口ランディさんに連れられて、箱根の聖地を指談講師の牧野順子さん、

マクロビ料理研究家の田口竜三さんと一緒に回りました。(*´▽`*)

この日はランディさんが、早起きしておむすびを握ってくれていて。石仏が彫られた巨石の前でおむすびを食べて感動!! 田口家の梅干しが、森のイスキアで食べた梅干しと同じ味がしたのです!

ランディさんとはもう10年以上のお付き合いになるのですが、10年前からずっとランディさんは、優しいのです。
思いやりでいっぱいで、優しさがキラキラしてる。いつも思う。「私も、そうなりたいな」って。(*´▽`*)

翌朝に、湯河原の海で牧野さんと石の上にバランスを取って石を重ねる遊びをしていたら、初めてチャレンジされた牧野さんがどんどん石を重ねていくのに驚きました!

石の声も聴こえるんだ……! って。

牧野さんが「合氣道を30年やっていたから指談がすぐできるようになった」というお話を聞いて、

「きっとそれは、藤平光一さんの心身統一合氣道なんじゃないかな?」

と思っていたのですが、本当に牧野さんのお師匠さんが、今はもう亡くなられた合氣道の達人、藤平光一さんでビックリしました。

藤平光一さんの『氣の威力』が、私の愛読書だったから。翌日の指談講座では、牧野さんの培ってこられた合氣道の精神が、指談にすごく活きているのを目の当たりにして、震えるほど感動してしまいました。

三歳くらいの言語障害のあるお子さんが、牧野さんと指で会話をしているビデオを見て、「あたし、ほんとうはなんでもしってるのよ」というセリフに驚き、「ごはんどうしたらもっと食べれる?」という質問に、「一口が多すぎるのよね。もっと少なくしてくれたら、食べれると思う」と、言語で答えているのを見て、それを聞いたお母さんが本当に納得されているのを見て、指談ってすごいと思ったのでした。

そしてそして、牧野さんに習ったその日、私も指談の基礎が使えるようになったのです!!

耳の魔法は本当に不思議で、言葉にしなくても私たちは、きっと私たちの体から出ている微弱な電磁波や筋反射で、気持ちを伝えあっているんだと、お腹の底から納得させられました。

翌日の講習会も出たかったのですが、なんと次の日が参観日でお弁当を作らなきゃいけなくて、しかもお昼から講演会で青森市のお寺でお話しなきゃいけなかったので、慌てて帰りました。・゜・(つД`)・゜・

指談講座、すごかったです。
魔法を本当に体験したと、感じました。
そしてもう、その魔法の基礎が使えるようになったのです。

こんな、素晴らしい会を企画して下さった田口ランディさん、遠くから来て下さった牧野さん、優しさに満ちた会場の宮上幼稚園さんに、

心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございましたー!

 

 

子育て動画に出るよ☆

今日は、RABサービスさんがわが家の餃子作りを取材してくれました。2歳から餃子手伝ってる師匠とマぺ次郎のあり得ない餃子の取材☆ (*´ω`) 子育て支援サービスのネット動画になるらしいドグ~! あと、本のことを今日書いたら、いつも(・∀・)イイネ!!をくれる方が本を買って下さり、恐悦至極に存じます! ドグ~~!

 

素敵な三十代になるために

友達のお誕生日おめメッセージに、 



「素敵な三十代が待ってますよ!」

書いたら、 



「素敵な三十代のなり方、教えてください!」

といただき、



そ、



そこまで考えていなかった……



と思ったドグ子ドグ~。( ゚Д゚)!!



で、考えに考えてたんだドグけど、



ようよう思い出せるのは二十代のことで、

三十代のことがあまり、、、思い出せないんだドグ。



つい最近のことなのに……。



で、二十代のことはよく思い出せるので、

ちょっと「これは、区切りだったかも!?」

という二十代の踏ん切りみたいなやつを

ちょっと載せるドグ☆



ドグ子26歳。表現以外での収入を得ることを絶つ。



この時、月収12万円。

週に1本コラム書くよりほか、仕事がなかった頃。

アルバイトに行くか行くまいか悩んだ結果、

「親のすねかじってでも、バイトするまい!!!!」

と何故か激しく心に誓った頃ドグ。



あと、大きいのが<op:large>メンター(師)との出会い。



ドグ子の師匠はランディさんなんだドグけど、

26歳の頃ってブログが登場して、

突然文章がタダになった時代なんだドグ!

それで、最初の頃ってタダで書くの!? ってけっこう

抵抗あったんだドグけど、

師匠から

「出し惜しみしたらクソつまんない作家になって、

何回も同じこと書くようになっちゃうわよ!」
と言われ、



ブログに、「全部出していこう!」



って気持ちになったんだドグ。

このころは、単発のエッセイ依頼とかがあったり

なかったりで不安定な収入状態。


たまに本を出したりするも、その都度なんか

でっかい支出があって通帳残高が5万以上入ってたことなかったドグ。



でも「表現以外では食ってはいけない」という

足枷を付けていたので、

表現できない時はずっっっっっっと、ボランティア活動をしていたんだドグ。

展覧会のタダで巡回するボランティアとか。

働いても働いてもお金にならないやつ。



でもそのおかげで奈良美智さんとか、

美術関係の人とか、

普通には知り合えない人と知り合えたドグ☆



今でもなんか、ずっとボランティアみたいな人生ドグ……。

で、この頃から本を出すとテレビに出れる



みたいな感じにはなってきたんだドグけど、

とくに素敵にはならない二十代だったんだドグ。

何でって、悩んでばかりいたから。



二十代のドグ子の口癖は、生きるのがつらい だドグよ!



かなり「生きるのつらい」が気に入ってて、

ずーーーーーーっと「生きるのつらい」って

言ってたドグよ!



でも、救いだったのが周りに変な人が多かったから、

ドグ子が「生きるのつらい」って言うと、

松山千春の

「生きる~のが~♪つらいとか~苦しいだとか~いう前に~♪」



っていう、「大空と大地の間に」って歌を必ず歌われたんだドグ!

「野に咲く~花ならば~♪力の限り~生きて~やれ~♪」



って、あの歌、けっこうおもしろいんだドグよ。

流石にコレをずっと歌われ続けると、

生きるのつらい言うのもバカバカしくなっちゃって。

なんか、だんだんどうでもよくなったんだドグ~。



で、最大の出会いは、

二十代で佐藤初女さんに出会ったこと。



自分のことで悩まなくなってきたドグ子は、

今度は他人のことで悩むんだドグ。

それで、初女さんに会った時に、

聞いたんだドグ。



「初女さんでも、悩まれるということはあるのでしょうか?」



そうしたら、静かに



「あります。こんな仕事をしているのですから、悩みます。

ですが、その悩みを超えたところでしか、本物にはなれないと

思っています」




と聞いて、なんか。心底ほっとしたんだドグ~。



悩みって、「自分の家が火事」と同じようなことだと

思うんだドグ。

自分の家が火事だと心底、狂いそうになるけど、

他人の家だと冷静でいられる。起こっていることは同じなのに。



究極は、頭の中で起こっていることは現実以外はすべて

妄想なんだドグ。

何も起こっちゃいない。

ただ現実が展開していくに任せればいいだけ。



現実って不思議な展開の仕方をするから。



そう思って暮らしていると、三十代なんて

あっという間すぎて、

もう四十代ドグ!




素敵な三十代……皆さんも何か、アドバイスくださいドグ~!

 

人に会うということ。

湯河原に行って、ランディさんちに泊まって、話をするのは私にとってすごく大事なことで。何故か何年も、年に一度は泊まりに行って、思う存分おしゃべりしてると、心の中にある不定形の、未来のカタチが見えてくるんです。
 
自分が「ここは弱いな」と思っていることに、実は「絵がヘタ」というものがあって。(笑)
同じ構図の絵ならいくらでも描けるけど、チャレンジしたことのない構図とかから逃げがちだったんですね。
 
だから育児日記も「漫画が多くなきゃ育児中の人は読まない!」という私の理想を現実化する力がなくて、ずっっと出版できずにいたの。
 
でも、今ランディさんの新聞の挿絵(日本農業新聞で連載中☆「生きてるって、幸せー!」の挿絵)を10月から始めて、初めて「もっと絵がうまくなりたい! 修行したい!」という気分になって、しかも良いダメ出しをする編集者さんに巡り会えたから(今まではイラストでダメを出されたことが一度もなかった)、これは転機だと思ったんですね。
 
あと、本当にビビりだから、本を出すのってしんどいんだけど、2年前に自分で自分の本が出せたんだから、あとはやるだけ。6ヶ月間、新聞のイラスト連載で毎日絵を描けば、絶対私は成長して、絵を描きこなせる! って思ってるから。本を待ってくれている人のためにも、しっかり絵の技術磨いて、思い描いていた本を出したいと思ってるんです。
 
今まで、本当に絵に自信がなかったけど、
ランディさんからイラストで声をかけてもらったってことは、
絶対に何かの転機だと思うし、これをランディさんにも打ち明けることができて、本当に「やるべきこと」っていうのがありありと目に浮かんだのでした。
 
最初にランディさんに出会った頃は、「1才になる師匠のオッパイをいつやめるべきか」とかで悩んでいたんだけど、そういう転機の時(断乳とか)に会えるから、本当に人に会うことって、大切だなあって感じるのです。
 
まる。
 

相変わらずオロオロ。

あいも変わらずオロオロしているスイッチですが、
最近、これでいいような気がしてきました……。
 
オロオロしてて、
怒りっぽくて、
単純で、どうしようもないんですが。
 
そういえば、私の知ってる尿の味は「どうしようもない」んだから、
「どうしようもない」んでいいんだったな……って思いだしたんです。
 
来月で39歳になるんですが、
自分はもっと、もっと
どうしようもなくなりたいです。
 
子どもたちは、私が単純で、時に怒りっぽくて、
アドバイスがテキトウ過ぎる人間だって知っているのですが、
すっごい「大好きーーー!」っていう気持ちだけは伝わっているので、
向こうも、「大好きーーー!」を全身で表現してくれて、
ありがたいです。
 
この間、宿題をやらない長男に、何か恐ろしい真理をケンさんが伝えたのか、
長男が、激しく慟哭していました……。
 
ケンさん
「お前のおかあさんは宿題をしなくても怒らないが、
それは、面倒臭がって育てるのを放棄しているからだ。
普通の母親とは違う。
 
いいか、育てるっていうのはおこがましいことなのだ。
自分の思い通りにしようというのを飾り立てて『育てる』なんて言っているが、
俺は違うと思う。
お前のやっている宿題とやらも、
本当の勉強とはいえない。
 
人の思い通りになる訓練を受けてハンコを押してもらってるようなものだ。
お父さんはそれは、本当の勉強とは思えない。
うちでは、ゲームをやるのは止めない。
だが、夜9時以降に勉強するのは禁止する。9時以降は勉強をするな。
9時前に勉強をするかしないかは、自分で選んで判断しろ」
 
……という話を、どうやら小学4年生に向かってしたらしく……。
 
長男は「育てるのを放棄している」というところだけが心に残って、
すっごい泣いていたんですね。。。
「ちょっと、どうしてくれるんだ、これ……」
って思いましたけど。だけどケンさんの言ってることもあながち嫌じゃないので、
説明を加えることにしました。
 
「うおおおっうおおおっっっうおおおっっっ!」
そう泣きじゃくる長男。
「うううう~ん。あのねえ、ケンさんはねえ、師匠がいつも
ちゃんと話を聞かないから、ショックを与えるためにわざと
ああいう言い方をしたんだよ」
 
「ええええええっっっ?」
「だって、普通に話したら師匠は、テレビばっかり観て話を聞き流すでしょう?
言ったでしょ? テレビは……」
「魂を抜く道具なんでしょ?」
「そう。だからテレビをつけながら宿題は、できないよねえ。観ている間は魂0なんだから。
それでさ、師匠には、師匠の魂があるでしょう? それは、師匠のものだから……」
 
「違うよ。」
「えっ」
「魂なんかないよ。全部お母さんが作ったんでしょ!」
「ええっ!? ないの!? 体と頭だけ? しかもお母さんが作ったの??」
「そうだよ! 全部おかあさんが作ったんだよ!」
 
こ、この子の体も頭も、今語っている気持ちも、私が作った……だと???
 
な……何かわからないけど、感動した……!!
 
それで、「そうかあ~! お母さんが作ったのか~。そうかあ~!」って
ヨシヨシして、
「師匠はさあ、勉強しないのを怒られたんじゃなくて、
戦略が悪いって怒られたんだよ~。
嫌いな勉強をできるだけ先延ばしにして寝る前にやったら、
9時過ぎたって怒られるじゃない?
お母さんは、仕事も好きだし大変な仕事でも、朝のうちにやっちゃうもん。
 
みんなが帰ってくる前にやらないと、
みんなでご飯食べられなくなるからさあ。
これは、戦略勝ちなんだよ~。
師匠も、ちゃんと戦略を立てて、やってみるといいよ~」
 
そうしたらこの頃は、
長男もきちんと戦略を立てて、勉強してくれるように
なったのでした。
めでたし めでたし。