検索結果 "映画"

痛い映画

映画「リリイ・シュシュのすべて」に登場するピアノの演奏がすごく

上手なとても印象的な女の子が乱暴されて、

頭を丸刈りにして教室に現れるシーンがある。

「リリイ・シュシュのすべて」はとても痛い映画で、

見ている間は痛いし悲しいし、辛かった。

 

それは、現実に本当にありそうな世界だったから

私が、映画と現実の区別をつけられなくなってそうやって見てしまうほどの

映画だったから。

それに、痛すぎる話を我慢して観てしまうほど、

映像は美しく、音楽は絶妙のタイミングでこれ以上ない、というものを

水に浸すように与えてくる……。

 

だから、「終わりがない映画」と呼ばれるのだろう。

悲しくて、やり切れなくて、終わりがない。

出演していた15歳の宮崎あおいちゃんが、

「映画ってよくわかんないですね」と後日談で語っていたのを聞いて

ようやく、これが映画なんだ。そうか、娯楽だ、エンタメだ、

と気付いたのだ。

 

あまりにもその世界を作るのがみんな、うますぎたのだろう。

それを思うと、とても痛い痛いと感じていたAKB48の女の子の丸刈り報道も

エンタメなのだ……と合点がいった。

世間に向けて流した途端にそれはエンタメになってしまう。

 

私は、「リリイ・シュシュのすべて」を観て

もう人間には生まれ変わりたくないと思った。

人間の想像力の豊かさが時折、いやになるからだ。

きっと大人になれば現実としっかりと区別して観られるのだろうけど……。

 

文学は想像力の豊かさで何でも表現されてしまうけど、

やはり、どこか底に明るさを持ったものがないと

ひどく落ち込んでしまう。

想像力が豊かで、様々に人を傷つけたり傷つけられたりする人間って

そんなに上等な生き物だろうかと思う。

 

生れ変わったら、虫になりたい。

チョウチョウとかの綺麗な虫じゃなくて、

ダニとか、コオロギとかの虫になってつつましく、自分の食べる分だけ食べて

交尾して卵産んで、難しく考える余地なく死んでしまいたい。

それを思うと、どちらかというと横浜聡子監督の「ウルトラミラクルラブストーリー」は、

虫の視点から描かれているのかもしれない。

最後に主人公の脳みそが熊に食べられちゃうところなんかは、

奇想天外すぎて現実とは違うことをしっかりと意識させられてしまうけど、

虫のように価値なく、脳みそさえも熊に食べられるほどの

無価値であることの清潔さを

「リリイ・シュシュのすべて」を観た後には

感じてしまうのだ。

 

生れ変わったら虫になりたい。

それが、ここ数日映画を観た後の感想だった。

ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

 

 

映画「津軽百年食堂」、明日封切り!

映画「津軽百年食堂」
が、4月2日から封切りです。

映画の売り上げの一部は、東日本大震災への義援金に使われるそうです。

なにより、この映画を黙って観たいと思っています。

実はまだ小説を読んでいないのですが、

表紙の妊婦さんの絵と満開の桜に、

なんともいえないノスタルジーを感じます。

津軽には、百年つづく食堂がある。

さくら祭りの三忠食堂の看板は、

もはや津軽人の魂ともいえるのではないでしょうか。

ああ、三忠の津軽そば、食べたい。

そして映画にいってみたい。

特別鑑賞券(1000円)も、弘前市役所観光物産課の田澤さんに

お問い合わせいただけるとお安く手に入るのだそうです。

あ、でも水曜日に観に行けば女性は1000円だね!

ぜひ、津軽を盛り上げる意味でも

映画に足を運んで見て下さいね。

津軽百年食堂 (小学館文庫)/森沢 明夫
¥670
Amazon.co.jp

  =担当・問い合わせ===========
   弘前市役所観光物産課 田澤
   Email:sei-tazawa@city.hirosaki.lg.jp
   TEL 0172-35-1128  FAX 0172-35-3765
  ====================
鑑賞券の販売受付は、4月8日まで!
 

手塚真 監督の映画『白痴』が見たい

仕事をしているおかあちゃんなので、

映画を観る、ことができるのはほとんど

年に1回とか0回とかその辺。


なので、最近の映画事情は本当にわからない。

マペ次郎が保育園に入園して、ふと時間が空いた時に

慌てて『片桐はいり4倍速』を観て。

片桐はいり4倍速 [DVD]/片桐はいり,田中伸彦,斎藤拓
¥6,090
Amazon.co.jp


ああ、松尾さんのお芝居が観たい…と切に願いつつも、

そういえばこれは、映画ではなくて、ショートムービー?

ということに気づき。


今、一番観たい映画は

8年ぐらい昔に劇場で観た、手塚真監督の映画『白痴』なのです。


さ、坂口安吾が原作。

ドストエフスキー&黒澤明監督のでなくて。

安吾&手塚真監督のヤツ。


この映画、始まりのシーンが広島か長崎の原爆か、

太平洋戦争かなんかの、黒い白黒映像で。家を失った子どもの泣き声がだんだんと

大きくなっていくんだけど。そこに、そこにですよ。


そこに、世にも美しい、ファッション雑誌の黄色いドレスを纏った

女性たちが、がれきの上でゆっくりと美しいポーズを決めて、メイクさんは

モデルの顔にパフを置き、写真家の、浅野忠信が夢中でシャッターを

切り続ける…という。


「観たこともない」


映画なのです。


近未来的な、坂口安吾の世界。


安吾好きにはたまらないかも?


ついでに、


坂口安吾で私が一番好きなお話は、

「ジロリの女」です。

「ジロリの女」「白痴」「堕落論」の

順に好きかな?

白痴 (新潮文庫)/坂口 安吾
¥420
Amazon.co.jp
とりあえず読むなら新潮文庫の「白痴」がおすすめ。

「私は工場街のアパートに一人で住んでおり、そして、常に一人であったが、

女が毎日通ってきた。そして私の身辺には、釜、鍋、茶碗、箸、皿、それに味噌の壺だのタワシだのと
汚らしいものまで住みはじめた」(坂口安吾『いずこへ』より)

という一文がどうしても忘れられない。

15年ほど前は、「安吾の文体、超イケてる。」


と。そんな風に思ってたスイッチかあさんでした。

白痴(DVD)
¥3,072
楽天

 

映画『へんりっく』公開

映画『樹の上の草魚』の監督・石川淳志さんのドキュメンタリー映画
『へんりっく』が上映される。

タイトルの『へんりっく』(森崎偏陸さん)は、寺山修司の戸籍上の弟である。
偏陸さんは寺山修司が亡くなった1983年。
寺山修司の母・「はつ」に気に入られ、懇願されて寺山家の戸籍に入る。
その人生とは、一体どんなに数奇なものなのだろう。


映画の題字はアラーキーこと、荒木経惟。

キャストに 森崎偏陸、荒木経惟、宇野亜喜良、浦岡敬一、
緒川たまき、木村威夫、九條今日子、佐々木英明、笹目浩之、
J・A・シーザー、シルヴェット・ボドロ、平常、高橋咲、
新高けい子、萩原朔美、日野利彦、弘子・ゴヴァース、
松村禎三、三上博史、森山大道、山ちゃん
、蘭好子、若松武史、etc…

と、その時代を知る人ならば、震えが走るような顔ぶれです。
7月と8月には試写が行われるそうです。
映画公開は2009年秋。

映画『へんりっく』の情報はコチラでどうぞ!

 

映画「降りてゆく生き方」 

ブックマークに映画「降りてゆく生き方」の
公式サイトを加えました!
この映画、上映前からすごく気になっているんです。
作っている人が、私から見たら超人なのですよ。

降りていく生き方―「べてるの家」が歩む、もうひとつの道/横川 和夫

¥2,100
Amazon.co.jp
映画のタイトルはこの本のタイトルから来ている。
「べてるの家」との繋がりは、公式サイトをご参考に。

野性のある人って、案外頭で考えるの苦手じゃないですか。
だけど素晴らしい、野性に満ちた作品っていうのは
実は十分な準備、あらゆる事前準備という知性が働かされて、
ようやく目の前に形となってあらわれるわけですよ。

私には野性しかないから
知性の部分は別な人に委託してる感じがある。
竪穴式住居は私以外の人のおかげで建ったようなもんだ。
私は単なる縄文人だもの。

だけどたまに、野性と知性を同時進行で発動できる人っていうのがいて。
映画「降りてゆく生き方」にはそんなすごい人達が関わっている。
きっと、映画を観た後、自分の価値観が変わると思う。

千葉県市川市市民会館にて先行上映あり!

●上映日時:2009年4月18日(土)2回上映

午前の部10:00開場、10:30開演
午後の部13:30開場、14:00開演
●上映場所:千葉県 市川市市民会館
http://www.tekona.net/shiminkaikan/access.html
千葉県市川市八幡4-2-1
JR線:総武線本八幡駅北口より徒歩7分
私鉄:京成線八幡駅より徒歩4分
地下鉄:都営新宿線本八幡駅より徒歩6分

●主催:日本熊森協会千葉県支部
後援:社会福祉法人市川市社会福祉協議会/市川市商工会議所/ariga10.com

●特別イベント:出演俳優等舞台挨拶
参加予定 渡辺裕之さん(俳優)、苅谷俊介(俳優)、
森山まり子さん(日本熊森協会会長)など、その他

主演は武田鉄矢さん。
あと、田んぼガールズが気になるんだよね……。


映画 降りてゆく生き方 公式サイト