検索結果 "祭り"

山田スイッチの2016年まとめ。

2016年末。今年の学びは、これに尽きるんじゃないか思った言葉。
コーチングの仕事をしているベニオくんが言った言葉は、
本当に私を救ってくれたなあと思いますドグ。
 
「病むも病まないも付き合うも付き合わないも変わるも変わらないも自分で選んでいい
変わりたいと思って主張したら変わりどころ」と僕は信じています。(by ベニオ)
 
すごく辛いという事実に、気付けない人は案外と多いんだドグ。
やめたいことを、辞められる人がめったにいない。
 
でも、じぶんで選んでいるという、厳然たる事実を受け入れれば、
「なんだ、選んでこうしているんだ」
と、もう一度選びなおすことができるはず。
 
2016年は、地下500メートルの穴に潜ったり、
ネプタ祭りの子供会会長をやったり、伊勢神宮に行ったり、本を出したり、
家の建て替えで何か月も仮設住宅に暮らしたり、
女子仏教トークをやったり、子どもが髄膜炎になったりと。
 
本当に目まぐるしい一年でしたが、自分で選んでやったことに何の後悔もなく、
 
むしろ様々な出来事がいつも
私を救ってくれてたと感じましたドグ。
 
やっと、漫画描いて暮らせる……!!
 
長かったけど、ようやく体制が整ったのを感じますドグ~!
 
漫画を描いている時、私の顔は漫画の中の登場人物と同じ顔をしているんですドグ。
それはそれは、しあわせな顔をしていて。
この準備に一年かかったのだと思えば、
 
来年はもう、生きるだけでOKな感じがしてくるんでした☆
 
皆さま、よいお年を!
 
山田スイッチ☆
 
 
 
 
 

今日は尾上ネプタ祭り!

平川市ネプタ祭りに参加してました!
弘前ネプタ祭りより人が少ないかと思いきや、お、多い!? 

 

すっごいお客さんの数でした〜!
テンションの高さがすごかった〜!

今年は村の子供会会長なので、祭りはオール参加です。

夏いっぱいは、村の祭りのことしか考えられないシステム。(笑)

ネプタ終わったら納涼祭だし。

とりあえず、七日日まで笛、吹きまくります。

今日は尾上ネプタ祭り!
いい感じに筋肉ついてきちゃった〜!

 

 

痩せるシステム。

夏は強制的に痩せるシステム。
青森にすんでいると、この時期は一日一時間半は
お囃子の笛のれんしゅう。
祭りが始まったら

 

一日三時間歩きながら笛を吹くので

完全に痩せるドグ……。

 

一年中ねぷた祭りなら、
太らなくて済むんだドグけどなあ……。

 

 

バッチャとうとうテレビに!

青森県のテレビに映って、

本の販促活動をしてきたドグ子☆



再現ドラマよろしく、「うちのバッチャ2~88歳快進撃~」

面白かったシーンを本物のバッチャを使って再現していました。



 

 

 

 

 

 

 

バッチャ達の基本スタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷彩柄を着こなすバッチャ。



迷彩柄のヤッケをプレゼントされ、その場で着て

しかも鍬を持ってポーズしてくれる

バッチャ。見た目のインパクトがすばらしいドグ。



 

本文中に、日蝕グラスをかけたバッチャがウルトラセブンに見えた

という記述があり、RABのディレクターさんが「なんとか再現できないか」

と言うので、日蝕グラスみたいなものを家にある素材で作りましたドグ……。(*´Д`)

 

 

 

 

 

 



こういう時、昔白塗りで踊ってて良かったなあって思うドグね。

小道具やたらと作ってたから、あまり作れないと思うものはないドグ。

※すぐ壊れるけど!



 



関係ないですが、

昨日モーニングバードで青森県のキリストの墓が

紹介されていたので、
その画像を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドグ子、中身は田口ランディさんですね。



小さくてかわいい。



新郷村のキリスト祭りが神道でおかしいという内容の番組だったのですが、

その周りで「ナニャドラヤ音頭」を踊って、ナニャドラヤ~♪

って歌っているんだけどどうやらそれが

ヘブライ語らしくて。



ナニャドラヤ~(神の聖名を讃えよ)



ナニャド~ナサレノ~♪




ナサレノ……ナサレの……ナ、ナザレの!?



という風に、村人はどんどん、自分たちの村と聖地・エルサレムとの関連を気にし始め、

 

とうとうエルサレムと姉妹都市になってしまったほどの



思い込みっぷりなんだドグ~。(*´Д`);;





ドッグドグ~!

 

うちのバッチャ2

うちのバッチャ2 -88歳快進撃-

目次

07.肉大卒の夫
08.珍しい日
09.津軽式ギャグ
10.偉大な田んぼ
11.獅子踊り
12.ご長寿ネタ
13.ナマコ美人
14.ありそうでないこと
15.ネイティブ・ツガリアン
16.雪の一日
17.ドキドキ☆頻尿日記
18.雪の一日 その2
19.たなちゅうさん
20.宇宙的な主婦
21.バッチャとゆるキャラ
22.バッチャの本
23.男前に育てる
24.夫のつけたあだ名
25.こけしのある風景
26.梅雨の楽しみ
27.行動的なお年寄り
28.バッチャと温泉
29.メグウィンさんねぶた祭りへ!
30.うちの嫁姑問題
31.福島で本格ピッツァ
32.風邪の季節
33.風邪のチャンス
34.入院した夫
35.レディー・ガガに一言
36.気功師、現れる
37.バッチャの子ども時代
38.過去にこだわらない女
39.男は何歳から?
40.節分の楽しみ
41.七戸の本気
42.カレーの付け合わせ
43.自由な夫
44.弱くても勝てます
45.仙台の牛タン
46.元気の出ることば
47.夏の準備
48.バッチャに聞いたあの世
49.バッチャ達のブルース
50.悩みに新アイディア
51.デコお盆
52.ジッチャの虹
53.永遠のパシリ
54.ポルターガイスト
55.未来に行く方法
 
あとがき「9歳 19歳 29歳」
 
解説

 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!