検索結果 "自分"

お酒は飲むべき? 飲まぬべき?

ベニオ先生が初めて会った2年くらい前から
どんどん成長されており、
この間のプリテスダイエット講座で会った時なんかは
最初に会った時とは別人のようだったドグ。
 
「今回のダイエット講座の裏テーマは、「継続」です。」
 
ということを、さらりと言ってのけるベニオ先生。
継続に至るまで、四苦八苦して来た人じゃないと
言えない言葉ドグ。
ダイエットに関してはヨコハマのナオキ先生の喋りが見事で、
あらゆる失敗を経験したから見通せるステージに
いらっしゃるのだと感じましたドグ。
 
ドグ子、ダイエットについてはそんなに質問とかなかったんだ
ドグけど、ベニオ先生が「なんでも聞いていい」というので、
自分の中の難問を問うてみたんだドグ。
 
「ドグ子は、法則型の土偶なので、
レコーディングする時は食べたもの、飲んだもの、尿の回数まで
記録して、しかもアルコール一か月飲まないとか、
カフェイン一か月摂らないとかも自分を実験するのが好きで
できちゃうんだドグけど、
 
飲んでも飲まなくてもいい時、お酒飲んじゃうんだドグ。
 
それで、飲むと大概、大変なことが起こるんだドグ。
 
ドグ子は……お酒を飲んだ方がいいのか、飲まない方がいいのか、
どっちドグ!?」
 
そんなのお前が決めろと、私だったら答えちゃいそうな質問ドグけど
ベニオ先生は冷静ドグ。
 
「ドグ子さんはどっちがいいと思うんですか?」
 
「ドグ? ドグ~~~。やっぱり、
人にご迷惑をおかけしたくないから、飲まない方がいいドグ!」
 
すると、「ふむ~」と考えながらこっちを見ている
ベニオ先生。
 
「う~ん。。実は、ドグ子の中に『絶対に迷惑をかけたくない土偶』と、
『人にいっぱい迷惑をかけたい土偶』が同時に存在してるドグ。(*´Д`)」
 
「そうですね。ドグ子さんに迷惑をかけられたい人も、
いっぱいいると思いますよ。迷惑を、
かけていい人とかけてはいけない人に分けて、
かけていい人の前でだけ、飲んだらどうですか?」
 
「ドグ~~~~!?(なんなんですドグか、その素敵な回答は!!)」
 
というわけで……何年も悩んでた、
お酒飲む・飲まない問題が
いとも簡単に解決したんだドグ~。(*´Д`)
ベニオ先生、すげえ……。
 
その日のプリテスダイエット講座の打ち上げは、
美味しい野菜たっぷりのバイキング♡
酔う前に宣言させてもらったドグ。
 
「ドグ子がもしも酔って正体を失ったら、アパホテル
神保町東店と告げて、タクシーにぶっこんでくださいドグ。
そして、私が酔って最も迷惑をかける席がこちら!!
席が真横のまきさん!! まきさん大丈夫ドグ?」
 
するとまきさん
 
「大丈夫、大丈夫」
 
「……胸、揉まれるかもしれませんよ?」
 
「大丈夫! 女子高だったから!」
 
すごい心強い……! そんな心強い言葉を聞いて、
本当に酔っぱらってバイキング席の横のまきさんに
膝枕で寝てしまうドグ子……。
ふお~!? 寝心地、半端ねえドグ~!?
 
そんなに飲んだつもりはなかったんだドグけど、
気付けば水中を歩いているような感覚で
すっかり酔っぱらったドグ子が、目を覚ますと
今日一日、ピンクの杖をついて歩いていたまきさんが、
 
一生懸命手を振って、ドグ子のためにタクシーを止めて
くれていましたドグ……。
 
あまりの人のあったかさに、ちょっと泣いたドグ……。
 
ベニオ先生、お酒はやっぱり美味しいドグ。(*´Д`)
一番の難問を、丁寧に解いてくれた先生に
 
心から感謝したいドグ~。(^▽^)

 

 

それゆけ! ランディちゃん

山田スイッチの描いた『それゆけ! ランディちゃん』が田口ランディさんのオフィシャルHPに掲載されました☆ ふおお~!
 
ランディさんの面白さを、一つずつ漫画にしていきたいと思ってます。なぜかって、もう素のランディさんが面白すぎて、自分だけでお話聞いてるのがもったいなくなってきたからです。(笑)
 
ランディさんって、私にとっては頭がパッカーンと開いてる、初めて見るような人なんですね。
 
今年はランディさんの面白いところ、たくさん漫画にしていきたいです☆(^▽^)/
 
山田スイッチ

 

 

 

感情に溺れない方法。

「前の彼が忘れられなくて苦しい」という


のを、月にいっぺん報告してくる統合失調症の友達がいるんだドグ。


彼女は、統合失調症になる前からの友達で、


病気になった原因は前彼の暴力。





友達の立ち合いの元で


彼氏と別れるための交渉をし、


無事に別れて実家に帰ったんだドグけど


まだ元カレのことが好きで苦しいんだドグって。





これは、戦争体験者が戦争中に起こったことが一番リアルに感じられるため、


実生活に戻った時に現実感を持てず、


戦争体験を語る時にだけ現実感を持てるというのに


似てるドグ。





そんで、彼女は元カレと別れて


もう4年が経っているんだドグけど


まだ苦しくて好きなんだドグって。





これに関してランディさんは、「感情は嘘をつくからね」


言ってる。





「本当に好きなら、元カレが家に来た時に会ってるはずだもの。


本当は嫌なのよ。でも、感情って長く続けたことを正しいと


嘘をつくから」





「そ、そうなんだドグか~!」





それで、昨日も一か月ぶりの「元カレ苦しい電話」


来たのでなんか、例えて言ってみたんだドグ。





「感情に溺れるっていうのは、右脳が優位になってるんだドグよ。


理性を司るのは左脳だから。情動脳の右脳が優位になってる時って


すごく怒ったり、泣いたり、死のうと思ったりするんだドグけど、


なんで溺れてるかわかるドグ?」





「いえ……」





「プールで溺れてるのがあなただって、イメージしてみるドグ。


冷静に考えれば、溺れずにプールのへりにつかまって


上がることができるドグ。


でも溺れちゃうのは、水(元カレとの思い出)があるせいだと思ってるドグよね?」





「うん。うんうん。」





「実は、溺れるのって気持ちいいことなんだドグ。


溺れて溺れて溺れ切れば、もう浮くしかないって考え方もあるドグ。


失恋して中島みゆきを飽きるまで歌う方式とか。


でも、溺れてるのが嫌なら、ヨガ
しか他ないドグよ!」




「よ……ヨガ?」





「ようは、感情に溺れてる時に働いていない左脳を動かすことなんだドグ。ヨガとか、瞑想を始めると深い呼吸を覚えるから、副交感神経優位になって、落ち着くんだドグ。落ち着いて
右脳優位の状態が緩和されれば、トラウマがだんだん消えていくんだドグ。

「だから、本気で溺れるのはもう嫌だ! って思ったら、


自分を岸に上げる努力をしなきゃダメドグ。




ドグ子は、瞑想とヨガがトラウマに効くって聞いてから


ヨガを始めたら、なんか忙しくて悩んでる暇がないドグよ。(笑)」






「そういえば、うちの妹がヨガを始めたって言ってました」





「ええっ! うちの妹もヨガの先生やってるドグよ!」





「ちょっと、妹に聞いてみます」





なんか、ちょっと新しい感じがしてきたのは


立春のせいだと思うドグ。(o^―^o)








ドグドグ。

 

服は難しい

服は難しい。

何故なら、男子と女子で正義となるものが違うからドグ。



我々女子は、少女マンガで長らく

これが正義、これがヒーローとしての

素敵な男の子の雛型を学ぶんだドグけど

それが男子と女子で違いすぎるのが問題だと思うんだドグ。(*´Д`)



例えばこちら。

この中で絶対に女子にモテない人が

2人います。誰だかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。紫龍ですよね!? 日本でチャイナ服、厳しいドグよね!?

ないない。

原宿をチャイナ服着た男子連れて歩けない。ナシドグ。



あと、アンドロメダ瞬のサスペンダーも痛いと思うドグ……。

他は似たり寄ったりドグけど、少年漫画の主人公って

赤を着る傾向が強いドグよね。



例えばこちら。効かせ色に赤を持ってきている

北斗の拳のケンシロウ。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

袖がないのもありえないドグ……。



男子はどうせこの後戦闘でビリビリに破けるんだドグから

服なんてどうでもいいって思ってるドグ。

でも、たとえ破けてもきちんとしていてほしいと願うのが

女性というものなんだドグ。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中で一人、モテる服装の人がいます。

誰だかわかりますか?

そう、レオリオです。

レオリオですよね!?



キルアも少年ということで行ったらOKドグ。

しかし、クラピカとゴンは……付き合うのは厳しいと思うドグ……。



何故女性がそこまで服装にこだわるのか。

服装よりも男気じゃないのか?

女子は常に「清潔感」を主張しますドグ。

しかし、その清潔感というのは「お洗濯してある」という

意味ではないんだドグ。



色合いがむさ苦しくないという意味だと思うドグーーーー!!!!



服なんて本当に、普通でいいんだドグ。

普通で!

ただ、マイナス要素を背負い込むような服は、

避けた方が無難
だと思うんだドグ。



この間、薄いグレーのズボンを丸井で買ったら

ドグ子の実家、家族全員から大不評買ったドグ……。

「そんなの着たらオバサンにしか見えなくなるよ!?」

って、そんなこと言ってもドグ子、年齢的にもうオバサンなんだから

仕方ないドグ~!?



って抵抗したけど、「そんなダサい服着て隣歩かれたら迷惑」言われ、泣く泣く高かったズボンを手放したドグ……。



そう、パンツをズボンと言ってる辺り、ドグ子に服について

語る資格はないんだドグけど、

「全員から反対を受ける」というのは、「自分の価値を確実に下げるアイテム」だということなんだドグ!



ちなみに、これが少女漫画を読んできた

女性達がよしとする男子の服装ドグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通……普通ドグよね!?



男は普通でいい。



女子は、男子に普通を求めている割合が

高いドグ。

試しに普通の服と奇抜な服で会った時の女性の反応を

比較してみるといいドグ。



ドグドグ。

 

文体は人格を作る

ドグ子の文体は「ドグ子体」と言って、
語尾にドグがつくんだドグけど
物を書き始めた黎明期の頃は、
エッセイってどういうものなのかの構造がわからなくて

とにかく、松尾スズキさんの文章を読みまくったんだドグね。

TVブロスが東京にいる間、
ドグ子にとってのバイブルであったドグから。

松尾さんの文体は、とっちらかってて面白いんだドグ。
関係ない文章がバンバカ降ってくるんだけど、
オチは筋が通っている。
でも基本、ふざけているんだドグ。

文体は、リズムであって、
糸紬だとドグ子は思うんだドグ。

脳みそから糸を紡ぐようにヒュルヒュルと
リズムに乗せて言葉を紡いでいく。
その文体が人格をも作るのではないか? というのが
今朝思ったこと。

文体は文字通り文だから、
楽しいリズムに乗って書けばどうしても
楽しい文章ができてしまう。

美しいリズムに乗って書けばどうしても
美しい文章になるし、

リズムを無視すれば
読みにくい文章になる。

ドグ子がよく遊びに行くSNSの
クラウドシティ屈指の色男文体は
ヤムアキさんだと思うんだドグね。
長くても読める美しい文章。
笑いを取らなくてもぐいぐい読ませてくれるし、笑わせてくれるし
読んでると『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでるような気持になるドグ。

独特なのが、家清くんの文章。
とつとつと書いてるようなんだけど
すごく読ませられるのは、
書きながら潜るタイプだからだと思うんだドグ。

自分の深層部分に潜っていくから、
読んでるうちにつられて一緒に潜っていって、
家清くんが何か発見した時は
読んでる方も嬉しくなる。

面白い文体だなあ……と思って読んでるんだドグよ。

それで、ドグ子は文体っていうのは
自分を洗脳するのに有効なんじゃないか?
って思うんだドグ。

書いてる時ほど文章に向き合うことって
ないドグから。
指という体を使って、目から情報を入れて、、
その繰り返しによって

文体を変えれば人格すらも変わっていくのではないか? と
思ったのでしたドグ~☆(*´▽`*)