検索結果 "自然"

九州の緑溢れる自然 「坂口恭平躁鬱日記」

坂口恭平さんの「坂口恭平躁鬱日記」を読み終えた。

昨年末から約2ヶ月かけて読みきった。

九州の自然の美しさにあふれた本だと思う。

坂口恭平 躁鬱日記 (シリーズ ケアをひらく)

 

躁鬱病という病気は、きっと辛いものだと思うのだけど

小さい赤ちゃんのいる坂口恭平さんの一家は

それをサーフィンで波に乗るように乗りこなしていく。

毎日毎日の記録が、一つ一つ新しい発見に満ちており、

世の中は育児の最中であっても、あらゆる場所とつながれるという

命の瑞々しさに溢れている。

 

鬱状態の時は毎日死にたいと思い、布団から出てこないという坂口恭平さんの

奥さん、「フー」の揺るぎなさがすごい。

 

「人間にはやれることとできないことがあるの。

でも、ホモ・キチガイの恭平はそのへんをまったく理解しておらず、

なんでもやるべきと思ったらやるから故障するのよ。

でも、故障してもいいじゃん。やめなくていいよ。

やりたいようにやればいいよ。どうせあなたは躁鬱のAB型なんだから。

いっさいヒトの意見は耳に入れることはできず、

集団では行動ができず、ヒトの指示で働くみたいな

サラリーマン的な、毎日同じ場所にかようなんてことはできないのよ。

でもそれでいいじゃん。金がなくなったら、

私がゆめマートでレジのバイトするから大丈夫だよ」

 

坂口恭平氏にとっての菩薩のような「フー」に、

「私を救ってくれてありがとうございます。」という言葉が自然に出てくる。

 

躁病と鬱病を行ったり来たりする坂口さんの文章は瑞々しく、

4歳の娘のアオちゃんとの「ことはつくり」というかるた遊びは

文学的で美しい。

 

もさ 猛者

えき 駅

らせん 螺旋

て 手

りす 栗鼠

なめひお 舐め氷魚

む 夢

ゆ 湯

や 矢

の 野

(中略)

猛者が駅の螺旋に手を

栗鼠が舐め 氷魚が夢を 湯には矢が………

 

坂口恭平さんの感性の美しさと、九州の自然の瑞々しさ。

揺るがなさを持つ嫁が 地獄に蜘蛛の糸を垂らすお釈迦様に思えてくる

不思議な躁鬱日記だった。

 

 

[うちのバッチャ] 36. 自然と隣り合わせの尾上町

 
36. 自然と隣り合わせの尾上町
 
 最近、近くの神社に棲んでる鷹が、妙に増えた気がするのです……。
 平川市にあるわが家の畑を散歩しているとですね、何羽かの鷹が、頭上を必ず旋回しているのです。ひょっとして私は、餌のカエルか何かと間違われて、彼らに狙われているのでしょうか……?
 そんな豊かな自然と隣り合わせで生きています。春になると庭先にキジが出て、家の中で家事をしていると、キジの鳴き声が聞こえてくるのです。「ケーン! ケーン!」という独特な鳴き声で鳴くので、「キジも鳴かずば撃たれまい」というのは、このことなんだと思いました。
 
 ゴールデンウイークに突入する寸前に1歳の次男・マペ次郎がロタウイルスに感染しまして。40度の熱が出てゲロを吐き、点滴を打つ大騒ぎでした。
 大変な騒ぎでしたが5日ほどで熱も治まり、もう安心と思った矢先に、5才の長男・師匠がアデノウイルスに感染。こちらは発熱と下痢、喉の痛みといった症状で、黙って小児科に直行して点滴を受け、完治するのに1週間かかりました。
 もう、これ以上はないだろうと思った矢先に今度は、次男と長男がお互いにウイルスを移し合ってしまいまして。
 またしても小児科に駆け込み、点滴を打って2週間の自宅謹慎を申し渡され、家に帰ってくると、今度はジッチャとバッチャが夜中にゲロ。
 わが家はロタウイルスとアデノウイルスの魔の温床になっていたのでした。
 10日目にダンナも感染したらしく、「頭が痛い、吐き気がする」と、ウンウン唸っている中、私1人だけが最後までウイルスに感染しない健康体であることが判明したのでした。
 子供というのは、病気にかかって熱を出すのもあっという間ですが、治るのもあっという間です。
 1週間目にはすっかり快復して、家で暴れ出したので。天気もいいから川へ連れて行くと、子供達はたいそう喜び、川に石を投げて遊び、何も知らない1歳児は川に向かって突進していきました。そして、今度は風邪を引かせてしまったのでした……反省すること、しきりです。
 1歳児が泥の中に突進していき、お尻を砂だらけにしてしまったので、「あー、こりゃいかんわ」と、タオルと着替えは持っていたので、5月の川でお尻を洗って着替えさせたところ、お尻が冷えて風邪を引かせてしまったんですね……。
 もしここがインドだったら、きっとお尻をガンジス川で洗うだろうと……さほど何も考えずにお尻を洗ってしまったのですが、5月の青森県では、風邪を引かせて当たり前だったようです。
 ようやく次男の鼻水も止まり、気がつけば保育園を4週間も休んでいました。
 
 田んぼに水が入る1番美しい季節に、子供と一緒にいられたことは、返って良かったような気がします。6月に入り、暖かくなったのでバッチャと一緒に居間のじゅうたんをい草のゴザに替えることにしました。じゅうたんをめくって、下から床暖房のマットが表れると、バッチャが私に言いました。
「あのよ、わ(私)が死んだ後も、これだけは覚えておけ」
 バババ、バッチャが死んだ後も……? 突然、遺言のようなことをバッチャは言い出しました。驚いてじゅうたんを持ち上げたまま、固唾をのんで聞いているとバッチャは続けました。
「この、床暖房の黒い線の上には、画びょう刺さねえように気ぃつけれ! ここ刺せば、中の水、漏れてしまうはんで!」
「お、おばあちゃん! 突然言うから、遺言かと思いましたよ!」
 それにしても……遺言が「床暖房のお湯が漏れないように、画びょう刺すとき気を付けろ」だけだとしたら、なんとも清々しいくらいにやり残しのない人生ですよね。
 い草のゴザに替え終わると、ジッチャとバッチャは庭のモモに袋がけを始めました。
「呼んでくれれば私も手伝いますのに!」
 私がそう言うと、バッチャが言いました。
「おめ(お前)さ教えている間に袋、かけ終わってしまうべ!」
 と、余裕のポーズでわずか1時間あまりの間に、600個ものモモの袋掛けをジッチャと2人で終えてしまったのでした。私が言います。
「おじいちゃんも90歳なのに、元気ですよね~」
 するとバッチャ。
「ジッチャも、おめが嫁に来る前一時、ボサッとしておかしくなったんだばって、ひ孫産まれ  たっきゃ頭、治ってまったんだ! 今だっきゃ、なんぼしても死なねんだはんで、化け物だべ!」
 リンゴの花が咲きこぼれ、一斉にツツジやフジが花開き、道路端に咲いた野の花が田んぼの水鏡に映っています。神社の森では鷹の子が産まれ、5月には新芽を付けたケヤキの木が大きく揺れて、ジッチャもバッチャは相変わらず元気なのです。
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

 

 

 

[うちのバッチャ] 19. 自然農の畑

19. 自然農の畑
 
 友達のエレキ君が神奈川県の大磯というところで自然農の畑を作るというので、東京に行ったついでに大磯に行って見てきました。
 自然農とは一体、何なのか?
 やり方は人それぞれだと言いますが、まず。基本なのが畑を「耕さない」ことだとエレキ君は言います。「耕さない・草を抜かない」そんな農法が存在するのか? と驚きましたが、よく考えたら山に生えている山菜は、肥料をやらなくても勝手に生えているわけで。耕したり草を抜かなくても、植物は自分の力で育っていくのかもしれません。
 
「根っこが土を耕してくれるから、雑草の根っこは抜かないで、根っこをかき分けて植えるんです。」
 エレキ君が言います。
「土の中にいる微生物も土の深さによっている種類が違うので、耕さないことで微生物の層を、より自然な形に保っているんです。生えてる雑草は根っこから抜かないで、鎌で切ったら土の上に置きます。そうすれば草が肥料になるし、水分が蒸発しにくいから、黒マルチをかけなくてもいいんですよ」
「本当に? そんなに楽なら、私にもできるかも~?」
 そう思っていたのですが、どうやら楽そうに見えたのは気のせいだったようで、草の根を抜かない自然農は、耕さない分、実は普通の農法よりもずっと手間がかるのでした。最初に耕耘機などで耕した畑では土も柔らかく、一気に種を植えることが出来るのですが、耕していない畑では根っこだらけの土を手でかきわけて種を植えなければならないし、どこに植えたかを良く覚えていないと雑草と作物の見分けも付きにくくなって、せっかく出た芽を抜いてしまうこともあるそうです。
 更に、雑草が作物よりも伸びた場合は日陰になって育ちにくくなるので、本当にしょっちゅう草を刈らなきゃいけないんですね。その分、野生に近い状態で育つので味わいは格段に深くなるのです。
 これは……収穫も手伝って、野菜をせしめねば! 
 自然農の畑で育ったキュウリは、味わい深く、花のような香りがします。キュウリに香りがあるなんて、それまで知らなかった私は驚いてしまいました。
 
 命豊かな自然農の畑ですが、うちのバッチャが見たら根こそぎ草を抜きそうです。
「わい~、こったに草とば生えらかして……」
 と。「生えらかす」は津軽弁で草が生えている状態を言うのですが、この言葉を聞くと草が生えるのを「抑えきれなかった」という、自責の念が伝わってきますね。
 バッチャは意外と几帳面なので、生えてる草には容赦ないのです。バッチャは夏の間、ずっと草むしりをしています。広い畑を、春は菜の花菜とニンニク、夏にトマトとキュウリ、ピーマンにナス、枝豆、トウモロコシ。秋は大根と白菜、キャベツにカブにニンジンと。広い面積を自由自在に野菜で彩っていくのです。
 
 畑を開墾している友達のエレキくんは、23歳です。以前はエレキギターの職人をしていたので、名前がエレキくんになりました。うちに遊びに来ると一宿一飯のお礼にバッチャと畑の草むしりをしていきます。
 23歳で農に目覚めるなんて、鋭いなあと思いながら。彼は神奈川県民ですが、青森県の岩木山の麓にある自然農の農園でお手伝いをしながら、農業を学んでいるのでした
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから

 

エコハンター第7回「自然農ってなんだろう?」

エコハンター第7回「自然農ってなんだろう?」

無農薬りんごといえば自然栽培の木村秋則さんですが、自然農って一体何なのだろう? それって本当に美味しいの?
というのが我々一般人の感想だと思うのです。
それは食べてみなければわからないことなので、先日。岩木山の中腹で自然農を営んでいるS農場さんを訪ねてみました!
 
自然農というものは不思議なもので、農薬を使わず、除草剤も撒きません。
「畑を耕さない」のが特徴で、自然農法に比べると、無農薬農法や有機農法はまだ多い方だと言われます。
では、草も刈らない土地にどうやって苗を植えるのかというと。
それは、草の生えた土地にそのまま穴を掘り、植えるという…周りが草だらけで野菜の苗と区別がつきにくいような、余計めんどうな手順で作付けされるわけですね。
 
種の場合は草を抜いて種を撒き、その抜いた草は植えた種の周りに撒きます。
そうすると、その草の影になって他の草が育たないので、なんと草が農業用マルチフィルムの役目を果たすのだそうです。
しかもその草はそのまま堆肥になってくれるのだとか。
 
自然農では、ミミズが土を耕すのを邪魔しないために、鍬で大きく耕すことはありません。
土の中でミミズが畑の土を食べてフンをすると、その土は適度に水分を保持できる細かな土の層に変わるのだそうです。
 
そうしてできた野菜は、やっぱり美味しいとしかいいようがありませんでした。
キュウリの香りの豊かなこと! キュウリに香りがあるだなんて知らなかったですね。
 
驚いたことに、さくら野百貨店弘前店の1階には木村秋則さんの自然栽培で作られた野菜が売ってあるのです。
木村さんの地元ならではといった感じでしょうか。
にんじんが3本で138円。意外とお手頃なお値段です。
有機野菜や自然農の野菜の良いところは、皮まで食べられるところです。
 
皮まで食べれば、台所から出る生ゴミも減るので環境に良いこと間違いなしです。
自然栽培はとても珍しい農法ですが、野菜のうまさがしっかりと出る良い農法だと思います。
ミニトマト1袋268円が半端なく甘かったので、1度召し上がってみてください。
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

自然農場での結婚パーティー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
読売新聞青森県版で取り上げさせてもらった、東京から青森県へと
 
移住し、一年を迎えたトシちゃんカナちゃん。
 
津軽の家で麹でも酵母でも何でも作っちゃうトシちゃんと、
 
羊毛を紡いでセーターを編んじゃうカナちゃんの結婚パーティーが昨日、白取農場でありました。
 
 
もう、花嫁が涙ぐんでるの。
 
手作りのヴェールにお花を添えて。
 
みんなで持ち寄った手作り料理が会場に所狭しと並びました。
 
 
みんな、打ち合わせも何もないのに
 
渋谷さんなんかドラム缶のピザ釜で一生懸命ピザを焼いていて、
 
白い雨合羽を着た姿がまるで天使のようでした。
 
オダギリさんがケーキ入刀のケーキを用意してくれて、
 
それに潤子さんがナイフにリボンを付けてケーキ入刀!
 
本当に素敵な結婚式でした。
 
 
カナちゃんのご家族が、またとないいい人で
 
昨日は、たくさん「ありがとう」の声を聞きました。
 
 
神鳴りがごろごろ鳴って、神様からの祝福があり、
 
パーティーが終わる頃には青空が見えていました。
 
トシちゃんカナちゃん、結婚おめでとう!!
 
 
白取農場の潤子さんの語ってくれた、
 
「他の人やものを犠牲にせずに
 
自分のやりたいことを実現していく2人のような人が
 
これからもっと増えていったらいいなと思っています」
 
 
という言葉が、心に残った素晴らしい結婚式でした。