Archive for the "講演記録" Category

好きに生きたらええんや。

写真は、『あおもり教育の日』に呼ばれて講師をし

いつも通りにうちのバッチャの破天荒なお話をした後、「みんなで元気玉を出そう!」のコーナーで気の出し方をお伝えしている私。(*´∇`)

端から見ると党大会みたい……!!

こっちの写真だと、普通に体操の講師としてやってきた感がありますね。(笑)

これは、気が出ているのを確認しているところ。(*´∇`) 

小学校でやっても、老人会でやっても九割ぐらいの人から気が出ます。

気の通りの悪い人も中にはいるけど、「気は、出るとわかった瞬間に出る」とお伝えすると、すぐ出るようになります。(*´∇`)

なんでコラムニストなのに、講演で気を出したりするのか。

それは、一時間も人の話を聞くことが
私はできない性分だから。(*´∇`)

講演では、今まで自分が身につけたものをすべてシェアする形でお届けしてます。

この後は全員で踊りますね。もちろん、全員が踊れるように誘導していきます。

物書きとして、今まで50000部は本を出してきたのですが、生きてるうちに気功を勉強したり、舞踏家さんについて踊りを習ったり縄文やったり、出産したり。

そんなには売れないからこそ、横道を十分に歩いてきたと思います。

私は物書きというよりは
横道を歩く人だな、と。
それで歩いてきた横の道で
また書いたり食ったりしています。

横の道を歩くのは、とても楽しいことです。土偶のゆるキャラになるなんて、思ってもみなかったもの。

横道を歩いて、心配になることもあるかもしれませんが、
道は道です。
どんな道歩いても
ゴールに着けばそれでいいよね。(*´∇`)✨

物書きで食えなきゃって思ってる人も多いかもしれませんが、与謝野晶子も鉄幹も家計は火の車だったから。
死ぬまで生きれたらそれでいいよね。

山田スイッチでした☆

 

伸ばすところを間違えた☆

どうも、小中学校の合同芸術鑑賞に呼んで頂き、

頼まれてもいないのに全米ヒットチャート1位に輝いた

アヴリル・ラヴィーンの「GIRL FRIEND」で踊りまくって倒れた

ドグ子です☆



下が、ひらがなをやっと覚えたばかりの6歳から上が15歳(思春期)という、

今までで最も難しい年齢層を前にお話をしてきたのですが。



ドグ子は今まで、踊りで体育館全体を



湧かせられなかったことがないんです。



完全にアウェーの場所で中身が40手前の土偶が

アヴリル・ラヴィーン踊って200人の客席を湧かせられるだなんて。

後方の中学生がオールスタンディングで飛んでいるのを

視界のはじで捉えましたから、



酸欠で倒れてももう、本望だったドグ。



それで、タイトルの「伸ばすところを間違えた」ですが、

ドグ子はそっちを伸ばしていった方が

良かったのではないか? と、今更になって思ったんです。



今までの人生で、踊って会場を湧かせられなかったことなんて

なかったなあと。



動けば会場を湧かせられるなら、



動く方を磨いて来ればよかったのに……と



永遠の40手前になって気付いたりしたのでした。



が、

もしかすると、そっちの方を伸ばしていったとしても

この年令によるもので今頃、「もうあかん。別の道伸ばそう……」

思っていたのかもしれません。



ちなみに、下の写真は26歳の時のドグ子。

2002年の奈良美智 I DON'T MIND IF YOU FORGET ME展の

打ち上げの時に、ホテルのステージで踊ってたものです。



 



この時も「かわいい」と思って付けた防塵マスクが

思いの外酸素うまく吸えなくて、


踊り終わって酸欠で倒れたのを覚えています……。



だけど踊ってる間はこんなです。



今からでも、1分ぐらいはムリな踊りができるように

肺を鍛えよう
かと思っています。



がんばるドグ~☆

 

夏至の日に会いにきてNE☆

みんなにそろそろ、会いたいよう!!
そんな願いを中三のエミリオさんが叶えてくれました!

6月22日の夏至の日に、
そろそろスイッチと会ってお話しませんか?
しばらく会ってないみんな!
ケーキとお茶とスイッチの面白話がついて
なんと、1500円!!
安い!

 

テーマは「悩まない」です!

時間は主婦に嬉しい午後2時半から☆

会場は弘前中三の3階にある、カフェ エミリオさんです。
参加希望の方は、電話0172−36−1411までご連絡ください。

定員15名なので、お早めにどうぞ☆

私宛にメッセージで申し込んで頂いてもOKです☆(^^)p
申し込み〆切は6月18日です。
※電話番号、写真に間違いがありました。0172361411までご連絡ください

 

 

黒石でお話会してきました☆

2015年2月24日(火) 黒石 レストラン御幸

山田スイッチ講演 タイトル「生きるって楽しい」

 

昨日は黒石の73歳の皆さんの集まりに呼ばれ、山田スイッチの失敗武勇伝をおしゃべりしてきました☆ じっちゃん達の元気を吸い取ってきたYO! 

「初めての記憶」の話をしたら、73歳のおじいちゃんおばあちゃんが、黒石に青森から進駐軍が来て、「ハングリー」って言うとチョコレートをくれたという思い出や、

「俺、小さい頃は東京にいて、回転木馬に乗った記憶がある!」とか、「私はふとんコ被って、防空壕の穴ッコさ入った記憶があります」という風に、初めての記憶に思いを馳せて下さいました。

73歳のおじいちゃん、おばあちゃんは、4才くらいの時に終戦を経験しているんですね。回転木馬に乗ったおじいちゃんも、疎開で黒石にやって来たのだそうです。

初めての記憶を語ってもらうと、みんな70年もの時間をタイムスリップしてくれて、素敵なお話が聞けるんです。

 

 

2014北でみなみのコンサート

昨日は、北で南のコンサートとても盛り上がりました!

伊奈かっぺいさんのとなりで司会を担当させてもらって……。

本当に私なんかが横にいていいのだろうか? ってくらい

かっぺいさんの仕事って格好いいのです。よく舞台を注視されていて

不備がないか、イレギュラーなことには迅速に対応、緞帳の上がるスピードまで計算されていて……本当に勉強になりました!

青森のスーザンボイル、尾崎順子さんがとても面白いお母さんで、

歌うと会場は大盛り上がりでした! 


北で南のコンサートの第一回から参加している福田清美さん(テノール)は、

南高校を出て弘前大学に入り、教員採用試験に落ちて、仕方なく歌の道を選んだ……

にしては、パリのエコール・ノルマル音楽学院の特待生で5年もパリで歌っていた

不思議な人生の持ち主です。

歌がうまい人って、どこに生まれてもどこの学校に進んでも、

必ず歌に帰ってくるのかもしれません。

若いミュージシャンの人達(コレを言うと年を感じる。笑)が、新風を吹き込んでくれたなと、感じました。

小山内創祐くんの声がめっちゃきれいだった!
ニコ動世代のビートまりおさんもめっちゃ面白かった〜。
あと、南校から内閣総理大臣賞取ってる人がいて、それが津軽手踊りの石川真紀子さん率いるやまぶき会なんですって〜! 知らなかったわ〜!

西村清春さんの大正琴と吹奏楽部のコラボ「花が咲く」も良かった。
北で南のコンサート、次回は3年後です!

 

校歌に始まり、校歌で締めるこのコンサート。
次回もまた新生アーティストが参加して、会場を盛り上げてくれたら
いいなあと思いました☆

裏方で駆けまわってくれた葛西良生さん、本当にありがとうございました。良生さんのおかげで北でみなみのコンサートが開催できるんです。心から感謝しています。

 

写真は、伊那かっぺいさんと尾崎順子さん、ピアノ演奏の阿保美唯さん、鈴木佳子さんです。
南校生は、とってもノリがよくキュートでした☆(^◇^)