Archive for the "5・7・5" Category

ドブ落ちて 初めてわかる 陸の高さよ

ドグ子がブログを始めたのは

11年前になるんだドグよ。

3日に1度は更新しているのんきな田舎と考えのブログなんだドグけど、

昨日ふと、



これから先10年間の出来事が記された日記があったとしたら、

読むか、読まないか?




と思いつき、



「はあああ! 今から10年前の自分は、

10年先までの記録が残されていることに

驚くに違いないドグ!

まさかこんなことが起こるだなんて、予想もしていないはずドグ~!!」



と、10年前の自分の気持ちになって

ブログを読み返してみたんだドグ。



で、目に飛び込んできたのは

10年前のドグ子の、家族からの評価。



「おまえは、ドブに落ちても『ここで一句』とか

言ってそうだな。

ドブ落ちて 初めてわかる 陸の高さよ」




と、「ドブに落ちても一句詠みそう」



という評価をもらってることがわかったんだドグ。



い、意味がわからないドグ~!



で、過去だから意味がわからないのかというと、

そうでもなくて

今現在も意味がわからないまま生きているんだドグ~!( ;∀;)

 

今日の一句。

冬に、本当に短い期間だけ

一句詠める日があって、昨日がそんな感じだったんだドグ☆



a_1763_1_1458866010.jpg 

夜に会う 竜の目のよな 春の月 (ドグ子)



a_1763_4_1458866010.jpg 

春なのに 寒の戻りが 戻りすぎ (ドグ子)



a_1763_3_1458866010.jpg 

雪椿 今を限りの いのちとや (ドグ子)





椿の花は、

雪が降るとすぐに散っちゃうんだドグ~(*´Д`)



今日も一日、ドグッとがんばろうね~!

 

今日の一句



淋しさも 七割引の サマーセール   ドグ子 詠む



19歳の時にものすごい失恋をして、「駐車場で車に轢かれて死にたい!」って思ったけど、

サマーセールでお買い得品を選んでる時、死ぬことも忘れて生きちゃったな~! 

って気持ちを思い出した夏の日でした。



さて、今日もネプタの笛、練習いくぞ! 毎晩、夜はネプタの練習です。(^ー^)

 

今日の一句。

雨が降っててとろけそうなので、一句詠んでみました。眠い。


私って、何か降ってないと歌が詠めないんですね、きっと。





とろけよと 青時雨ふり 音になる





青時雨 身を浸しては 濡れる木々





青時雨 ぽとりぽとりと 語りかけ 

 

クーラーが 暑いから脱ぐねの ドラマ奪い

 

 

2013BON 花火で一句

 

小田桐妙女さんから冊子「俳句鼎 妙」を送って頂きました。

この冊子が届くと一時間はじっくり、俳句を読んで楽しめます。日常の忙しさを忘れさせてくれる俳句にありがとうと言いたくなります。

 

あなたから 放たれるおと 待つ花火   スイッチ詠む

あなたって実際は四才なんだけどね。好きって言って頬っぺにキスしてくれました。夏の夜の醍醐味ですね。