Posts Tagged "ねぷた"

エコハンター第130回「弘前ねぷたのぽち袋」

エコハンター第130回「弘前ねぷたのぽち袋」
 
裂織の美しさというものは、新しい布にはない美しさだと思うんです。
裂織は、古くなった衣類の縫い目をほどいて端切れに戻し、それを裂いて作った長い紐を横に渡し、麻糸を縦糸にして織った布です。
元の布が持つ色の変化や模様を楽しめて、なんともいえない味わいが、布から伝わってくる素晴らしい伝統文化だと思っています。
青森県内では、この裂織の作品に触れる機会が多いのが嬉しいですよね。
うちの近所では裂織を20年やっているイソおばあちゃんの布を買って、素敵なバッグを作っているお年寄りが多く、みんなとてもオシャレなのです。
 
古いものから全くの新しいものを生み出すパワー。
そんな素敵なパワーに出会えるのが、弘前市城東にあるCASAICOさんです。
このお店を知ったのは、埼玉県の友人がインターネット上に「弘前ねぷたのぽち袋」の写真を掲載したことがきっかけでした。
色鮮やかなねぷたを解体した紙から、まさかぽち袋を作ってしまうだなんて。
大きなねぷた絵ではなく、小さなぽち袋になったことで、その細部に渡る美しさが際立っており、またこれほど美しいぽち袋は見たことがないと思いました。
弘前ねぷたのぽち袋を開発した店長の葛西将人さんは、ねぷたが大好きで、祭りが終わった後にねぷた絵が剥がされるのが、いつももったいないと思っていたそうです。
県外から将人さんの元へお嫁に来た彩子さんの「ぽち袋にしたら素敵だと思う」という一言に、ねぷたのぽち袋を開発しました。
 
「売上の一部を、ぽち袋の元になるねぷた絵を寄贈してくれた団体さんに還元することで、ねぷたを応援しています」と将人さん。
広島や仙台のギャラリーにも置かれているというねぷたのぽち袋。
きっと、ぽち袋を見てねぷたに興味を持ってくれる人も多いはず。
リサイクルをすることで、より一層美しくなった商品の並ぶCASAICOさんでは、週末に割れた陶器を漆で接着して純金や金箔をまぶす金継ぎや、漆塗りの教室も開かれています。
ぜひ一度、足をお運び下さい。
 
CASAICO 弘前市城東中央4−2−11 
電話 88−7574 午前11時〜19時営業 
火曜不定休
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

 

弘前ねぷた

今年も、ねぷたは最高だった。

首が痛くて大変だったけど、

ねぷたを見ている間は

何もかも忘れる。


夜に浮かぶ扇ネプタは

光り輝く神のようだ。


だんだんと近づいてくる

太鼓の音も近づいてくる

体中に振動が響く

命の震えがそこにある


ねぷたは、いのちだ。







http://harappa-h.org/modules/xeblog/?action_xeblog_index=1&cat_id=2

ねぷたが大好きなharappa阿部ちゃんのブログ。

読んでて、本当に好きな気持ちが伝わってきて。

とってもいい文章なのです。


 

ねぷた囃子でギネスに挑戦 

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110731_1828~001.jpg

ギネス記録は3742人でした!

 

ねぷた囃子でギネスにチャレンジしよう!

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-ちえん児童センター

7月23日 弘前市 到遠児童センターさんにて。

どうも! 縄文人のスイッチかあさんです。


山田スイッチの無料講演会 4校目到遠児童センターさんでは、

主にねぷたの魅力を語ってきました!


そういえばこの講演会を思い立ったのも当初は

ねぷた囃子でギネスに挑戦の応援企画で、

講演の最後にはいつも、横笛ギネス実行委員会さんの手作り塩ビ管笛を

配って歩いていたのですが。


スイッチかあさん、子どもに地獄が実はなかったお話を始めたらそれが

面白くて、面白くて……。ついつい横道にそれてしまったんですね。

アヴリルも歌うしね。


子どもに地獄に関するアンケートを取ったら、こんな答えが待っているんですよ。


・針の山がある

・えんま大王がいる

・血の池地獄が深さ50メートルある

・鬼がいる

・えんま大王に迷惑をかけたら殺される(迷惑って・・・)


など。エトセトラ。

さすが東北というか、

地獄情報は隅々にまで行き渡っていて

ついつい、地獄情報を集めるのに夢中になってしまったんでした。



そんなわけで。

23日のちえんさんでも地獄のお話の後に

「笛でねぷた囃子をやったら世界中でウケる!!」

というお話をして、ちえん児童センターの皆さんに笛を寄贈して、

みんなで塩ビ管の笛を吹いてきました!


すごいのが、ここの児童のみんなは

半端なく精霊に近い、ということ。

びっくりするほど、思ったことを思ったままにやれる力を

持っているんですよ。


小学校にもなると、色々周りを気にして自由にやれない子が

増えてくるものなんだけど、ここの子ども達は

本当に、自由にしているの。


センターの先生が笛を吹き始めると、

誰ともなく壁や床を叩いて、ドンコドンドン、ドンコドン! と、

ねぷた囃子が始まりました。


どんこどんどん、どんこどん!


そして誰からともなく「ヤーヤドー!」の声が。

そして最後は「ヤーヤドー」の大合唱が。

こんなすごいことを普通にやってのける子どもって、

マジですげえや! と思った次第です。


さてさて、いよいよギネスブックにチャレンジする日。

7月31日が近づいて参りました!!


もう、街角のあちらこちらから笛の音が響いて、

津軽の夏は待ち切れんばかりです。

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

笛の練習も真っ盛り!!

ギネス挑戦に挑む女子も多いです。


横笛でギネスに挑戦! 7月31日の正午が空いている人は、

横笛を持って駆けつけて下さい。

受付は9時~11時15分です。

どうせだったら記録を更新したいじゃないですか。


みんなでギネス、盛り上げていきましょうね!

詳しくは、ねぷた囃子でギネスに挑戦ウェブ http://tsugaru-hayashi.jp/
 までどうぞ!

 

レースの金魚ねぷた

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110311_1047~001.jpg

先日の春祭で、師匠とマペ次郎に手作り金魚ねぷたを頂きました!

作ってくださったノロさん、ありがとうございます! 金魚ねぷたって和むよね。

春祭のことは色々、書ききれなかったので、今週の読売新聞青森版に書かせていただきました。

今回は頼れる姉御、N岡さんやたいしょうが手伝ってくれたおかげで、本当にらくに占いに専念できました。たいしょうの淹れてくれたお茶、美味しかったなあ。今更ながら、感謝です。
スイッチ