Posts Tagged "今年"

今年のサイン

生きるって楽しい。

 

本に入れさせてもらうサインは、本ごとのテーマで違っていて、

一番最初に「しあわせスイッチ」に書かせていただいたサインは、

Push Your Happy Switch ! 

でした。

しあわせスイッチ

 

それで、ブラジルスイッチ

ブラジルスイッチ の時が 「生きる」 で、

わたしの3・11 あの日から始まる今日

「わたしの3・11」の時が

「日々を大切に生きる。」

 

こうしてみると、この2013年に自分の中から「生きるって、楽しい。」

という言葉が出てきたのは不思議であります。

 

「生きるのがつらい」が 二十代の頃の口癖でしたから。(笑)

 

だけど、この間ふと、人生をつまらなくさせるコツ100 というものを

考え付いた時に、

どうしたら人生をつまらなくさせることができるのか?

という問いに対して、

細かいことからいけば、「コンビニ弁当で一年暮す」とか、

いろいろあるんだけど(笑)、

 

「楽しいことを一切しないこと」

という答えが一つ出てきたんですね。

 

楽しいことって、田口ランディさんも言っていますが、

ものすごく疲れるんです。

楽しいことにかける力って半端なくかけるから、

そこでひどく疲弊するけど、本当は、魂を揺さぶるような、

力に満ちている。

 

多分、私はここ数年の怒濤の縄文祭のように、

ストーンサークル造ったりそこで祭をやったりしなかったら、

なにかがダメになってたろう……と思うんです。

今年は、この出版が一番楽しかった。

それできっと、

「生きるって、楽しい。」

という言葉が出てきたんだと思う。

 

毎日サインを入れて、知っている人のところに届けるんだけど、

どんどん売れていってまたサインを書いてを今、

繰り返しています。

嬉しい悲鳴です。

でももっとがんばらないと、書店に本が並ぶ前に

なくなってしまう……。

小規模出版の嬉しい悲鳴ですね。

 

生きるのを楽しくするには、しんどいけど楽しいこともする。

そして、それをやってる自分を、そんなに責めないこと。

「楽しいことばかりしやがって」とか、自分の中の声が聞こえても、

「楽しいけど苦しいんだから、いいじゃない」って

言ってあげよう。

子育てもそう。楽し苦しいけど、後から楽しいの方が勝っちゃうんだよね。

コツがつかめたら、のんびりやっていこうと思ってます。

コツコツがんばろうっと!

 

今年も家を掘ってます!

130201_0843~002.jpg2メートルの積雪で雪に埋まったわが家を掘り出すケンさん。雪かきする夫ってちょっといけてる。

 

今年も縄文イベント 50名無料ご招待!

本日は、秋分の日ですね。

そろそろ縄文友の会が何か縄文をやるのではないか? と

思っていた勘の良い皆様方!

今年は2年前と同じ小牧野遺跡で、

田口ランディさんプロデュースの「小牧野劇場」 ~ストーンサークルフェスティバル 2012 ~

をお届け致します!!

作家・田口ランディ氏の作った縄文のお話の世界へ

身体ごと遺跡の中に入っていきませんか?

50名様まで無料ご招待です。

 

今年は紫綬褒章を受章された詩人の吉増剛造さんに、

神楽太鼓奏者の石坂亥士さん、舞踏家の雪雄子さん、

獅子踊り保存会の会長をされている大高勝造さん、

新潟のシャーマン、山﨑泰行くんと長野県のケンさん曰く「人間界の者じゃない者」

ストーンサークルアーティストの杉原信幸さんと山形淑華さんもやってきます!

超・豪華メンバーです!!

 

私、山田スイッチも縄文バスガイドとして皆様方を安全に縄文遺跡へと

お届け致します!

 

「山田さん、今年はイベントやらないんじゃなかったの?」とお思いの皆さん、

大丈夫! 今年は同時進行で小説書いていて、エッセイも200枚以上書き上がりましたので

ご安心ください!

 

それでは、小牧野劇場のはじまり、はじまり。

みんなで遺跡でのんびりと、おいしいおやつを食べましょう。

 

現代における縄文を生き、縄文の息吹を伝える表現者が、小牧野ストーンサークルに集い、縄文を生きるという体験を行います。小牧野ストーンサークルとは何か、それはいったいどんな願いとともに、つくられたのか、その謎の中へ縄文の導き手とともに、入っていくことで、参加者一人一人が出会う「縄文」こそが、知識や情報を超えた、生きた縄文のスピリットなのです。現代にも縄文は生きている。太古に眠る大地の劇場が今、4000年の時を超えて蘇ります。 

 

開催要項

事業名:

小牧野劇場―ストーンサークルフェスティバル2012

(平成24年度青森県縄文力強化事業)

日時:2012年10月13日(土)13:30より開催

会場:小牧野遺跡(青森県青森市野沢字小牧野) 

主催:縄文友の会

企画・問い合わせ・お申し込み:杉原信幸(アートディレクター)

無料シャトルバスをご利用の際は、乗車場所と当日連絡可能な電話番号、メールアドレスを

明記して、下記までご連絡ください。

Tel.080-3250-9807 nobu.yuki@jcom.home.ne.jp

 

参加費無料 

定員50名(要申込)

 

小牧野じょうもん大学・一日体験入学

「縄文を知ろう、学ぼう、感じよう!」 

 

縄文採取 13:30~14:00 

田口ランディ制作のパンフレットを元に、

遺跡を歩いて隠された縄文の謎を探します。

 

ストーンサークルを作ってみました 14:00~14:30

杉原信幸が実際のストーンサークル制作について語ります。

聴き手・田口ランディ

 

休憩 おやつの時間 14:30~15:10 

おやつのふるまいです。縄文人のように分けあって食べます。

マイ箸・マイカップ・マイ皿などお持ち下さい。

 

小牧野劇場「いしがみさまの生まれた日」
雪 雄子 舞踏×石坂亥士 神楽太鼓×田口ランディ 作 
15:10~16:00

ストーンサークルと、神楽太鼓に導かれ、いしがみの生まれる時、

太古に眠る大地の劇場が今、蘇ります。 

 

出演 

雪 雄子、石坂亥士、田口ランディ、吉増剛造

杉原信幸、山形淑華、大高勝造、山崎康行他

 

吉増剛造×田口ランディ対談「精霊はここにいる」16:00~17:00 

太古の石に呼びだされる精霊の言霊が交わされます。

吉増剛造映像作品 gozoCineの上映あり

 

 

同時開催 

小牧野遺跡・森の写真展 片山康夫&山形淑華

 

 

無料シャトルバス 山田スイッチによる縄文トークショー付(要申込) 

 

《行き》

10:30発 弘前駅城東口

11:50~12:40 三内丸山遺跡・縄文時遊館前 

13:00 青森駅 西口バス駐車場

13:30着 小牧野遺跡

 

《帰り》

17:10頃 小牧野遺跡

17:30頃 三内丸山遺跡・縄文時遊館前 

18:00頃 青森駅 西口バス駐車場

19:20頃 弘前駅城東口

 

小牧野遺跡へのアクセス

東北自動車道 青森中央I.C.から車で約20分 

JR東北本線 青森駅から車で約30分

詳しくは、縄文友の会公式HP  http://jomotomo.com/ をご参考にして下さい。 

 

今年の最優秀年賀状は・・・・、

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-120104_1401~001.jpg

弘前市の境くんに決定!!
まさか、巨石とメガネ男子で年賀に挑むとは・・・思ってもみませんでした。山田家年賀状杯2年連続優勝・・・境くん、恐るべし!

 

今年も段ボール堆肥やります!

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-111229_1447~001.jpg

なんか格好いい腐葉土が手に入ったので段ボール堆肥に取り組むことに。

腐葉土対籾殻くんたんは、3対2の割合で入れると良いそうですじゃ。

がんばりますじゃ。

スイッチ