Posts Tagged "考察"

HAPPYに関する考察。

王選手に一本足打法を教えた心身統一合氣道の創始者・
藤平光一氏が『氣の威力』(講談社+α文庫)で語っているんだけど、
氣が出ていると思っただけで、
氣というものは出るんだよね。
 
「氣を出すために、特別なことはしなくていい。
「氣が出る」と考えた瞬間、あなたから氣は出ている。
言葉をかえれば、
これは積極的に心を使うということである。
 
心が体を動かすのであるから、心ができると思えば、
そのとおり身体が動いて、
今までできなかったようなこともできるようになる
のである。」
 
今日は、ようやく『HUNTER×HUNTER』のキメラアント編を読み終え、
昨日の夜から蟻の王とコムギが一緒にいる未来を願い、
その願いが漫画の中で叶って、
ずっと号泣していた。。
 
死にかけていたコムギがよみがえり、
ようやく蟻の王がコムギと軍儀(漫画の中に登場する将棋のようなゲーム)を
差し始めてから、
コムギが蟻の王を「メルエム」と呼ぶまで、
ずっと号泣していた。
 
本当に読んでよかった。しあわせだと思った。
 
思えば、漫画を読んでる時はいつでも、私は本気で読むから
『タッチ』を読んでる時でさえ号泣してきた。
『うる星やつら』最終巻を、泣かずに読めたことはない。
 
こんなしあわせな人生って、あるものだろうか?
 
氣が、出ていると考えた瞬間に出るものならば、
しあわせも、「しあわせだ」と考えた瞬間に
「出る」ものなんじゃないだろうか。
 
藤平光一氏は、気が出ている状態を特別な状態ではなく、
当たり前の状態であると言う。
ただそう思った瞬間に、心の在りようが変わる。
 
思えばずっと、漫画を、本を読みながら、
ずっと本気でその物語の中に入り込み、涙を流し続けてきた。
私は本当にしあわせだなあと思う。そしてこのしあわせは、
世の中から本がなくならない限り、失われないものである。

 

 

たくみ君(7歳)のすごい考察。

 

息子の友達に「師匠って怒られることあるの?」
と聞かれ、
 
「あるよ~。ボンヤリしてる時とか、のんびりしてる時とか。
ボンヤリして学校行くの忘れるから。だけどこれは、
スイッチかあさんのボンヤリとのんびりが遺伝しているからなんだけどね……
 
「遺伝ってなあに?」
「遺伝はね、性質を受け継ぐことかな?」
 
そうしたら近所のたくみ君は、こんな風に言ったのでした。
 
「でも、それはスイッチかあさんのそういうところを神さまが残したかったから、なんじゃないの?」
 
って。
 
た……たくみ君!!
アンタ、アンタって……!
 
もう、子どもって本当にすごいよ。
 
 

守護霊に関する新しい考察

 

昨日、ふと青森県民だからイタコでも始めてみようかと思い、
それでも厳しい修行は厳しいのでどうにか
避けながら死んだ人の霊を呼び出す方法はないかと考え、
自分のエジプトカードで死んだおじいちゃんが何を言わんとしているのか
占ってみたんです。
 
これが、うまくいけば、
よその人の死んだおじいちゃんも呼び出せるかもしれない。
果たして。
私のおじいちゃんは今、私に何を望んでいるのだろうかと。
 
そう思って、エジプトカードを切ってみたんですね。
そうしたら、とてもきれいな
満足のいくカードが並んで、
改めておじいちゃんと私の関係は、良好だったんだなあと
思った次第です。
 
まず、この問題の本質の位置に
生命力・感動的な愛を表すアンク(十字架)のカードが出ました。
 
私のおじいちゃんは、私が生まれる一週間前に
脳卒中になって、私が物心ついた頃には既に
言語障害と指先のしびれ、車いすの状態だったのですけども
生まれた時からおじいちゃんがそうだと、
それがうちのおじいちゃんだという認識になりまして、
私とおじいちゃんは、恐らく、言語外のコミュニケーションを
私が生まれた時からとり続けていたのだと思います。
 
おじいちゃんがどんなに叫んでいる時でも、
私が行くとぴたりとやんでくれることが
よくありました。
何か通じ合っていたのだと思います。
 
そして次に、水のカードが出て
この問題は感情的なものを表すことと、
素直な気持ちでいれば状況が変化していくことを表していました。
私にとってはとても腑に落ちるカードです。
しかし、私が高校生の時に眠りについたおじいちゃんは、
今、私の守護霊になっているのでしょうか? それとももう
生まれ変わって新しい人生を生きているのでしょうか。
 
そう思っていたら、バステトという猫の守護神のカードが出ました。
このカードは、私の直感が今冴えていて
自分の直感に任せればうまくいくということを表します。
ということは、私の直感では今、
おじいちゃんは一緒にいるようでいて、いない。
いないようでいて、一緒にいるといった
感じなのですが。
 
これを私の直感で読み解いて良いとするならば、
おじいちゃんと私は、生前に大変仲が良かった。
その愛情を受けて、死んでからも心がおじいちゃんのことを考えると
元気が出るということは、
守護霊というものは、生前にその人から与えられた
パワーのことなのではないでしょうか。
 
それで、解決策・アドバイスを見ると
おじいちゃんが今、私に望んでいることがわかります。
おじいちゃんは、私に「焦らず、ゆっくり上っていけ」と
言っています。
プタハは大工さんのように、焦らずにレンガを一つ一つ
積み上げることの大事さを伝えています。
焦らず一つ一つ、上に、上に。
 
そして、最終結果には空気のカード。
空気は、変化を表しています。
私の人生に何か変化が訪れるか、
それとも。やっぱり私が感じているように
おじいちゃんは空気の中に微粒子として存在し、
そばにいるように感じるのか。
よくわかならいけど、
やっぱりおじいちゃんって、いいものだなあと
感じた一日でした。