Posts Tagged "記事"

noteで記事を書いて、義援金を送ろう!

西日本で被害にあった皆さんに、義援金だけでも送りたい。

でも私個人では、どうがんばっても一万円送るのが関の山です。

どうにか、自分でできることの枠を越えたい。

そんな時に思いついたんです。「そうや! ちょうど書いたばかりの小説、買ってもらってその売り上げを被災地に全フリしようやないか!!」

と。何故か関西弁で思い立ったのです。

明日公開の、『縄文人のオレが弥生人のアイツに土器土器するなんて』は、

恐らく私が世界で初めて書く、縄文人と弥生人のBL小説です。

「読んでるだけで縄文の知識が身に付き、しかも多少エロい。」

という境地を目指しました。

cakesクリエイターコンテストで佳作を頂いたエッセイ

『noteを始めた理由』は、この小説を書きたいという、情熱だけで構成されたものでしたが、

それを書いた5月31日から2か月以内で第3章まで書きあがったのは、

ひとえに、「発表する場」~note~があったからです。

でも、発表する段階になって、私は被災地のことがすごく気になって、

発表するのはやめようかとも思いました。

自粛しなければいけないんじゃないか? と思ったのです。

でも、でもです。

私は、何がしたいかっていうと、枠を超えたいのです。

お金がないから義援金を送らないんじゃなく、

ないお金を作って義援金を送りたい。

そして、自分の書く小説には、「意味がわからないけど元気になる」という

それぐらいの力は込められていると信じています。

実を言うと、私の処女単行本の表紙を手掛けて下さったのは

現代美術作家の奈良美智さんで、

本当にあの頃、私は26歳とかで、お金も力もなく、あるのはエネルギーだけで。それでも、私は奈良美智さんの世界とどこか、リンクできるところが

あると信じて、自分の処女単行本になる予定の原稿を、奈良美智さんに

直接届けに行ったんですね。

同郷であったことや、奈良さんの絵画展のボランティアで働いていたことを

覚えていてくれたのか、

奈良さんは、あの忙しかったであろう時期に、本の表紙を描いてくれました。

その時に奈良美智さんのファンサイトHAPPY HOUR のBBSで奈良さんが

私の書いた本に対して言ってくれたのが、

「なんだか知らんが、勇気が出る」

という言葉だったのです。

私は、気持ちだけだったら佐藤初女さんが言う「汲めども汲めども、尽きることのない心」のように、いくらでも湧いてくるのです。この義援金付きの小説を売ろう! と思った時に私は

ある程度の時間のかかる作業が発生するのを覚悟していました。

実は、自分でやっている本の販売サイトでは、

本の注文が入ると一冊一冊サインを入れて、ハガキにメッセージを書き、

梱包して、住所を書いて送っています。

私は不器用なので、本一冊を送るのに小一時間かかってしまいます。

しかし、

noteにはその発送作業がないのです……!

記事そのものを売るって、発送作業がいらないってことだったんだ……!

と驚きました。

1000円の本をnoteでクレジットで買っていただくと、手数料やプラットフォーム利用料を引いた、855円が被災地に届けられます。集まった売り上げはまとめて日本赤十字社から被災地へ送って頂きます。

その領収証を持ってプロジェクトのご報告に替えさせて頂きます。

note利用者の皆さんには、1人1人にお礼のメッセージを送らせて頂きます☆

小説を読んで、被災地を支援しよう。

この流れが、noteで流行ってくれますように☆(^▽^)/

2018年 7月21日 山田スイッチ

※義援金付き縄文小説『縄文人のオレが弥生人のアイツに土器土器するなんて』は、明日(2018年 7月22日 )午前10時発表です!

 

山田スイッチのnote 

エッセイの更新はこちらが早いです!

https://note.mu/yamadaswitch

 

ランディさんの記事

毎日新聞のウェブ版に、田口ランディさんのインタビュー記事が載っています。


あやふやな気持ちや、国に漂う雰囲気を

カシッと言葉にされると私はようやく足の踏ん張りどころを見つけて

がんばれるようになるので、ランディさんの記事は、色んな人に読んでもらいたいなあと

思ってます。


とくに、自分の親とどうしてもうまくいかない人に。

社会とどうしてもうまくいかない人に読んでもらいたい。


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091215dde012040005000c.html



引きこもりに関して、みんなよくわからない事象だからと

勝手な意見を勝手に面白く書く人もいるけど、

(例えば、引きこもりのいる家の前には、引きこもりのぼりを立てるといいとか、それで観光客を呼ぶとか。

そんな誰をも救えないことを書く人もいるには、いる。)



だけど、ぎょえええ!? となるような解決策は、

きちんと現象をよく見ている人にしか、導けないと思うんです。

よーく見ること、時間をかけて見ることが、大事なんです。

そうして出てくる答えっていうのが、面白い答えなんだと思う。



ランディさんのひきこもり解決策は、相当面白い。

というか、解決しないという選択肢もあるというか、そこの根っこは何かを知ることが必要だと思えてくる。


生きなおすのにもってこいの日/田口ランディ
¥1,365
Amazon.co.jp

※とりあえず、↑これを読んでもらえれば、ひきこもりという考えの壁を一つ越えられるかと。

 

津軽新報(10月24日)の記事に載りました!

$山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。
新聞紙上にシャーマニックという言葉が出るとは。
やりますよね……津軽新報さんは。

マペ太郎の熱はすっかり下がりました。
やっぱり突発性発疹でした。これで一安心です。

 

東奥日報10月10日の記事に載りました!

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-091010_1602~01.jpg

縄文で。見てね!