Posts Tagged "身体"

エコハンター第105回「もう、身体を冷やしてなるものか」

エコハンター第105回「もう身体を冷やしてなるものか」
 
昨年から頻尿の勉強をしていた私がたどり着いた幾つかの結論なのですが。
寒いと頻尿になりますよね!
 
冷えは万病の元とは聞きますが、夏の間は快調に過ごしていた私も寒くなった途端にトイレに行きがちになりました。
もう、身体を冷やしてなるものかと考えています。
男性の頻尿の場合は、ただの冷えよりも前立腺肥大の影響があるということがわかってきました。
膀胱のすぐ下にある前立腺という部分が肥大すると、尿道が圧迫されて尿意を感じるようになるのだそうです。
気になる方はお医者さんに行ってみましょう!
 
身体は温めていいことはあっても、冷やしていいことなんて何もないですよね。
若い頃はファッションのためにへそを出したり、足を出したりなんていうのは平気だったのですが。
今、そのような若い人を見ると「死ににいく気か!」と引き留めてあげたくなります。
網タイツなんてもっての他です。
タイツとして足を温める役割を果たしていないじゃないですか。
オシャレでしかも暖かくというのは大変、難しいことなのですが。
今年は寒さから身体を守ることを優先してあげたい。
そういうわけで、思い切って買ってみました。
ウォームイージースカート! 
 
これは裏側がフリースになっているスカートで、中綿が入ってポリエステルで風が通らないように工夫されたものなのですが。
ここ数年流行っている同じ構造のズボンのスカート版といった感じです。
私は寒がりなので、これを細身のズボンの上に巻き、更に靴下の上にレッグウォーマーを履いてみたところ…
泣くほど暖かいです!
 
暖パンは暖かいけどオシャレじゃないから家でしか履けない…そう思っていましたが、
スカートになるとややオシャレ度がアップします! 
裏地付きのウールのスカートがこれと同じくらい暖かくてオシャレで良いのですが、
何故だか最近きちんと裏の付いている服を見かけないのです。
私が安い服屋さんにばかり行くからなのでしょうか? 
 
家の中にいても家の外にいるような暖かい格好でいますと、暖房費が抑えられてエコですね。
後はショウガ入りの紅茶でも入れて、暖かく冬を過ごせればなあと願っているのです。

 

 

雪 雄子 舞踏ワークショップ「身体に還る日」


山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011



山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011  
撮影 手塚愛子 2011年8月 木崎湖畔にて


雪  雄子 舞踏ワークショップ
「身体に還る日」

 2011年11月16日(水曜日) 1:00pm~3:00pm頃迄。
 弘前市鳴海要記念陶房館         
料金 1500円(コーヒーのサービス付)
 2011年11月17日(木曜日)4:00pm~5:30pm
弘前大学理工学部4階8番教室 
  (見学等、自由 )

†その他のお知らせです。
 11月26日~都内経由にて、来春迄はこちらです。  
 長野県上水内郡小川村稲丘西丸山荘 〒381-3301  雪  雄子      
(番地はありません)宜しくお願い致します。
 

雪 雄子舞踏ワークシヨップ「身体に還る日」

雪 雄子舞踏ワークシヨップ「身体に還る日」

雨 を みている。太古から生成を養っている森と私の距離がなくなる、ー刻。 私という死んでいる生き物の記憶が蘇る日。
鳥 蛇 魚になったよ、お月さんー。
身体の記憶を通して新たに生まれて来る、身体の空間。その内部感覚と、外部感覚。 無限大の 「息」
無限の 「光」
と出会う、身体の現場へ。

-6月の予定-

・6月4日 (東京都内、代々木公園樹下にて。)

集合場所 (原宿駅表参道口、11時AM
      連絡先・マナべ08032507603)

開催時間 11~1時30分頃迄。

講習費 1500円

・6月7、8、14、15、21、22日 雪 雄子舞踏studio (毎週火曜、水曜1時30分~4時)

青森県平川市金屋中早稲田 バス停「金屋」徒歩5分

雪雄子 青森 0172 57 4228/080 6040 4320
 

・6月16日 水曜日 身体に還る日(青森県弘前市、鳴海要記念陶房館)

開催時間 1時30分~の予定

鳴海要記念陶房館 0172 82 2902

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子WS

 

身体に還る日 トークショー!

身体に還る日


雪雄子(舞踏家)×

山田スイッチ(コラムニスト)

トークショー


身体について、35年の舞踏生活で身体感覚を極めた舞踏家の雪雄子さんに、

コラムニストの山田スイッチが色々聞いてみます!



言葉によって変わる身体、身体によって変わる言葉。


忘れてしまった胎内記憶、 

身体を液体化させること。 

身体について、みんなでいろいろ考えてみましょう!


期日 2011年 2月5日(土曜日) PM1時~           

場所 上土手スクエア  入場無料 (申し込み不要)

駐車場 (最寄りの駐車場をご利用ください。)


上土手スクエア
 〒
036-8182 青森県弘前市土手町211-7 tel/fax 0172-36-3650 

        

☆☆☆出演者プロフィール☆☆☆

­­­­­雪雄子 舞踏家。東京都目黒生まれ。1970, 暗黒舞踏の創始者土方巽に出合う。1972, 大駱駝艦創成に紅一点として参加。1975, 北方舞踏派(山田一平主宰)と共に山形県出羽三山麓へ移住。1984, 土方巽演出、振付の「鷹ざしき」で女鷹を舞う。北国の生命力を現出する舞踏家として高い評価を受ける。1993, 秋、津軽へ移住。津軽に息づく原初そのものの命との出会いを創作の原点としている。2005ウィーン、パリ、ワルシャワで公演。2007, サンクトペテルブルのDANCEグループDELEBOと京都大学西部講堂にて共演 , LIB サンクトペテルブルグ・モスクワ公演プロジェクト「舞踏の源流から身体の未来へ」にて舞踏ソロを踊る。1700人の観衆から多数のアンコールを受ける 

2008年10月 三内丸山縄文大祭にて作家・田口ランディ氏、神楽太鼓奏者・石坂亥士氏とコラボレーション(青森県 三内丸山遺跡) 20108月 詩人・吉増剛造氏との詩と舞踏のコラボレーション「拈花瞬目」(長野県 湖畔の原始感覚美術展)



山田スイッチ


 山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。



コラムニスト。二児の母。2001年 weeklyぴあ紙にて、ぴあコラム大賞を受賞。著書に「しあわせスイッチ」「ブラジルスイッチ」(ぴあ出版)「しあわせ道場」「トーキョー放浪記」(光文社)等がある。

陸奥新報紙にて「山田スイッチの育児日記」、読売新聞青森版にて「THE・青森暮らし」雑誌 たまひよこっこクラブにて「山田スイッチの縄文式子育て」を連載中。

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

 

身体に還る日 雪雄子×山田スイッチ トークショー

身体に還る日 

雪雄子 × 山田スイッチ トークショー!!

2011年2月5日(土)

午後1時~

場所 上土手スクエア

入場無料


身体について、35年間の舞踏生活を通して身体感覚を極めた雪雄子さんに、

山田スイッチが色々聞いてみます!


私に手から気功を出す方法を教えてくれたのも雪雄子さん。

私の舞踏の師匠です。

身体って、こんなにふしぎなんだということ、

身体と言葉の不思議な連携。


言葉によって変わる身体、

身体によって変わる言葉。


忘れてしまった胎内記憶、

身体を液体化させること

自分の身体に聴いてみること、

自分の身体とうまく付き合っていくこと。


身体についていろいろ、みんなで

考えてみましょう!