Posts Tagged "雄子"

Yuki Yuko butoh performance Secret Radiance

雪雄子 舞踏公演「秘光」2018.6.8

慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎イベントテラス

Yuki Yuko butoh performance Secret Radiance

Keio Univesity (Hiyoshi) RAIOSHA

After a long interval, when I went out to play in the world of Yuko Yuki, a girl bobbed hair greeted me,

The girl grew, beautiful like a unicorn,

Standing naked at dusk while raising the pearl of light,

And I do not even know that it is a reality or a dream,

It will take me to the dreamy world,
that Nostalgic, sad, warm and painful.
Butoh dancer Yuko Yuko put us in her body expression
and we went to the world she has created.

Even though this world is not this world.
Yuki creates the world of fantasies.

久しぶりに、雪さんの世界に遊びに出かけるとおかっぱの少女が出迎えてくれて、

その少女が成長し、ユニコーンのように美しく、

光の珠を掲げながら夕暮れに裸で佇み、

そして現実のものとも夢のものともわからぬ、

分かちがたい世界に私たちを

連れて行ってくれる。

 

懐かしく、悲しく、温かく、切ない。
舞踏家・雪雄子は自らの身体表現で私たちを
彼女の生み出した世界に連れて行ってしまう。

 

この世なのに、この世じゃない。
幻想の世界に足元まで浸って。

 

「漆黒の闇から純白の光へ」(雪 雄子)と
BUTOHは彼女の身体を通って
書き換えられていくようだった。

 

雪雄子「生きることは踊ること」

http://blogs.yahoo.co.jp/narumikanametouboukan
今週土曜日、17日午後1時より
鳴海要記念陶房館にて、舞踏家・雪雄子さんとトークショー
「生きることは踊ること」を
行います!聞き手は山田スイッチ。
会費は1000円なり。
雪さんの踊りもあります。
 
舞踏を観ている時に起こる、変性意識体験について初めて語りたいと思いました。舞踏家は、観る人をその人の観ている世界へと連れて行くんですね。
大駱駝鑑の旗揚げから紅一点として踊り、土方巽の演出する『鷹ざしき』で女鷹を踊り、ロシアのバレエホールでは3千人の聴衆から5度のアンコールを受けた彼女が津軽に根を下ろし、もう10年以上になります。
 
踊ることによって見えてきたこと、BOROのように不思議な、儚さを纏ったドレスがどのようにして生まれるのか、聞いてみたいと思います。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/narumikanametouboukan
 

雪 雄子+山田スイッチ 舞踏 「さとこさぁ〜ん」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
撮影 片山康夫 会場 北常盤駅舎カフェ poppola 2013年10月26日
 
 

泣きすぎて 雪雄子さんの舞踏みて

泣きすぎて 頭がおかしく なっちゃった

 

今日ってなに?  あすって何? と、2歳の子

 

今日と明日 黒藍いろの 海のよに

 

ぼろぼろの 女と同じ 神さまが

 

下駄のおと めちゃくちゃに そう、めちゃくちゃに

 

桐丸と いう世界が そこにあったのです

 

泣きすぎて 頭がおかしく なっちゃった

 

 

雪 雄子 舞踏ワークショップ「身体に還る日」


山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011



山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011  
撮影 手塚愛子 2011年8月 木崎湖畔にて


雪  雄子 舞踏ワークショップ
「身体に還る日」

 2011年11月16日(水曜日) 1:00pm~3:00pm頃迄。
 弘前市鳴海要記念陶房館         
料金 1500円(コーヒーのサービス付)
 2011年11月17日(木曜日)4:00pm~5:30pm
弘前大学理工学部4階8番教室 
  (見学等、自由 )

†その他のお知らせです。
 11月26日~都内経由にて、来春迄はこちらです。  
 長野県上水内郡小川村稲丘西丸山荘 〒381-3301  雪  雄子      
(番地はありません)宜しくお願い致します。