エコハンター第3回 「シソモーニ」

エコハンター第3回 「シソモーニ」 

 

エコハンターであるスイッチ家の畑には、

夏から秋にかけてシソの葉がぐいぐい伸びてきます。

シソが増えすぎて料理が間に合わないくらいに生えてくるものですから、

今年はシソを使ってシソジュースを作ることにしました!

 

大量のシソを処分…というか利用するためにも、ジュースというより濃縮シロップ。

シソシロップを作って水で薄めて子供達に飲ませたところ、なんとこれが大好評!

「シソジュース飲む~シソジュース~!」と、

ありがたいことに畑に無尽蔵に生えていた草が、ジュースに生まれ変わったわけです。

しかも自宅で作っているから化学調味料無添加だし、

お店にジュースを買いに行く手間も減りました。

 

私の作るシソジュースは、超・濃縮タイプで水で薄めないと飲めないくらい甘く作るのですが。

甘さが強い分、日持ちが効くのが特徴です。(保存は冷蔵庫へどうぞ)

作り方は大量に取ったシソの葉を洗い、大鍋にお湯を5センチぐらい張り、

どんどんシソを投入していきます。シソから色が出たら鍋から取り出し、

新たなシソを投入してどんどん濃いシソ汁を作っていきます。

 

そして、できたシソ汁にきび砂糖(好みで白砂糖やキシリトールでも可)を

お湯の半量ぐらい加え、塩をひとつまみ入れ、最後にレモン汁を加えます。

うちではできあがり2リットルに対してきび砂糖960グラム、レモン汁120CCを投入しました。

 

こうしてできたシソシロップを水で薄めて飲んでもらい、

「おいしー!」と言われると感激してしまいます。

シソシロップは4~5倍に薄めて飲みます。

シロップ大さじ1で約7グラムの砂糖を取るので、

シロップ一杯で5グラムのペットシュガー1本半と覚えておけば、

砂糖の取りすぎ注意にもなります。

 

氷を入れたグラスにシソシロップ大さじ1、グレープフルーツジュース30CCを混ぜ、

トニックウォーターを加えると…なんと。

スプモーニというカクテルに似た味わいのノンアルコールドリンク、シソモーニになります。

ぜひ一度お試しください!

 

畑に大量に育つシソ。からからに干してつぶせば今度はシソ茶になるそうです。

次回は野草茶の作り方をお届けします!

 

<エコハンター第2回「ひょっとして何かの燃料になり得るのではないか…?」>

<エコハンター第4回 「雑草をたべる」へ>

 

ほかの回のエコハンターはこちら! 

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

返信数:1

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. yamadaswitch より:

    今考えたら濃縮シロップを
    2リットルも作るなんて……ちょっとあり得ないですね。

    あの、できれば300CCぐらいに換算して
    トライしてみてください。

    うちみたいにシソが無限に生えてて困っている方は
    そうそういらっしゃらないと思いますので。