エコハンター第70回「大いなる豆」

 

エコハンター第70回「大いなる豆」

 

昨年買った青森県産大豆が、1年経っても 変わりなく、水に浸けて蒸し上げたら美味し く頂けました!

大豆ほど優秀な保存食はな いと思うのです。 

そんなわけで本日は、保存に便利な乾燥大 豆の蒸し方です!

 

豆は生のままで食べると嘔吐、下痢等の消化器症状を起こすことが知られています。 

炒り豆にする時は中まで火が通るように、充分に気をつける必要があります。

しかし、 一晩水に浸けて茹でたり蒸したりすれば、豆 の毒(レクチン)に当たる心配はありません。

「ええ〜、水に浸けたり蒸したりするのってなんだか面倒くさそう〜!」

そう思われるかもしれませんが、豆を水に浸けるだけですから、

豆を適当にボウルに入 れて、ザーッと2〜3倍の水を入れて8時間 放って置くだけです。

何の手間もありません。

 

更に、圧力鍋で蒸し上げれば、時間はたったの30分ほどで蒸し上がっちゃうのです!

圧力鍋で豆を蒸す方法は、まず圧力鍋に3センチくらいお湯を張って、

真ん中にお湯を入れた中ぐらいの小鉢を入れます。

小鉢のお湯は重しにするためです。

小鉢の上にザルを載せ、その上に水を吸って膨れあがった大豆さん達を並べ、蓋をして強火にかけます。

圧力鍋で蒸す専用のすのこがある方は、す のこの上に豆を並べたザルを載せて下さい。

ザルがあると取り出す時に便利です。

圧力がかかって蒸気がシューシューと言い出したら弱火で15分加熱します。

15分経ったら火を消して、後は圧力鍋の圧が下がるまで放置します。

30分してシューともなんとも言わなくなっ たら蓋を開けてみますと…

おお、蒸し大豆 が出来上がっているじゃないですか!

蒸したての大豆に塩を振って食べると、ポ クポクとしてふっくら美味しい味わいに!

やっぱり作りたては味が違いますね。

子供 のおやつにもぴったりです。

ホットケーキに 混ぜて豆ケーキにしても美味しく頂けます。

 

圧力鍋で茹でるとアクや豆の皮で圧力弁が 詰まるというお話を聞いたので、

本日は蒸す 方法をご紹介させて頂きました。

蒸し器の場 合は30分〜40分蒸して豆の堅さをみて下さい。

おいしい蒸し豆、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

<エコハンター第69回「一度でいいから大豆で豆まきしてみたい」へ>

<エコハンター第71回「オリーブオイルはすごいやつ」>

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

返信数:3

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. おふく より:

    大いなる豆!
    地元秋田の県民歌は大いなる秋田ですね( ̄▽ ̄)

    うちに保存してある、大豆ちゃんも
    蒸したら娘っこパクパク食べそう!
    さっそく今晩やってみるかな( ´ ▽ ` )

  2. 山田スイッチ より:

    ぜひとも~!

    おお、秋田の県民歌がそうだったなんて
    知りませんでした!秋田出身なのに……!
    秋田って聞くといぶりがっこ(漬け物)食べたくなるなあ……。

  3. おふく より:

    うちのばーさんのいぶりがっこ、
    今度送ります( ´ ▽ ` )
    あ!アサガオの種と交換なんて
    いかがですか?