香川大介くんの新潟制作。

沖縄の石垣島から、北海道の宗谷岬まで

 
2年半をかけて絵を描きながら歩いてきた絵師の香川大介くんが
 
今、新潟県新潟市の新通保育園で滞在制作を行っています。
 
大ちゃんは、静かで、元気で、変わってて、すごくいいヤツです。
 
あと、ちょっぴり男前です。ちょっぴりね。かっこええねん。
 
うちに泊まりに来てくれたからため口きいてるけど、
 
大ちゃんはものすごい天才絵師なのです。
 
 
 
そんな大ちゃんが水と土の芸術祭に呼ばれ、新通保育園の広い敷地に風の森を作っています。
 
幾何学堂の小坂憲正さんを講師に招いて、水車作り、ビオトープ作り、
 
廃樽を使ったサポニウス風車作り、廃材を使った遊具にエトセトラ!
 
まるで「グスコーブドリの伝記」に出てくるクーボー博士が作りそうな
 
不思議なものたちを現実に召還していきます。
 
アーティストは、夢を現実に召還する人だと思うんです。
 
こうだったらいいなを、この世に出現させる人。
 
 
お近くにお住まいの方、ぜひ遊びに行って大ちゃんにお声をかけてみてくださいね。
 
滞在制作の詳しくは、こちらのブログからご覧いただけます。
 
 
水と土の芸術祭 風の森プロジェクト
 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 境航 より:

    長野の帰りに水と土の芸術祭のポスター見て気になってました。
    面白そうだな、と。
    新潟はちょっと寄っただけですが、あれは詳しくまさぐれば、
    めごい土地だと思います。

    佐渡ヶ島行きたい。

  2. yamadaswitch より:

    おおー、確かに新潟は、
    めごいところだよ~!

    火焔式土器も出てるしね!

    スイッチ(^-^)p