自分を呪わないために。

占い師としてイベントに呼ばれると、たくさんの人を占うのですが。


人が、「落ち着いている状態」を持っているのを見ると、本当に心から、ホッとするんです。





そういう人は、なんていうか


中心を持っているように見える。


若いとか、年をとっているとかの年齢は関係なく、


ストンとしている人。





そういう人を見ると、落ち着きますね。


そのように、ストンと落ち着くためには、


一体何が必要なのかというと、


自分で自分を愛することが、大切なんじゃないかなあって


思うんです。





間違っちゃいけないのが、この「自分を愛する」というのを


自己愛と混同しないことです。


きちんと、自分で自分を愛することができれば、


人に認めてもらわなくても済む。





「こんなにがんばっているのに、どうしてわかってくれないの?」


「どんなにがんばっても、全然うまくいかない」


というループに入ると、やっぱり辛くてフラフラしちゃうじゃないですか。





そういう時に、占いでその状態を言語化すると、


だいたいの人は落ち着きます。


今、どういう状態で、何をするべきなのか。


エジプトカードはずいぶんと、明確に答えてくれます。


「待ってみて」とか「過去は燃やして」とか、「水のように素直になって」とか


「今は黙って見ていて」とか「うまくいくからガンガン行って」とか「年上の人尊敬して」「頭使ってみて」とか……。


ずいぶん、細かく言ってくるんです。





だいたいの人は、階段を登っている途中にひどく不安になるんです。





2階に着くなり、踊り場に出れば


「ああ、今まで階段を登ってきていたんだ、やっと辿り着いたんだ」


と実感できるのですが、


そうそう踊り場や2階、3階が明確にわかる階段があるわけじゃないので、


登っている途中にどこか、「がんばってもうまくいかない」という、


変な暗示を自分にかけちゃう人がいると思うんです。





そういう時は、ものの見方をガクッと変えてしまえばいいんです。


事象から目を逸らすんじゃないけど、


見方を大きく変える。


ものすごくこだわっている部分を捨ててみるとか。


がんばってもうまくいかない時にこそ、「ずいぶんがんばって、うまくいってる」と


気づいてみせるとか。





がんばってもうまくいってないと言ってる割に、


命があって今日もきちんと生き延びてるよなあ……と


評価してみるとか。


そういうことをしてみると、褒められた自分はもっと


伸び伸びと生きれるようになって、落ち着いてくるんです。

 

☆つづきは田口ランディさんのコミュニティサイト

chita-grandy の山田スイッチの「オロオロする機能」にて!☆

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 栗奈 より:

     ゆきのまち、最後で落ちてしまってションボリしていたんですが、元気が出ました。そう、階段はコツコツ自分のペースで登ればいいですね。

     30日は、ワークショップの抽選になぜか当たったので、文化祭会場にはちょこっとしかいられないのですが、お目にかかるのを楽しみにしています。

  2. yamadaswitch より:

    栗奈さん、ありがとう!

    ポイントは、「実は登っている」ということなんです。
    魂のレベルで見ると、どんな事象も実は、
    登っている途中だと、私は感じるんですね。
    自分の中から何か出てきた、というだけで
    すごく新しいことが始まっているし、
    その世界は栗奈さんをずっと助けてくれると思う。

    30日、会えるのを楽しみにしています☆
    ドリンク代が500円かかるので、
    占い代金を500円引きしますね。(^O^)

    スイッチより☆