魔法の百均 第17回「グリーンのある生活」

 
魔法の百均 第17回「グリーンのある生活」
 
百均で観葉植物が売っているって、皆さんご存知でしたか?今年の夏はぜひとも、百均アイテムでお部屋にグリーンを飾ってみましょう!
さて。
わが家にはベンジャミンやカネノナルキにサボテンという、少々水やりを忘れても無事に育ってくれる植物を育てているのですが。
緑があるっていいものですよね。
特にこの季節は若葉がライトグリーンに輝いているので、見ていて大変和むんです。
 
百均に出かけると、一昔前まではお値段がけっこうしたハート型の葉をつけるハートホヤ(別名・ラブハート)がなんと、108円で売っているのに驚きました。
 
ハートホヤの育て方は、鉢の土が乾いてから鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。
ベンジャミンの水やりの仕方も同じなので、乾燥に強い植木はずぼらな私にはぴったりです。
 
肥料が基本的に不要ということころも、ずぼらさんが始める観葉植物には向いてますね。
「ハッ」と思い出した時にお水をたっぷりあげればいいんですから。
 
そして鉢に対して株が大きく成長しすぎたら、土を取り替えて、鉢のサイズを一回り大きくしてあげましょう。
 
鉢の植え替えに適した時期は5月中旬から9月中旬までです。
 
植え替えで一番重要なのはこの次期を守ることで、それ以外の時期に植え替えると観葉植物は弱ってしまい、枯れることもあるそうです。
 
植え替え時に百均の園芸コーナーに行くと、鉢受けの大きいサイズが108円で売っているので嬉しいです。
植木が成長すると、それに合う鉢と鉢受けを買うのにけっこうお金がかかりますから。
 
ところで、百均の園芸コーナーは意外なほどに充実していまして。
移植ベラがあるのはもちろんのこと、土まで売っているんですよ。
 
観葉植物の土や草花の肥料、「花の土」など。
用途別に販売されているので便利です。
 
しかも108円分で売っているので、小さくて持ち歩きやすいというメリットもあります。
お買い物ついでに土が買えるのがいいですね。
 
観葉植物は育てたいけど、なんとなく面倒で気が引けるという人にお勧めなのが、スーパーの野菜コーナーで売っている三つ葉の根っこをコップや瓶で育てること。
 
水だけでどんどん芽を出してくれますし、育てているうちに生長して1ミリくらいの小さな花も付けてくれるので、楽しいのです。
2ヶ月も経つと、だんだん葉っぱの色が薄くなってくるのでそうなったら植え替え時です。
 
鉢植えに植え替えてあげると、土から栄養を吸って、どんどん葉っぱが緑になってきます。
ただし、三つ葉は鉢植えにしたら、水やりを忘れないようご注意下さい。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※