Archive for 12月 20th, 2012

エコハンター第61回 「看護師さん達が私を叱りながらおっぱいを絞ってくれました。」

エコハンター第61回 「看護師さん達が私を叱りながらおっぱいを絞ってくれました。」

 

あれは、マペ次郎を産んで間もなくのことでした。

その日、私は産後初めてのバターをたっぷり使ったビスケット作りにチャレンジしていました…。

オーブンではビスケットがふっくら焼けて、

焼きたてにたっぷりのメープルシロップをかけて食べると至福の味わいでした。

その、数十分後。

私は39度の高熱を出し、おっぱいがカチカチに腫れて頭痛がし、

胸に刺すような痛みを感じたのです。

 

その痛みの正体は…乳腺炎

2度目の出産後になぜか私は倒れるほどの乳腺炎を3度もやってしまい、

何かのたたりじゃないか?と心配するぐらいの頭痛と高熱に苦しんでいたのでした。

ひどい乳腺炎になったら、産婦人科に駆け込むより他はありません。

産婦人科の看護師さん達が私を叱りながらおっぱいを絞ってくれました。

「あら~、あなたバカねえ!バターたっぷりのお菓子にシロップまでかけて!

えっ?途中でスポーツドリンク買って飲んだ?そういう時はお茶にしなさい、お茶に!」 と…。

ようは、大量のバターとシロップ、スポーツドリンクの糖分を摂ったことによって、

乳腺が詰まってしまったんですね。

 

授乳中は食事に気をつけるようにと聞きますけども、

まさか手作りビスケットを食べたぐらいでこんな目に遭うとは思いもしませんでした。

しかし、ビスケットと言えばバターです。

目の前にバター60グラムをそのまま出されても食べようなんて気持ちにはならないのですが、

お菓子の形になってしまうと私はいくらでも食べれちゃうんですね。

今思えば、食べる量を減らすか、バターのいらないビスコッティを作ればよかったんです。

乳腺炎の治療は、とにかくおっぱいを冷やして絞り出すことです。

 

悪いおっぱいを絞り出してしまうと、冗談のように熱が下がり、頭痛も治り、回復します。

母乳って白いから気付かないけども、母親の体内を巡る血液がおっぱいで白く変換されて出ているんですね。

母親が食べたものが吸収されて分泌されるのですから、授乳中は赤ちゃんに食べさせたいもの、

油分を抑えた和風の食事にすると、赤ちゃんも喜ぶんだろうな…と、

出産後何年も経ってから気付いた次第です。とほほ…。

 

 

<エコハンター第60回 「わ、自分がくせじゃ・・・」へ>

<エコハンター第62回 「お米、よく噛んでますか?」へ>

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

揚げないエビフライなう

油はエキストラバージンのオリーブオイルを「3ミリくらい引きました。焼きエビフライなり。
 

 

ギャラリーか。

家の中がだんだん、子ども達の絵のギャラリーになってきました。写真は師匠の紙はんがです。和みます〜。

 

2013個のおっぱい企画

たたた、大変だ大変だ!

ど、どうしたハチ!?

め……メグウィンのダンナが、青森に来るって噂ですぜ!!

何ぃ!? メグウィンってあの今をときめくMEGWIN TVのMegwinのダンナかあっっ!?

 

「なんでも、2013個のおっぱいがどーたらって言ってましたぜ!?」

何ぃ!? 2013個ぉ!? か……数が合わねえじゃねえか!!」

「と……とにかく、2012年12月25日午前九時半にクリスマスイブもさっぱりだった

だんなとギャルは青森駅前のわ・らっせ横に行くしかねえですぜ!

もちろんあのスイッチ野郎も行くって言ってましたぜ! 子どもを連れて!」

「そうか……とりあえずは応募規定だな!」

「それなら動画でやってまさあ!」

 


詳しくはMegwin TV の公式サイトをご参照ください!!

山田スイッチ☆