Archive for 8月, 2015

世界をつくるということ

昨日、青森県立美術館で開かれた国際パフォーマンス・スタディーズ学会2015東北大会
『けがれを超えて パフォーマンスと東北(身体・霊性・巡礼)』があり、パフォーマンスを観てきた。
 
点滅、工藤丈輝、雪 雄子の3人の舞踏家が踊った。
激しく、模索するような力強い踊りを踊る若い舞踏家の後で雪さんが踊られたから、
いかに、雪さんの舞踏がうまいかがわかってしまった。
 
点滅さんも、工藤さんも、相当な鍛錬をしていて、すごくうまかったし、自分の身体を使って、本当に全力で、探っていた。
この世の仕組みや、向こう側の世界や、身体の成り立ちというものを。
人から、人でないものになるということや体一つで、
どこまで探ることができるかということを、やっておられたと思う。
 
だけど、雪さんの舞踏は、その探して探して、身体をめちゃくちゃに傷めつけた後にたどり着いた……心やすらぐ世界だった。
8月の蝉の残響、蝉の魂のように透明な雪さんがそこにいた。
 
胎児のような、蝉の幼虫のような。そのようにあるだけで、全てを表現できる人はめったに現れない。
指先が空気中の分子を震わすように細かく、見えないくらい細かく震えている。
八分の一ではなく、十六分の一でもなく、128分の1くらいの細かな震えが、
ライトを受けて美しくその空間を作っている。
 
舞踏は、立ち上がる時が一番難しい。
 
そこに、どれぐらいの年月をかけてこられたのかがわかるような、
すっと、赤ん坊が初めて立つ時に見せたような仕草で立つまでの動作が、まるで一本の映画を観ているようだった。
 
重なっていく音楽、生まれる前の世界の穴から響いてくる太鼓の音と、
蝉の声、様々な音が混じりあい、世界が混じりあい、創りだした一つの場所へと導かれていく。
 西洋の歌声が響く中、スーッと生まれて、立つまでの間を観ているだけで、生と死の間にあるような。
そこは、神さまの庭のように静かで、とても静かで、静かな愛に満ちている。
 
そんな世界の存在を感じさせる舞踏。
 
こんなものを、踊れる人を私は他に知らない。
 
暗転とともに、おかっぱ頭の少女姿になった雪さんが現れた。曲は、土方巽が疱瘡譚で使っていたあの曲だ。
 少女は、ただ、少女のままそこに在る。
 赤い下駄が嬉しくて、履いては脱いで、しゃがんだまま頭上に掲げて、踊っている。
 
 
観ている人たちから、何故かホロホロと涙がこぼれているのがわかった。
何故、懐かしいと感じるのか。
 
 舞踏は、踊り手の感じている世界がそのままに伝わるから、その人が宇宙を感じていれば、
宇宙が感じられるし、その人が小さな頃の世界にいれば、
観ている私達までもその幼少期に連れて行かれるのである。小さくも、柔らかい、神さまの庭のような世界。
 
小さな女の子が赤い下駄を履いて、自由にこころが空までも駆けていくのを感じる。
女の子がすもうを取った時に、会場からは笑いがこぼれた。
 
 舞踏で、人を笑わせることができるのは、雪 雄子の天性の才能なのではないだろうか。
本気の舞踏の人ほど、厳しいものを見せようとするし、雪さんもかつてはそうであったのだろう。
だけど、それを超えた場所では、ただひたすらに安らぎに満ちた、懐かしい場所で踊る雪 雄子がいて、
まるで光の世界に溶けていきそうに
 
見えたのだ。  (山田スイッチ)
 
 
 
 
※9月13日(日) 午後二時(開場午後一時半)より、
鳴海要記念陶房館にて、雪 雄子さんの舞踏と神楽太鼓奏者の
石坂亥士さんによる舞台『響 軌跡』があります。
チケット(要予約) 2500円
ご興味のある方はぜひ、足をお運び下さい。
 
 
 鳴海要記念陶房館 弘前市賀田大浦1-2(旧岩木町) 
 電話 0172822902 
 
 

そういえばTwitter始めてました☆

うっかりしていたんですが、

Twitterを始めて1年くらい経ちます

Twitterを書いているのは、我が社の新入社員、ドグ子さんです。

ドグ子のTwitter https://twitter.com/doguco

最近は、ここのブログもドグ子さんが書いてくれているんですが。(笑)

 

なかなか使える土偶ちゃんなんですよ。

今年も土偶のゆるキャラ総選挙に出るようですから、

応援してあげてください。(^O^)p

 

今年は10月から、日本農業新聞にて

田口ランディさんの連載エッセイにイラストを描かせて頂きます☆☆☆

おお……!

ただのファンからイラストでお仕事をご一緒できるところにまで、

なんか、登りつめましたね!(←先日、田口ランディさんと「登りつめたよね~!」って語ってました。笑)

 

やっぱり、ずっと迷ってた20代に田口ランディさんの本に出会い、

迷いながらも私は聖書のようにランディさんの言葉を頼りに生きてきたわけで。

ちょっとずつ、自分を褒めるのがうまくなってきたんじゃないかと

思うんです。

まる。

 

感情を使いこなす。

感情って、操作できないものだと思うじゃないドグか。

 

そんなの操作できたらロボ人間だって思うじゃない?

 

でも、操作はできなくても

こうすれば少しは抑えることはできるって昔、ランディさんに聞いたんだよね☆

 

悲しいことが起こった時に、

ただ悲しむこと。

頭に来た時に、ただその怒りを感じること。

うれしい時に、うれしいと思うこと。

 

そして、好ましくない感情に支配された時は、

 

頭の中で繰り返さないのが大事です。

 

楽しいことを何度も考えるよりも

痛かったことを何度も考えちゃうのは、

痛いことを考える方がそれを次回避けるために必要で、

そうじゃないとその個体が早く死んじゃうからなんDAYONE!

 

サルだった時代に、

崖から落ちた時によく学習したサルと、

崖から落ちても気にしなかったサルとでは

その後の子孫の残し方が違ったんだよ~☆

 

だから、頭に来ていたり悲しかったりした時は、

 

「ひょっとして私、繰り返し考えてんじゃね? 学習しまくってんじゃね??」

 

って一度自分を確認しましょう。

こういうのをランディさんは「悲しみ温泉に浸かる」

表現されるし、

 

ドグ子は「スナック怒りに入り浸る」と言ったりします。

頭で繰り返すのをやめて未来の計画を立てると

案外早めに悲しみから抜け出せるんだドグ~!

 

 

「スナック怒り」は、実は座っただけで5千円取られるから、

 

早めに帰って、お母さんのごはん食べようNE☆

 

法則型の服選び☆

どうも。ガチのユニクロユーザー、ドグ子です☆

先日、ポルポル大魔王様の服を選びに

ファッションセンターしまむらに連れて行ったのですが。

(ユニクロには絶対魔界の服が売っていないと感じたので)



ポルポル様と「悪魔っぽい服」について

語り合いましたね……。



「第一、悪魔っぽさって一体何なんですか!」

「いや……前の服は友だちにもらったんだが、北海道で

落としてしまったのだ」


「エエっ!? アレってネタじゃなかったんですか!」

「みんなにネタでしょ? って言われるけどネタじゃないのだ!

北海道でリヤカーで日本一周している人に会ったことよりショックだったのだ……」




「うむむ。でも、ポルポル様の言う悪魔っぽい服って多分、

コムデギャルソンとかヨージ・ヤマモトにはないと

思うんですよ。あるとしたら……しまむらですね」

「しまむらか!」

中二テイストを出してくるとしたら、がぜんしまむらですよ。

ポルポル様、ガチのしまら~ってことで服、見に行きましょう!」



そんなわけで弘前のファッションセンターしまむらに出かけて5分。

ポルポル様の服が見つかった……!!


探し始めて5分のことだった。



「ポルポル様、コレMr.アウトサイダーって書いてありますよ!」

「ウム。試着してみるのだ……!」

「ふおお! 上下セット2980円なのに、完全に求めているものと一緒!」

「うおお! 魔力が回復してきたのだ……!!」

 



そんな悪魔っぽさで服を選ぶポルポル様、着心地を再優先する

私と違ってなんか理想型っぽいと思ったのですが、

ポルポル様の旅で持って歩いている服は上下で5枚。

(しかもTシャツはビリッビリに破けている……)

恐らく、着倒して着心地を良くするタイプなのでしょう。



今日辺り、盛岡市を征服してわんこそばを

10058杯食べる予定のポルポル様。


街で見かけたら、お声をかけて下さいNE☆



※写真に魔族の子どもが映ってますね。おかしい……撮った時は

いなかったのに……。




ドグドグ~!

 

眼で決まる。

一ヶ月間、北海道という野生の大地で

自転車を1600キロもこいできたポルポル様が、



6月に会った時とあきらかに目が違っていたんだドグ……!



「や、野生の目をしているドグね……。6月のポルポル様と違うドグ」



と言うと、ポルポル様。



「北海道あるあるですね!」



いや、ないない。そんなの聞いたことナイナイ!



眼って、すごく大事なんだドグ。



大体のことは、眼で決めていいと思っているドグ。



例えば、自分にとって迷うような案件がある時、

ドグ子は必ず洗面台の鏡で自分の目を見るドグ。




その目が曇っていたら今は良くない状態だし、

目が澄んでいたらそのまま行っていいっていう状態なんだドグ!



目が澄んでいる人、

それを超えてタイガー・アイのような宝石の目になっている人

(北海道のシャーマン、アシリ・レラさんの目)、



目が死んでる人(たまにいる)

目が生きてる人(生きてるYONE!)



極道の目になっている人……。(佐藤初女さんの目。何かを極める人は、極道のように冷たく光る目になるドグ☆)







いろいろいるけど、



目は、状態を表すのであって、

今、目が死んでるからといって

ずっと死んでるかというと、



そうではないんだドグ。



まんしゅうきつこさんもアルコール中毒で自分の目が死んでることを

マンガにされていたけど、

弟さんに「なんて目をしているんだ……」と、

ネタにされていたのが印象的だったドグ。

アル中ワンダーランド



岡田斗司夫さんは……笑ってるから目が見えないドグYO!

 



でもきっと、あの笑顔の下は極道の目をしているんじゃないかと



ドグ子は予想しているドグ!



ドグドグ~!