検索結果 "アート"

動画で見る田舎館村SW田んぼアート!

田舎館村の田んぼアートに
ポルポル大魔王様をお連れしました!!

 

ポルポル様に、塗ってはがせるフェイスプリントを
試してもらったところ、
お顔がいつもより怖目になっていますがお気になさらずに!!
それにしても、土偶のいうことなんて信じるもんじゃないですね。

 

「きっとすぐにはがせて便利だから、使ってみてドグ~!」

って、ドグ子的にはルパンの変装みたいに
うまくいく予定だったのですが……。

 

何はともあれ、動くポルポル様とスターウ

ォーズ田んぼアートをご堪能ください! 30秒です。

http://www.youtube.com/watch?v=eAGIhJJXkYw&feature=youtu.be

 

 

田んぼアートに天皇陛下が!

田舎館村の田んぼアート見て来ました!
明日は天皇陛下がいらっしゃるので、一般公開が中止。うちの保育園のボンズ達がお出迎えに行くそうです。(旗振りか!?)

黒石の国道102号線は一時、交通規制が入るそうです。天皇陛下来ると、テンション上がるよね〜。

田んぼアートパフェは、りんごゼリーとバニラアイス、角切りりんごのソースで田んぼアートが印刷された食べれるチョコクッキーがついてきます。

やれることは全てやり切った感があるパフェでした。

こちらは第二会場の道の駅いなかだて 弥生の里 です。

マスオさんが入りきらず、犠牲に……。

マスオさんです。今度はサザエさんが……。

田んぼアート第二会場の大きさは一町歩。思ったよりも壮大です。

天皇陛下がご覧になる予定の田んぼアート第一会場。田舎館役場の上から見ると

とてもきれいです。今年のテーマは富士山と羽衣伝説。富士山、撮り忘れた……。

農協女性部による田植えの風景。人力で田植えしてます。

そしてこちらが田んぼアートパフェ!

美味しかったです。

ゼリーが少し凍っててまたうまいの。

田んぼアートの印刷されたチョコクッキーも食べられるのに感動☆です。

ぜひご賞味ください!

 

アートパフォーマンス「白・交響 ―声と舞踏」

青森県開催のアート・パフォーマンスに、ロシア文学研究者の工藤正廣先生、詩人の新井高子さん、船越素子さん、津軽三味線奏者の小山内薫さん、舞踏家の雪 雄子さんが出演します。開催場所は北常盤駅舎カフェぽっぽらです。冬の寒さを吹き飛ばす、声と舞踏の空間でありますように。

 

※ 駅舎カフェぽっぽらは2014年3月で営業を終了致しました ※

アートパフォーマンス「白・交響 ――声と舞踏」
出演: 工藤正廣、船越素子、雪雄子、小山内薫、新井高子
日時: 2014年2月15日(土) 14:00〜16:30
会場: 駅舎Café ・ぽっぽら(青森県南津軽郡藤崎町常磐二西田39-12 TEL 0172-65-2338)
入場料: 2000円
主催: B&B
予約: ぽっぽら
電子メール
電話 0172-65-2338

 

デザイン 葛西晋也

 

田舎館村 田んぼアート2013 第2会場

田んぼアートを観に行ってきました!

わが家から車で10分の距離に、道の駅いなかだてと

田んぼアートの第2会場があります。

今年はうっかり、友人のアップしてくれた画像で満足していたのですが、

ふと、「実際に観たらどんな感じなんだろう……?」と思って

出かけてみると……

でっかい!!思ったよりずっとでっかい!!

そして広大!!

バルタン星人にピグモンもいる!! なんかめっちゃ可愛い!!

田植えした稲で表現しているというのが、風が吹いてザザーッと稲穂が揺れるとわかるのです。

これは、写真で見ただけじゃわからないアートだし、人力という迫力があります!

わあ~~~~! なんか、壮大だわ~~~~!

公開は2013年10月14日まで!(9月29日はお休み)

 

さて、田んぼアートの第2会場がある道の駅いなかだては、

やたらと流行っている産直なのですが。

その裏に弥生時代の遺跡があることを皆さん、ご存知でしょうか?

ここに来るとついでに弥生人の田植えの足跡が観られるんですよ~!

私も今回、初めて見ました!

てっきり遺跡は「喫茶 垂柳」の辺りにあるんだと思っていたから。

遺跡、道の駅の真裏なんだよね。田舎館村文化財埋蔵センターというところです!

入場料100円で入れるので、弥生時代の大地を観に、ぜひ一度訪れてみてください。

学芸員さんがやたらと親切で、すっごい好感の持てるところでした!

 

触らせてくれる弥生式土器もあって、自由度の高い展示でした!

珍しい蓋付きの土器も多数展示されていて、蓋がある辺り、縄文時代からの進化が伺えます。

あと、弥生時代には土偶がほとんど出土しないって聞いていたんだけど、

それはきっと、銅鐸の方が流行ったからじゃないかな?

あと縄目文様のある土器も弥生時代にあるのに驚きました。縄文とのはっきりとした分かれ目はそんなにないんだ! と。

お土産に古代米を買いました。

また遊びに行きたいです!

 

 

 

エコハンター第67回「奇跡のテキスタイルアート」

エコハンター第67回「奇跡のテキスタイルアート」

 

良い物を長く使いたい…

エコを志す者であれば、誰もがこの思いを抱くことでしょう。  

そのためには物の状態を良く保つために、

メンテナンス(お手入れ)してあげることが大切ですよね。

 

先日、青森県立郷土館で民俗学研究家の田中忠三郎さん

何十年もかけて集めたこぎん刺しの着物や、

農作業着や前掛けに施された美しい南部菱刺しの数々を見てきました。

 

刺し子をして美しい文様で飾るとともに補強をし、保温性を高める時、

その着物を作った人は一つ一つ針を刺す時にきっと、癒されていたのではないか?

と思いました。

そしてその細かく刺し子を施された着物は、とても大切に扱われたのだと思います。

穴が空いたら当て布を当てて補強し、運針によって布を強くするように。

物を大切にすることは、

自分の心を小さな作業によって強く、大切にすることだと思います。  

大切な服に穴が空いてしまうのは悲しいことですが、

その服を大切に繕っている時に感じる喜びは、何物にも代え難いことです。

 

田中忠三郎さんが集めた青森県の「ぼろ」という、

布が貴重だった時代に小さな布切れを継いで刺し、

何世代にも渡って使われてきたものは今、

浅草にあるアミューズ・ミュージアムに展示されています。  

「奇跡のテキスタイル・アート(布の芸術)」として賞賛され、

多くの観光客が本県の女性の手仕事とその背景にある女性の、

「少しでも暖かく美しい服を家族に着せてあげたいという心に感動しているのです。 

 

私が大切に使っている物の一つに、パジャマがあります。

なんとこのパジャマ、2003年に尾上町に嫁いだ時に

ダンナのおばあちゃんからプレゼントされたもので、気付けば10年着ているんですね。

とても品質の良いパジャマなので、毛玉が付いたら毛玉取り器で取り、

ボタンが取れたら修繕して、よく手入れをして使っています。

 

もう10年も同じパジャマを着ているのですが、

「奇跡のテキスタイル・アート」を見てしまった私としては、

この先の10年で穴が空いたら刺し子をして補強して、

後世の人が芸術品として認めるくらいに、

すごいパジャマにしてやろうと思っているのです。

 

 

<エコハンター第66回「ホテルのシャンプーは洗濯に使えますねん」へ>

<エコハンター第68回「エコハンターは化学的な匂いが苦手なのです」へ>

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※