検索結果 "作り方"

魔法の百均 第25回「可愛いテトラパックの作り方」

魔法の百均 第25回「可愛いテトラパックの作り方」

先週に引き続き、ハロウィンといえばやっぱりお菓子のプレゼントですが、キャンディやチョコレートを少しずつ小分けにしてラッピングする時に便利な折り紙のテトラポッドの作り方を今日はご紹介します!

昔よくあったテトラパックの牛乳の形に作るラッピング方法は、長方形の紙があったらすぐ作れます。
 
折り紙で作る場合は、小さめのキャンディ3個分でしたら折り紙を半分に切って、キャンディやグミ、チョコ、ガムなど10個以上のの詰め合わせを作るのでしたら、折り紙2枚をセロハンテープでつなげて長方形にしたものを用意します。
 
テトラパックを作るためには、
①まず長方形の端と端をセロテープでつなぎ合わせ、円筒形にします。
 
②そうしたら、円筒形の端っこを潰して、端から4ミリくらいのところにホチキスを打ちます。
3個入りは一箇所、10個入りの方は3ヶ所ぐらい留めるといいです。
 
③留めたら端っこを織ってきれいにします。
 
④③にお菓子を詰めます。
 
⑤お菓子を詰めたら、底とは十字になるように口をホチキスで閉じ、片方の端を織って形を整えれば、テトラパックのできあがり!
百均では水玉模様やストライプ模様、両面色付きの折り紙など。
折り紙の種類が本当に豊富に取り揃えてあるんです。
トレーシングペーパーで出来た水玉模様の折り紙などは、100円で買えるのが不思議なくらい。
 
テトラパックは長方形の袋を使って作ると、もっと簡単にできます。
袋の底に対して入り口が十字になるように、丁度良いところまで折り曲げてホチキスで留めれば完成です。
 
テトラパックは出来上がると本当に可愛いので、ハロウィン以外にもちょっとしたお土産やプレゼントを包むのにもお勧めです。
 
テトラパックの頂点にリボンを輪っかにしてホチキスで留めれば特別感も増しますね。
 
ポップな柄の折り紙は、急にラッピングが必要になった時にも裏面をセロテープでつなぎ合わせれば大きなラッピングシートになりますし、ただの茶封筒にカラフルな折り紙を被せて、麻紐で結んだりすると立派なプレゼントのラッピングに。
 
百均のラッピングコーナーは驚くほど充実しているので、可愛い袋やリボンを探している人は一度出かけてみてください。
 
蝋引きの紙で作られたアンティーク風の袋や、和紙の袋など。
紙好きにはたまらない世界が待っています。
 
女性がお化粧をしているのは、あれはラッピングを施しているのと同じなのかもしれません。
素材のままでもいいのですが、ちょっと見た目を工夫すると、プレゼントも立派に見えますので。
特別な日には、ラッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

秋田のサラブレッド・きりたんぽの作り方

ごはんが余ったらどうします?

チャーハンにしちゃう? お茶漬けにしちゃう?

う~ん、今日はどっちかというと、うどんとか汁物の気分なの。

ってそんな時は、きりたんぽ作るより他ないよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田のソウルフードは何と言っても、きりたんぽ!!

家にきりたんぽ専用の釘の付いた棒があったら、

それはご両親が秋田にいたという証拠です。

材料はこちら!!

きりたんぽ 3~4人分

・ご飯2合  ・片栗粉小さじ1 ・ゴボウ1本 ・舞茸1パック(なければしめじや椎茸、エノキダケでもOK)・糸こんにゃく 1パック ・豆腐 1丁 ネギ1本

・鶏もも肉1枚 セリ(または三つ葉) 水 鍋の半分量 ・昆布 10センチ角1~2枚

・ワダカンの八方汁 お玉2杯分くらい(味見しながら入れる。)

 

まずは、余ったごはんを2合分(炊きたてでもかまいません。)を

ボウルに入れ、片栗粉小さじ1を加えて

すりこぎで叩いてつぶします。つぶし具合は半殺しにするといいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、つぶしたご飯を水をつけた手に取り、

割ってない割り箸(割ってたら2本分)に塗りつけ、

180~200度に温めたオーブンで15分焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

焼きあがったら、家庭用のガスバーナーできりたんぽに焦げ目をつけます。

おこげの味を出すのにやっているだけなので、おこげいらずの人は

バーナーであぶらなくてもいいです。

 

 

 

 

 

 

 

きりたんぽを焼いている間に鍋の半量ほど水を入れ、昆布でダシを取り、

ささがきにしたゴボウを水にさらし、アクを抜いて鍋に入れ、

八方汁で調味しながら沸騰したら一口大に切った鶏もも肉、糸こんにゃく、舞茸、

斜め切りにしたネギ、豆腐の順に入れ、最後にセリを加えます。

素材から味が染みだしたら、小鍋にきりたんぽ鍋の汁を取り、

焼いたきりたんぽを適当な大きさに切って煮ます。斜めに切るとプロっぽいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

(本場のキリタンポは比内地鶏から出る脂と醤油のみで味付けますが、普通の鶏もも肉だと味が足りないのでダシ入り調味料で味付けして下さい。)

 

きりたんぽがお汁の色に色づいてきたら、食べどきです!

お皿にきりたんぽと具と汁を盛って、セリ(または三つ葉)を載せてできあがり!

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏もも肉の味がしっかり染みた、美味しいきりたんぽの出来上がりです!

 

 

 

 

 

 

 

食べるとレアキャラのケンさんもご覧の通り!

ご飯が余ったら、美味しいきりたんぽにチャレンジしてみて下さいね!

 

エコハンター第30回「バッチャ直伝のばっけ味噌の作り方」

エコハンター第30回「バッチャ直伝のばっけ味噌の作り方」 
 
春、山菜の季節ですね。
ばっけ(フキノトウ)を取り損ねた皆さん、まだまだ諦めてはいけません。
高い山や暗い林の中を探せば、まだまだばっけは芽を出したばかり。
本日は、わが家のバッチャ直伝のばっけ味噌の作り方をお知らせします。
山菜を食べる方法を覚えて、食糧危機に備えましょう!
 
1.まず、ばっけを摘んできて洗います。
 ばっけは花の開いていないものを選びます。
 葉だけではなく、中のお花も一緒に洗い、熱湯で茹でます。
 
2.茹でたばっけの水気を切って、みじん切りにします。
3.刻んだばっけを火にかけ、ドボドボとみりんを加えます。
4.みりんを入れて混ぜたら、味噌を加えます。
 うちの味噌はダシ入り味噌です。ダシ味が加わればなお良しです。
5.味噌を加えたら後はとにかくごく弱火で煮詰めていきます。
 2〜3時間、ばっけみそが液状から味噌状になるまで煮詰めていきます。
 今の時期ですと、ご自宅のストーブの上で煮詰めれば丁度いいかと思われます。
 
煮詰まったらハイ、ばっけ味噌の出来上がり!
ごはんに載せて食べて良し、おにぎりに混ぜて握るも良し。
春の香りを存分にお召し上がり下さい。
 
来月からはいよいよ、本格的な山菜シーズンですね。
そろそろ去年瓶詰めにしたタケノコの水煮も、新しいものが出てくる前に食べてしまいたいところです。
 
タケノコの瓶詰めを素手で開けるのは至難の技です。
女性の力じゃどうやっても、開きません。
これは、瓶詰めの時に暖く膨張していた瓶内の空気が冷めることによって縮小し、気圧が下がって蓋を開けにくくしているのです。
そこで我々はどうするのかというと、瓶詰めの蓋の部分に、キリやアイスピックで穴を空けるんですね。
すると、途端に瓶の中に空気が流れ込み、気圧が上がって簡単に開けられるようになります。
 
ここで、瓶詰めの蓋に穴を空けなくても済む瓶の開け方をご紹介します。蓋の開かない瓶詰めを、瓶ごと熱湯で茹でてみてください。
暖められて中の気圧が上がったら、びっくりするほど簡単に瓶の蓋が開けられるんです。
がんばっても開かないジャムの蓋など、暖めても良い食材の瓶はこれで開けてみると、瓶の蓋も再利用できます。ぜひお試しを!
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

最近の山田家のようすと甘酒の作り方

地元連載、とうとう200回越えとかしてます。

育児日記の二代目・マペ太郎さんの活躍が目立ってきました。

しかし、師匠は師匠でか~わいい~のです

。(OYBK)←親バカ
山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

陸奥新報紙 2010年 3月7日(毎週日曜)掲載 山田スイッチの育児日記より

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

陸奥新報紙 2010年 2月28日(毎週日曜)掲載 山田スイッチの育児日記より

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

バッチャの甘酒。

材料は板粕、砂糖、水(ぬるま湯)、塩、日本酒少々です。

板粕2~3枚でペットボトル2リットルほどの甘酒ができます。


<作り方>

板かすをちぎってぬるま湯に浸ける→放置→ドロドロになったら

塊をすりこぎとすり鉢でごりごりやる→鍋に入れて全体が

2リットル程度になるように水を足す→砂糖をお玉に2杯ぐらい入れる→塩をひとつまみ加える→よく混ぜる→沸騰したらすぐ火を止める→好みで酒を加える→あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。


冷やした状態で飲むと、うまいですよー!


先日、スーパーで「田酒」の板粕を見つけてびっくりしました。

350円やて。田酒の酒粕で甘酒造りたい~!

板粕使うと作っているうちに酔っぱらってくるんだけどね……。

読売新聞 青森県版 2010年3月6日(毎週土曜)掲載 山田スイッチの 「THE・青森暮らし」より

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

ケンさんの輸入によって、わが家はネタが絶えないです。

勝手に輸入してくるものは本当に様々。

最近一番ウケたのは、アメリカのカロリーメイト。

SOYJOYに対抗してイカJOYとか、そういうご当地カロリーメイト

造りたい。サバJOYとか。何でもいけるね。


キシリトールのゲンマツを手に入れたので、

師匠と寝る前にぺろぺろ舐めてます。虫歯予防に……。


読売新聞 青森県版 2010年2月27日(毎週土曜)掲載 山田スイッチの 「THE・青森暮らし」より

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

JOMON FAN では、

縄文をテーマにしたエッセイが読めます。

田口ランディさんの連載が早くも第5回に!!

ランディさんの縄文ぐるぐる便り、面白いですよ~!!


あそこのおかあさん縄文人だから JOMON FAN 
連載第23回

「土器とBORO」より


今日も子供を背負ってブログ更新。

師匠の時と、なんら変わらない毎日です。

 

甘酒の作り方

甘酒が造れるようになりました。

 

甘酒の作り方

①米麹というものを買ってくる。
②米麹の袋の裏に書いてある「甘酒の作り方」を参考にする

③米麹を細かくバラバラにして、60度くらいの湯を混ぜる。

④炊飯器の保温で7時間放置。ときどき中身をかき混ぜる。

甘酒のできあがり……!!