検索結果 "奈良"

願い事の叶え方

ドグ子は、意外と願い事が叶いやすい体質なんだ

ドグけど、

それってどうやって叶えているのかというと、

方法があるんだドグ。



ここ十年ほどの間に、

けっこうあり得ない願いが叶ってきたドグ子は

叶え方を一つ知ってるドグ。

それは、実際に本人にいうこと。

これっきゃないドグ。



アラーキーに写真撮ってもらった時も、

奈良美智さんに表紙イラストを描いてもらった時も、

田口ランディさんに好きですって言った時も

ドグ子は全部、自分から行ったドグ。



こうしたいって、本人に表明する。

それでも叶わない時は、

詰める。



詰将棋みたいに。

叶わないなら詰めて、詰めて、叶うまで詰める。

マンガ家になりたかったら、マンガを描く。

とてもシンプル。



自分以外の人に聞いて、答えをもらうのも詰めること。

そうすれば願い事は、自然と叶っていくんだドグ。



叶いやすい願い事は、あらかじめ神様が「こうしたい」と

思っていること。

それを感知して、神様がやりたいことを

自分がその手足になって動けば、

大体のことはかなってしまうドグ。



50㍍級のストーンサークルを作ることだって、

庭に竪穴式住居を建てることだって、

神様がお望みならそれは、いろいろな偶然が重なって

叶ってしまう。



そうすると、「自分の望み」というものは

本当は自分の望みではなく、

自分をなくして天からキャッチした情報にすぎないということに

なるドグよね?



誰しもが、こうありたいと自分で思いついたと

思っているけども、

その思いつきという電波を受信しただけであって、

発信した人は誰か? ということなんだドグ。




更に、現代人は思いつきを信用しないから、

叶いやすい願い事は逆に、無視してしまいがちドグ。

右脳の声を信じず、左脳のこうあるべきにとらわれてしまう。

そうすると、願いは叶いにくくなる。



佐藤初女さんは、よく「神様のお望みなら物事はうまくいく。

うまくいかない時は、待って様子を見る」と

おっしゃっていたドグ。



これは、極意。

待って様子を見ている時、

人は、状況を見極めるドグ。

真っ直ぐ見てわからないことは、俯瞰して。

俯瞰してもわからないことは、斜めから。



そうして物事をよく見る習慣を身に着けると、

妄念が消えてゆくんだドグ。



妄念が消えた時、

全ては喜びであるとわかるドグ。



喜びで物事を行えるようになったら、

それはもう叶っているようなものドグ。

何故なら、他者からの評価を超えたステージに

上がっていけるから。




生きていること自体が喜びであるなら、

それはもう。

全ての願いが叶ったことと同じ意味ドグ~!

 

女子仏教トークイベント

久しぶりの、自主打ち企画だよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子仏教トークに、敬愛する奈良県の仏教アテンダントのキョウさんと、

プリテス診断師のミホコさん(東京都)を迎えて、

女子仏教トークイベントを開催します!

当日はニコ生放送もやります!(客席は映りません) 

ケーキセット+トークショー+エジプト占い無料!またはプリテス診断(無料)付きで、

千円!という破格な参加料となっております!

定員は15名限定! 

ミホコさんのプリテス診断は、人間関係を円滑にする上でとっても便利なんだドグ!

自分のタイプや相手のタイプがわかれば、どういう風に接していいかがわかってくるし、

ビジネスにも活かせるのです。

 

女子仏教トークは、10月15日(土)
14時~16時 
14時 トーク開始(ケーキとコーヒー付きでまったりと)
   質疑応答あり
15時 アフタートーク エジプト占い・プリテス診断あり

となっております☆

場所は平川市の白金珈琲さん。
お申し込みは、私宛にメッセージまたは、shop@yamadaswitch.comへメッセージください。

ポスターは空也上人像をイメージして、ドグ子コラボにしてもらいました☆ 

 

皆さんぜひ、遊びに来てね☆(^▽^) 山田スイッチ

 

 

 

素敵な三十代になるために

友達のお誕生日おめメッセージに、 



「素敵な三十代が待ってますよ!」

書いたら、 



「素敵な三十代のなり方、教えてください!」

といただき、



そ、



そこまで考えていなかった……



と思ったドグ子ドグ~。( ゚Д゚)!!



で、考えに考えてたんだドグけど、



ようよう思い出せるのは二十代のことで、

三十代のことがあまり、、、思い出せないんだドグ。



つい最近のことなのに……。



で、二十代のことはよく思い出せるので、

ちょっと「これは、区切りだったかも!?」

という二十代の踏ん切りみたいなやつを

ちょっと載せるドグ☆



ドグ子26歳。表現以外での収入を得ることを絶つ。



この時、月収12万円。

週に1本コラム書くよりほか、仕事がなかった頃。

アルバイトに行くか行くまいか悩んだ結果、

「親のすねかじってでも、バイトするまい!!!!」

と何故か激しく心に誓った頃ドグ。



あと、大きいのが<op:large>メンター(師)との出会い。



ドグ子の師匠はランディさんなんだドグけど、

26歳の頃ってブログが登場して、

突然文章がタダになった時代なんだドグ!

それで、最初の頃ってタダで書くの!? ってけっこう

抵抗あったんだドグけど、

師匠から

「出し惜しみしたらクソつまんない作家になって、

何回も同じこと書くようになっちゃうわよ!」
と言われ、



ブログに、「全部出していこう!」



って気持ちになったんだドグ。

このころは、単発のエッセイ依頼とかがあったり

なかったりで不安定な収入状態。


たまに本を出したりするも、その都度なんか

でっかい支出があって通帳残高が5万以上入ってたことなかったドグ。



でも「表現以外では食ってはいけない」という

足枷を付けていたので、

表現できない時はずっっっっっっと、ボランティア活動をしていたんだドグ。

展覧会のタダで巡回するボランティアとか。

働いても働いてもお金にならないやつ。



でもそのおかげで奈良美智さんとか、

美術関係の人とか、

普通には知り合えない人と知り合えたドグ☆



今でもなんか、ずっとボランティアみたいな人生ドグ……。

で、この頃から本を出すとテレビに出れる



みたいな感じにはなってきたんだドグけど、

とくに素敵にはならない二十代だったんだドグ。

何でって、悩んでばかりいたから。



二十代のドグ子の口癖は、生きるのがつらい だドグよ!



かなり「生きるのつらい」が気に入ってて、

ずーーーーーーっと「生きるのつらい」って

言ってたドグよ!



でも、救いだったのが周りに変な人が多かったから、

ドグ子が「生きるのつらい」って言うと、

松山千春の

「生きる~のが~♪つらいとか~苦しいだとか~いう前に~♪」



っていう、「大空と大地の間に」って歌を必ず歌われたんだドグ!

「野に咲く~花ならば~♪力の限り~生きて~やれ~♪」



って、あの歌、けっこうおもしろいんだドグよ。

流石にコレをずっと歌われ続けると、

生きるのつらい言うのもバカバカしくなっちゃって。

なんか、だんだんどうでもよくなったんだドグ~。



で、最大の出会いは、

二十代で佐藤初女さんに出会ったこと。



自分のことで悩まなくなってきたドグ子は、

今度は他人のことで悩むんだドグ。

それで、初女さんに会った時に、

聞いたんだドグ。



「初女さんでも、悩まれるということはあるのでしょうか?」



そうしたら、静かに



「あります。こんな仕事をしているのですから、悩みます。

ですが、その悩みを超えたところでしか、本物にはなれないと

思っています」




と聞いて、なんか。心底ほっとしたんだドグ~。



悩みって、「自分の家が火事」と同じようなことだと

思うんだドグ。

自分の家が火事だと心底、狂いそうになるけど、

他人の家だと冷静でいられる。起こっていることは同じなのに。



究極は、頭の中で起こっていることは現実以外はすべて

妄想なんだドグ。

何も起こっちゃいない。

ただ現実が展開していくに任せればいいだけ。



現実って不思議な展開の仕方をするから。



そう思って暮らしていると、三十代なんて

あっという間すぎて、

もう四十代ドグ!




素敵な三十代……皆さんも何か、アドバイスくださいドグ~!

 

「いのちのエール」初女おかあさんから娘たちへ

田口ランディさんの新刊「いのちのエール」は、

青森の森に入り込んで、まるで森のイスキアで過ごしたような気分にさせる本です。

いのちのエール - 初女おかあさんから娘たちへ

イスキアでは、癒やしというよりも、問を私は感じるんです。

全力で、問を持つ人が、森のイスキアにたどり着いて。

あまりにも静かな、無のような佐藤初女さんと出会い、

問が自分に跳ね返ってくるから、答えが自分の内側から出てきてしまう……というのを感じるんです。

 

今年、この本の取材で弘前を何度も訪れた田口ランディさんに同行して、

初女さんに二度三度とお会いして。初女さんの人となりに、やはり心打たれることが多く。

初女さんという人は、非常に覚悟をくくった人であり、そのような人に出会うと、

もう自分に嘘はつけなくなるんだと。こちらも覚悟をくくらざるを得ないんだな、と知ったんでした。

 

あのおむすびは、言葉を超えた祈りの結晶なのです。

 

今月の婦人公論に、弘前カトリック教会、昇天教会、弘前公園、森のイスキア、

フランス料理のシェ アンジュさんが出てきます。私が案内させていただきました。

婦人公論 2015年 11/10 号 [雑誌]

 

吉野町の奈良わんこについても触れていただけました☆

 

何年も青森に通っている、田口ランディさんならではの文章でご紹介頂いてます☆

ぜひご一読を!

 

伸ばすところを間違えた☆

どうも、小中学校の合同芸術鑑賞に呼んで頂き、

頼まれてもいないのに全米ヒットチャート1位に輝いた

アヴリル・ラヴィーンの「GIRL FRIEND」で踊りまくって倒れた

ドグ子です☆



下が、ひらがなをやっと覚えたばかりの6歳から上が15歳(思春期)という、

今までで最も難しい年齢層を前にお話をしてきたのですが。



ドグ子は今まで、踊りで体育館全体を



湧かせられなかったことがないんです。



完全にアウェーの場所で中身が40手前の土偶が

アヴリル・ラヴィーン踊って200人の客席を湧かせられるだなんて。

後方の中学生がオールスタンディングで飛んでいるのを

視界のはじで捉えましたから、



酸欠で倒れてももう、本望だったドグ。



それで、タイトルの「伸ばすところを間違えた」ですが、

ドグ子はそっちを伸ばしていった方が

良かったのではないか? と、今更になって思ったんです。



今までの人生で、踊って会場を湧かせられなかったことなんて

なかったなあと。



動けば会場を湧かせられるなら、



動く方を磨いて来ればよかったのに……と



永遠の40手前になって気付いたりしたのでした。



が、

もしかすると、そっちの方を伸ばしていったとしても

この年令によるもので今頃、「もうあかん。別の道伸ばそう……」

思っていたのかもしれません。



ちなみに、下の写真は26歳の時のドグ子。

2002年の奈良美智 I DON'T MIND IF YOU FORGET ME展の

打ち上げの時に、ホテルのステージで踊ってたものです。



 



この時も「かわいい」と思って付けた防塵マスクが

思いの外酸素うまく吸えなくて、


踊り終わって酸欠で倒れたのを覚えています……。



だけど踊ってる間はこんなです。



今からでも、1分ぐらいはムリな踊りができるように

肺を鍛えよう
かと思っています。



がんばるドグ~☆