検索結果 "奈良"

奈良美智展開催! 本日雑記

稲刈りの季節ですね。

 

タ……タイトルが奈良美智展開催! で稲の写真が出てきたら、

さぞかし皆さん驚くだろうと思ってつい、載せてしまいました……。

すみません、出来心なんです……。

 

そう、いよいよ本日6日より青森県立美術館にて、

奈良美智 「君や 僕に ちょっと似ている」展が開催されます!!!!

来年の1月までです。

 

本日は内覧会。奈良さんの大規模な個展は青森では弘前の吉井酒造煉瓦倉庫で

開かれた奈良美智 「AtoZ」展以来でしょうか。

行ってみて、一言。

 

絶対観に行った方がいいよ。

 

やはり、テレビで見たり、印刷物で見るのとは全然、違いました。

すごい迫力でした。

 

奈良さんの、絵を見ていると白いバックと人物の輪郭の間に

得体のしれないもやもやとした

それこそ、無の世界から形あるものを生み出したような

にじみを感じるんです。

 

これは、にじみ としか 今は表現できないんだけど。

にじみ出る、ような。

そこになかった世界から、その絵の子をこの場所に連れてくるような

ゲートのような不思議さが、輪郭にあると思うんですね。

 

今回、本当にじっくり見ることが出来て、

そして絵がどんどん進化しているのを感じて

その作品数の多さ、ブロンズの指の跡、ベニヤ板をこれほどまでに美しくする力に

やっぱり、「すごい」 と思った。

 

青森へいらっしゃる方は、ぜひともご覧になってくださいね。

半端ないですから。

 

あ、奈良さんのスピーチ、よかったです……。

でも、書きません。きっと、微妙にニュアンスが変わると

いやだと思うから。でも、本当に奈良さんって、奈良さんのままだと

感じたスピーチ(なのか?)でした。

 

ところで、何で本日のブログが稲の棒がけの風景から始まっているのかと

いうとですね。

 

実は今日、稲の脱穀の予定だったんですよ。

天気がいいからもう、脱穀するべ~! って近所のおじいちゃんとかおばあちゃんとか

集まってきて、「うお、脱穀したら奈良展いけなくなるべ!」と

戦々恐々としていたらですね、朝の8時20分頃に、

どんがらがっしゃーん!! と音がして、雷が落ちたんですね。

 

それで、どじゃー!! と雨が降ってきて、

脱穀が中止になったんです。

と、同時刻に弘前駅前ではですね、

淑華と杉原さんを乗せたバスが到着しておったのでした。

 

いや~、雷に歓迎されるとは。

さすが長野の縄文びとですね。

おかげで脱穀をしなくて済みました。

そんな淑華と杉原さんを連れて、

カリマハラジャに取材に行きました。

弘前市の土手町で20年営業を続けるカリの店。カリ・マハラジャ。

 

実を言うとここ一週間か二週間、弘前、平川、黒石の地域で

ダムに藻が発生し、水が非常にまずくなるという事件が起きてまして、

ただいまは給水車まで出る始末です。

 

そんな中、あの水のうまいカリマハラジャでは、水は……と思って出かけたら、

極み と呼べるレベルの水をこんな時にでも出してこられたんですね。

さすが、料理を作る際に水を作るところから始めたという海老名さんですよ!

 

極みとも呼べるカリマハラジャの水。

その作り方は10月13日掲載の陸奥新報紙にて!!

 

今日は、いろんなことがあったなあ……。

そう。奈良展で、たくさんの懐かしい人に会えて、10年があっという間でした。

2002年の時にボランティアで大学生だったさんちゃん(マキタン)が、

1歳の男の子を抱いて、一生懸命抱っこしてあやしている姿に

なんか感動して涙がポロッと出ました。

 

2002年のあのとき、その後の奈良さんの展覧会でも

私は、一生分の宝物を受け取って、それが今、ずっと成長し続けている

気がするんです。

君や 僕に ちょっと似ている

この絵、実物の前に立つと「異界をつなぐ者」というイメージを私は、

持ってしまいます。

その他の作品も、木霊のような、西洋の精霊のような不思議さをまとって、

不気味で美しかったです。

やはり、怖さの中に美しさが

あるのだと思ったのでした。

 

 

 

 

奈良美智さんのブログ

ブックマークに、奈良美智さんのブログを加えました。
いつ更新されるかわからないけども、
更新されると「うはー!」ってなります。

grafの作った馬車、格好良すぎ。

奈良美智ブログ

 

奈良さんに遭遇する青森

12日の夜にharappaで「ビートルズが教えてくれた!」展の
関連イベント。齋藤浩さんのトークショーを観に行ったら、
奈良さんが普通に客席にいて度肝を抜かれた。
「ギャー!!」

目で驚いたら目で笑われたような気がする。
あ!と気づくとgrafのコニタン、アオヤン、豊嶋さんまでおられました!
コニタン、髪を切って男前度がかなりアップしてましたよ!

途中からは奈良さんもゲストでトークに参加し、
なんだかとっても楽しい雰囲気に。

来週は19日・19時からは金粉ショーです!!
そうです、
只今金粉ショーの準備に追われ、
なかなかに忙しく、かつ、青森県総合計画のことも考えつつ、
個人的に8月に建てる自家用竪穴式住居の建設計画もひそひそと話し合い、
「やればどうにかなる」展の準備もしつつ。
泡食ってる最中ですが。

そうそう。20日のAKICHI RECORDS のイベントに
DJ奈良美智が参戦しますね!

県美でトークが終わったら後は、真っ直ぐ弘前Mag-Netまでお越し下さい。

県美から弘前Mag-Netだと、
県美→(バス)青森駅→(電車で一時間)弘前駅→(バスまたはタクシーで千円~千三百円くらい)→
弘前Mag-Net 
という路線がよろしいかと。

青森県立美術館のあおもり犬「えさやりプロジェクト」
見ましたか?
ごっつい可愛いですよ。
お鍋に入れてエサをやるっていう、「鍋」が私のツボです。

週末は金粉塗らなきゃということで、
只今毎朝腹筋50回をがんばっています。
腹が割れるその日まで・・・がんばります!

 

7月20日、奈良さんが青森来るね!

青森県立美術館に奈良美智さんが来ると、いうじゃないですか。
なにゆえ、ファン同士の連携というか、
このような情報は口コミで私の元まで到達するのでしょうか、謎です。
お友達、ありがたや。
(前日に身体を金色に塗って踊っているから、私、いけないかもしれないけど…。
harappa企画展 「ビートルズが教えてくれた!」の舞踏「ノルウェーの森」で
前座踊ります。金塗りで・・。19日19:00~at harappaギャラリー)

20日の県立美術館、パネラーのメンツが半端ないです。
コーディネーターは森美術館の館長さんだし。
青木淳さんもいらっしゃるし。
十和田の美術館の館長さんもいらっしゃるし。

行かねば損!!

そしてその日は弘前で、
AKICHI RECORDS のイベントがありますね。
場所は弘前Mag-Netさんですね。

DJの中にアオヤンこと、grafの青柳亮さんのお名前を発見しました。
アオヤンの選曲にみんな、酔いしれるがいいよ!
ライブにはNONバンドのNONさんもおいでになります。
NONさんの歌は格好いいよ!

詳しくはコチラへ!

以下、青森県立美術館のHPより抜粋です
必ずHPで確認してみてくださいね。

青森県立美術館2周年記念シンポジウム

2008年7月20日(日)

イベント シンポジウム
開館2周年を記念し、美術館最大の使命である「県民に開かれた美術館」「県民が参加できる美術館」を実現するとともに、県民をはじめ多くの方々にとって魅力ある美術館づくりを推進するために、今後の県立美術館のあり方、取組み方などについて、ご意見・ご提言をいただくためのシンポジウムを開催します。

時間:14:00 – 16:00
場所:青森県立美術館シアター
コーディネーター:
南條史生氏 (森美術館館長)
パネリスト:
青木淳氏 (株式会社青木淳建築計画事務所代表取締役)
奈良美智氏 (美術家)
小林央子氏 (十和田市現代美術館特任館長)
テーマ:
「美術館と地域の共生とは」
※参加無料 (要事前申込)
申込方法:1. 氏名(ふりがな)、2. 居住市町村名、3. 連絡先電話番号を下記申込先までご連絡ください。

お問い合せ・申込先
青森県立美術館経営管理課 〒038-0021 青森市安田字近野185
Tel 017 783 3000 / Fax 017 783 5244 

夏の青森はイベントで持ちきりです。
自家用竪穴住居の建設計画も着々と進んでおります。
来月はねぶたとネプタだ!!

 

奈良美智+graf AtoZ展 オープン!!

 


とうとう展覧会が始まってしまった…!

本当に倉庫の中に架空の街が出来てしまいましたっっ


 


 


 

このAtoZ展というものは奈良美智+grafの頭の中の世界を、

実際に作ることで追体験させるプロジェクトのようなものである。

私はよく、「見えてる世界」というものにこだわる方なのだが、

小説を読んだり絵を見たりするときにいつも、

「その人にしか見えない世界」、

または

「その人の指先から洩れてくる世界」

というものに非常にこだわる習性がある。


 


 

だから、作品という形にして見せられたときに、

震えが走るほど興奮するのだ。

もう、とうとうとなってしまう。


 


 

元から、奈良さんの絵を見せられたときに

そんな風にたまらない気持ちになってしまう方だったのだが、

彼らが作った「小屋」を、

大阪のS,M,L展で見せられたとき、

私はもう泣けて泣けてしょうがなかった。


 


 

意味なんかわからないのに泣けるのだ。

廃材から作られた小屋。ただそれだけなのに、

私の脳の古い方の記憶がその廃材のボロボロになった箇所から

引きずり出されておかしくなってしまうのだ。


 


 

今回は小屋が建てられる様を取材を通してつぶさに見てきた。

ペンキを塗られる前の状態が泣けるほど美しかった小屋もある。

しかし、完成した今、私は彼らの見せたかった風景を

今、見ているんだと思う。


 


 

ボランティアで参加している皆さんは、

できることならたった一日でもいいから

自分が「お客さん」になって、

倉庫の世界を体験してください。

仕事をしている時と違う作品に見えてくるから。

何故か2002年に開かれた時、

同じ作品でも自分の状態によって

見える世界が違ってくることを強く感じていたから。

本当に何も考えず、

ただ一人の観客になったときに見えてくる世界っていうものもあるから、

たった一日でもいいから倉庫の中に、

お金を払って見ることをお勧めします。

すごい世界が体感できるはず。

onnnanoko

 

 

ところで、アートの展覧会だというのに

28日に開かれた内覧会では何故か、

着ぐるみウサギのピョン子ちゃんと、犬のセント君が登場!

「何故着ぐるみ!?」

pyonko



※ウサギの中は奈良さん、犬の中は豊嶋さんです。



と驚いていると、なんと中身は奈良さんとgraf豊嶋さん!

子供達が夢中で飛びついてくる。

「中に人間が入っているんだよー!」

と言いながらも離れない子供達。

絵を完成させ、朝まで乾杯を繰り返して酒を飲んでいたというのに、

着ぐるみまで着る体力が一体どこに残っているのか。

この人達はなんてすごいパフォーマーだ、と思う。

 

 

 

 

この後、ピョン子ちゃんとセント君の手によって鏡割りが行われた。

そしてピョン子ちゃんが着ぐるみの頭を取ったまま

DJスタート!!

ここで私は自分の年も考えず、

ピョン子ちゃんの頭を被ってダンシング!!

昔取ってしまった杵柄のせいで、、、踊り出すと

止まらないんです…。

しかも、最近では筋肉痛が二日遅れてくるようになったので、

自分の限界も知らずに踊り狂ってしまうんです。

あああああ……。

ピョン子と一緒に踊り狂う子供達。

会場では本場ドイツの手作りソーセージが焼かれ、

(会場で腸詰めが行われたらしく、

ドイツ人に在住のミュージシャンの方が、「日本の肉はジューシーだ」

語ってらっしゃいました。)

そしてキャンプファイヤーが始まった。

honoo
 

 

 

 

このキャンプファイヤーは奈良さん達が宵宮の後で

花火をやった時、

「キャンプファイヤーやろうや」という

話になり、廃材を使って、消防の許可を取って、

実現したものなのだそうだ。

 

 

 

なんでも実現しちまうんだな、こういう時は!

キャンプファイヤーの炎越えをgraf AtoZ チームの

ワッキーさんが調子に乗って始め、

次々と炎を飛び越える実行委員の方々。

会長とかも炎を飛んだ。

「なんかイケル気がする!」

そう思って前へ出ると私の愛称である「ナカタン」コールが!

うおおおおおおぉぉお!と走っていったら

飛べました!!

(飛んだときはもうちょっと、炎弱めでした。)

 

 

この後graf豊嶋さんが、

着ぐるみの下を着たまま炎を飛び越えて、

「そんなばかな」とみんなをハラハラさせた。

なんでも起こりうる祭の夜に、ウクレレが鳴り響いていた。