検索結果 "感覚"

原始感覚美術祭 開催中!

2011年に青森県の事業として外ヶ浜町蟹田に造った、直径50メートル×45メートルの蟹田ストーンサークルがgoogle earth で見ることが出来ました! googleさん、すごいなあ~! 青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田大平沢辺34-3 大山ふるさと資料館 で探すと出てきます!
 
このストーンサークルを造ってから、アーティストの杉原信幸くんは韓国、粟島、長野県木崎湖畔と、ストーンサークルを作り続けています。
 
あの時は震災の後で、県内最古の縄文遺跡で一体、何をやったらいいのか本当にわからなかったのですが、夏の終わりが近づく頃に、「そうだ、ストーンサークルだ!」と思い、ストーンサークルが作れる人を探しに、長野県で開かれている原始感覚美術祭へと飛んだのでした。
 
祈りのための行為であり、行為としての祈りというものがストーンサークルを作ること、石を運び、並べることにあるのではないか? と思ったんです。石を環状に並べることで、その土地の力を強めようという気持ちもあったんです。ここのストーンサークルに出かけると、太陽がとても近くにいるように感じます。
 
縄文のイベントには三内丸山縄文大祭、小牧野遠足、外ヶ浜町で開催したストーン・サークルフェスティバルと三年間関わり、ラストの小牧野劇場で完全に、縄文人が太陽信仰をしていたように、自分の神様が太陽になったのを感じたのでした。
 
今、イベントプロデュースの仕事はもうやめてしまったのですが、あの仕事をしていたから、太陽がすごく身近に感じられるようになったのだと思うのです。
長野の原始感覚美術祭は、2014年9月7日までやっていますので、縄文が好きな方はぜひ、訪れてみてください。
 

原始感覚美術祭 2013

信濃の国 原始感覚美術祭2013 ―水のまれびと

今年も長野県の木崎湖畔・大町市街にて、
原始感覚美術祭が始まります。

青森県にストーサークルを作ってくれた
美術作家の杉原信幸さんは、
あの後もずっとストーンサークルを造り続けているのです!
杉原さんは、知性のある野人のような、とても素敵な人です。

今年の原始感覚美術祭も
盛り上がりますように!

                                   イラスト 山田スイッチ



開催期間 2013年8月3日 [土] - 9月8日 [日]
開催地 西丸震哉記念館、木崎湖畔、大町市街ほか

主催 原始感覚美術祭実行委員会
共催 西丸震哉記念館、大町市教育委員会
実行委員長 神原三保子
アートディレクター 杉原信幸
コーディネーター 池田武司

平成25年度 長野県 地域発 元気づくり支援金事業

企業メセナ協議会 助成認定活動

後援
長野県/大町市/長野県教育委員会/大町市観光協会/大町商工会議所大町博物館連絡会/安曇野アートライン推進協議会/信濃毎日新聞中日新聞社/aabn長野朝日放送/朝日新聞長野総局/大糸タイムス社/市民タイムス

協力
東京大学文化資源学研究室/慶應義塾大学アートセンター/JR東日本NPO松本クラフト推進協会/麻倉プロジェクト/創舎わちがい/塩の道ちょうじや薄井商店/海ノ口自治会/森自治会/稲尾自治会/古民家山本邸/大町文化財センター虹の家/北ヤマト園/海ノ口キャンプ場/Yショップニシ/アースデイ大町/千年の森NPOぐるったネットワーク大町/グリナ―ズビレッジ/おおまちラボ/あたらしや木崎湖キャンプ場/松葉屋旅館/社会福祉法人やまなみ会/NPO地域づくり工房/サムサラ/大島健一/ 美麻小中学校/八坂小学校/井戸尻考古館

参加作家

青島左門/淺井真至/淺井裕介/朝崎郁恵/葦舟ワークショップ/アンドレア・ハックル/池田武司/エヴァ・ホグベリー/香川大介/柏木圭/キム・ヨンミン/木村俊介/草間彌生/黒田将行/キャロリン・ゼッター/小麻智美/小林テイ/COYO/佐藤香/佐藤壮生/佐藤啓/
齋藤彰英/サムサラ(War rug)/シルパ・ジョルグカ―/縄文土器ワークショップ/鈴木彩花/杉原信幸/スパン子/関野吉晴/田島征三/田口ランディ/タテタカコ/手塚愛子×森田郷士/虹の家/西丸震哉/長井一馬/パク・ボンギ/林憲昭/土方巽アーカイヴ/蓮沼昌宏/兵藤友彦/平田五郎/平林昇/本郷毅史/槙野文平/水川千春/茂木健一郎/槇島藍/盛山麻奈美/山田スイッチ/やまなみ工房/雪 雄子/八木清


原始感覚美術祭パスポートマップ 
1000円(中学生以下無料)会場への入場とイベント参加に必要です。

今年で4年目を迎える原始感覚美術祭は、縄文の文化の花開いた信濃の大地との結びつきを深め、名称を「信濃の国 原始感覚美術祭2013」と改め、開催されます。テーマは「水のまれびと」。アルプスの雪解け水を豊かに湛える木崎湖畔へ、古代のヒスイの路、塩の道を辿って訪れる客人(マレビト)としてのアーティストが、この夏、新たな祭の渦を巻き起こします。 

マレビトの運んでくる新鮮な感性と、大地に住まう人の宿す原始的なものの気配が出会うことで、両者の邂逅によってしか生まれえない表現と文化を創造します。それは都市集約型の文化ではなく、地方と呼ばれる大地の持っている地の声を、縄文人が豊かな生命のの躍動として謳いあげた表現力として、大地こそが声を発している。地方と呼ばれる地の持つ力、地の方へ、地の方へと近づいていくことで、耳を澄耳を澄まし、原初から受け継がれる根をもつ文化を共につくることから始めましょう。

原始感覚イベント

プレイベント
葦舟巡礼ツアー
7月20日(土)、21日(日)
クラフトフェアまつもとで作られた葦舟を松本から木崎湖まで運びます。
穂高神社から出発し、ちひろ美術館を経由して大町まで人力で運びます。

原始感覚美術祭オープニングイベント
原始感覚アーティストツアー
8月3日(土) 14:00~ 会場 木崎湖畔、大町市街(西丸震哉記念館 集合)参加費 パスポート
参加作家と作品を巡る、、「信濃の国 原始感覚美術祭2013」オープニングツアー 

原始感覚美術祭オープニングイベント
オープニングセレモニー、葦舟パレード in やまびこ祭
8月3日(土) 17:00~ 会場 麻倉、信濃大町駅商店街 参加費 パスポート+500円(1ドリンク付)
参加作家とオープニングのセレモニーを行い、信濃大町で行われるやまびこ祭に参加し、葦舟を曳いて踊り連に参加します。

関連イベント
ウォールアートフェスティバル2013報告会
8月4日(土) 15:00~ 会場 まれびとの家 参加費 パスポート+500円(チャイ付)

原始感覚美術祭・木崎湖畔オープニングイベント
海ノ口環状列石祭
8月4日(日)16:30~ 出演 アンドレア・ハックル、海ノ口神楽 会場 海ノ口岬の田んぼ 参加費 パスポート
http://vimeo.com/55402659

原始感覚美術祭・木崎湖畔オープニングイベント
朝崎郁恵「海に伝えて~奄美大島から海ノ口へ」+市が立つ
8月4日(日) open 17:30 / start 18:00 会場 海ノ口公民館 出演 朝崎郁恵、海ノ口獅子舞
前売り \2500+パスポート 当日 \3000+パスポート
奄美・加計呂麻(カケロマ)島生まれの島唄・唄者の第一人者、朝崎郁恵のによる
千年、あるいはそれ以前から歌い継がれている奄美大島のシマ唄が、木崎湖畔 海ノ口に響き渡ります。
海ノ口神楽保存会による獅子舞いと猪肉のしし汁のふるまいや地元料理の市も立ちます。 

前売りチケット販売はこちら http://genshi.thebase.in/items/103508

兵藤友彦 演劇ワークショップ 「今、ここにあなたといること」
8月10日(土) 11:00~1700 講師 兵藤友彦 会場 大町公民館分室 参加費 パスポート
元不登校児が身体を通したコミュニケーションで、他者との関係を取り戻した演劇ワークショップを体験します。

茂木健一郎 トーク
8月10日(土) 17:30~ 講師 茂木健一郎 会場 麻倉 参加費 \500+パスポート
脳科学者・茂木健一郎による原始感覚とアートについての話 

海ノ口まれびと祭 3daysイベント
8月23日(金) ~円の日~
信濃の伝統食 おやきワークショップ
10:00~/15:00~ 会場 Yショップニシ 参加費 パスポート+材料費\500
おやきを作って食べるワークショップ。

8月23日(金) ~円の日~
SPANNKOSMO 『私の場所』
open 18:00 / start 19:00 会場 海ノ口キャンプ場 予約 \2000+パスポート 当日 \2500+パスポート
出演 スパン子 vocal,acc,他/熊坂義人 contrabass/イガキアキコ violin/梅田千明 harp/バッキー altsax/照喜名俊典 euphonium,他/ユッキィ flute/トシバウロン bodhran/joyful! choras 

海ノ口まれびと祭 3daysイベント
8月24日(土) ~球の日~ 
海ノ口環状列石祭 タテタカコライブ
14:00~15:30
出演 タテタカコ(唄)、杉原信幸(踊り) 会場 海ノ口岬の田んぼ (雨天は海ノ口上諏訪神社)
予約 \1500+パスポート 当日 \2000+パスポート 

8月24日(土) ~球の日~
まれびとのつどい
19:00~
アーティストトーク 杉原信幸、香川大介、本郷毅史他
本郷毅史の水源の映像上映会+香川大介シェフによる料理
会場 まれびとの家 参加費 パスポート+食事代 

海ノ口まれびと祭 3daysイベント
8月25日(日) ~環の日~
縄文土器づくりワークショップ 
9:00~16:00
講師 井戸尻考古館館長・樋口誠司 会場 西丸震哉記念館  参加費 パスポート+500円(材料費) 

8月25日(日) ~環の日~
尾引浩志の口琴ワークショップ
13:00~ 会場 海ノ口キャンプ場 参加費 1000円+パスポート

8月25日(日) ~環の日~
海ノ口環状列石祭 雪 雄子×木村俊介 舞踏公演
開場 16:00 開演 16:30 終了 17:30
出演 雪 雄子(舞踏)、木村俊介(津軽三味線・笛) 会場 海ノ口岬の田んぼ(雨天は海ノ口上諏訪神社)
予約 \1500+パスポート 当日 \2000+パスポート 

農と食と器の体験
8月30日(金)16:00~8月31日(土)11:00 会場 虹の家 参加費 4500円+パスポート
エコビレッジを体験し、平林昇の備前焼の器で無農薬野菜料理を味わう宿泊体験。 

ラビットレコーズライブ×War rug 戦争画報絨毯の話
9月7日(土)19:00~21:00出演 ラビットレコーズ、渡辺純(サムサラ)
会場 麻倉予約 \1500+パスポート 当日 \2000+パスポート
サントゥール奏者・安藤真也とタブラ奏者・原口順によるインドクラシックライブとアフガニスタンの難民キャンプで織られたWar rugー戦争画報絨毯 の話(企画・サムサラ)

クロージングイベント
関野吉晴×田口ランディ対談「グレートジャーニーと原始感覚」
9月8日(日)13:30~15:20 映画『ぼくらのカヌーができるまで』上映
        15:30~17:00 関野吉晴×田口ランディ対談
講師 関野吉晴、田口ランディ 会場 信濃公堂 参加費 予約 2000円 当日2200円(パスポート持参は200円引き) 

イベント予約 
ittitti2@yahoo.co.jp

問い合わせ 原始感覚美術祭実行委員会事務局
〒398-0001 長野県大町市平10901 西丸震哉記念館内
電話 0261-22-1436
E-mail nishimarukan@bj.wakwak.com
 

原始感覚美術祭2012に行ってきました!

原始感覚美術祭から無事帰ってきました。

プリズムのような太陽。

縄文をやると、翌日の太陽と空がとても美しく見えます。

これは気のせいではないような気がする。

青森から電車を乗り継いで、会場の海ノ口上諏訪神社に着いたのが 午後五時五十七分。

夜の闇を感じたいと、岡本太郎の「美の呪力」を読んでその怖さと見たさが入り交じった気持ちが一番ザワザワすると感じた私に、夜の闇が迫ってきました。

田んぼの間の細い道に、虫の声と水の流れる音が迫ってきます。たどり着いた神社は杉の森。大きな杉の木を見上げると、ぽっかりと空に穴が空いていてそこが、天と地をつなぐ場所であるような不思議な思いにとらわれます。

夜の闇はもうひたひたとその辺を濡らしているのに、神社の奥の緑は光って見える。そこで、田口ランディさんの声から、マツリはスタートいたしました。

「精霊は、ここにいる。ここに、ここに、ここに!」

 

 響く声と精霊の気配、そこにいる誰もが精霊のように見えて来ます。火が焚かれ、ゴウゴウと燃える音がする。火の音と声が響き合って、そこにシャーマンが現れ、踊る。マブライ・マブリーとは、沖縄の言葉で、「さまよえる魂」のことなのだそうです。

 

石坂亥士さんの太鼓の音が、ぐわんぐわんと魂を揺さぶってゆきます。「ああ、どうにでもして」と思う。太鼓の音は、全てをどこかに連れ去ってしまう。ネプタ祭もそう。あの音を聞くとどうにもならなくなる。私たちは、身体を持っている。どうにもならない身体。それを、忘れてしまっている。湖からの湿気を帯びた空気が身体をとらえる。まるで、「思い出して」と言っているよう。

 

台湾の整体師の女性に今福龍太さんが言われた言葉、「書くのをやめなさい」は、思いがけないものをたくさん含んで、真実を語っていた。今福さんはペンをとり、絵を描くように書いてみることを始める。パソコンの前にいつまでも座っている私たちは、大丈夫だろうか。生命の渦を、感じているだろうか。うずまき。ぐねぐねとした、エネルギーの渦。

 

帰りのバスで、ランディさんが原始感覚のことを「生命エネルギー感覚」だと教えてくれた。昔の人は、エネルギーをとらえていた。螺旋を描いて渦を巻くエネルギーを。銀河は渦でできている、自然界のあらゆるものは渦でできている。私たちの身体にも、DNAの螺旋がある。そういった、この世に満ちあふれているエネルギーを受信する感覚。長野は、もじゃもじゃっとしたエネルギーに充ち満ちていて、普段、身体を使わない私たちにも、言語にならないような渦を感じさせる。

 

だから、キム・ヨンビンさんの木の枝が空中に浮き、まるでヘビのように木立の間をうねるあの作品に誰もが、心をとらわれてしまう。頭ではなく身体で、みんな、感じているのだ。だけど、すべてを信じてしまうことだできない。残像だけが残る。それは、頭に戻してしまっているから。そうじゃないよ。頭でどうこうしなくていいよ、そのまま身体で感じた方がいいよ。その渦を。

 

空にはいつも、渦巻きがある。雲の中に、あちらこちらに。縄文をやるということは、その渦に気付くこと。ただ単に、空が美しく見えることだと思う。

 

帰ってきて、青森県の空。岩木山がきれい。来月の10月13日は、外ヶ浜町のストーンサークルフェスティバルで、またあの縄文人のような、大好きな人たちが集まります。あの人達のことは、見ているだけで嬉しいのです。

 

原始感覚美術祭 2012

 

長野県の原始感覚美術祭がなんか、すごいんです。
すごく土着で、山の力や湖の力を感じる土地で
ピュアなアーティスト達の作品に触れると、
身体の中になにか、もじゃもじゃっと
探していたものの気配がして、
去年、何かの答えが見つかったんですね。
 
そのときは、自分が何の答えを探しているのか
全然見当がつかなかったんだけど、
写真家の本郷毅さんのお父さんが、
打ち上げの席で語ってくれたことが
「生と死は等価である」
ということだったんです。
 
「……私は、小児科の医師をしているので、
これまでに生まれてくる子どもは2000人は見ています。
それと同時に、
これまでに死んでしまう子供も、321人見ました。
 
そうして仕事をしているうちに、
自分は、生と死が等価であると感じるようになった。
 
これは理屈でなく、ただ生と死が等価だとしか
思えない。それが、今日、雪先生の舞踏を見て、
舞台の上で、生と死は等価であると表現されているのを見て
……」
 
本郷さんのお父さんが、語ってくれました。
最後の言葉は、聞き取れませんでした。
 
普段語ることがないというお父さんが
言葉をひとつひとつ、丁寧に語ってくれて。
それを、にこにこしているお母さんが、
にこにこの顔のまま、涙を浮かべているのを見て
身体の中に、その言葉がスーッと
深く入ってきたのです。
 
田口ランディさんと吉増剛造さんの、
河原で小石を投げ合うようなお話を聴いていると
ぽちゃん、ぽちゃんと自分の意識の泉にも石が投げこまれて
水紋が広がっていき、あのもじゃもじゃっとした
身体感覚と頭が一緒になっていきます。
 
雪雄子さんの、あの世とこの世の境目から現れるような
舞踏を見て、どんどん混沌となった私の意識は
長野のむせ返るような土地の空気の中で
とても静かな、静止状態を感じました。
 
生と死は、等価である。
 
これが、去年私が知りたかったこと。
 
今年、私は何を知りたいのか
まだわかっていません。
 
ただ、長野の空気に包まれて、
それを全身で感じにいこうと
思っています。
 
今年は9月1日に、文化人類学者の今福龍太さんと
田口ランディさんのお話に、
神楽太鼓奏者のの石坂亥士さんと、雪雄子さんの
舞踏があります。
 
想像もつかないほど濃い一日になりそう。
 
参加される方のために新宿から直行バスが出ます。
一度、長野の原始感覚の空気に
触れに来て下さいね。
 
直行往復バスのお申し込みはこちら。
http://cosphere.tumblr.com/post/29038982488/9-1-2
 
原始感覚美術祭
http://primitive-sense-art.nishimarukan.com/
 
 

原始感覚美術祭 2012 開催!

今年も長野県で原始感覚美術祭が始まる季節になりました!

一年でこの日を、とても楽しみにしています。

浅井祐介さんのワークショップやタテタカコさんのライブ、

スパン子さんのライブ演奏、

絵本作家スズキコージさんのパフォーマンスに

茂木健一郎さんと「風の旅人」編集長・佐伯剛さんとの対談、

室伏鴻さんの舞踏、石坂亥士さんの神楽演奏と雪雄子さんの舞踏、

田口ランディさんのトークイベントなど

書ききれないほどのイベントと素晴らしい作家陣による

作品の数々、土方巽アーカイブの写真など。

見所満載で、夏の木崎湖畔をめぐる旅は

心地よく、また一度、また一度と行きたくなってしまいます。

宿泊費も2000円くらいで、お安いんだよね。

 

今年はそんな思いを込めて、

イラストにしてみました。

 

美術祭のパスポートや地図に使っていただけるようなので、

長野の皆様、近隣の皆様はぜひ、

遊びにいらしてください。

 

私は9月1日に遊びに行く予定です!

 

スイッチ(^-^)p

 

原始感覚美術祭 

参加作家陣

 

青島左門/淺井真至/淺井裕介/池田武司/石坂亥士/いらはらみつみ/エヴァ・ホグベリー/大島龍
香川大介/柏木圭/風の工房/片山康夫/カムナ葦舟プロジェクト×杉原信幸
キム・カンウー/キム・ヨンミン/キャロリン・ゼッター/草間彌生/黒田将行
慶應アートセンター(土方巽アーカイヴ)/小林公明/佐伯剛/スズキコージ/鈴木寅二啓之/杉原信幸
スパン子×熊坂義人/田口ランディ/舘友希江/タテタカコ/出町光識/中西夏之/長井一馬/西川雅規
虹の家/蓮沼昌宏/平田五郎/平林昇×虹の家/本郷毅史/槙野文平/宮田嵐村/室伏鴻
茂木健一郎/雪雄子/八木清/山形淑華/山田スイッチ/やまなみ工房/吉増剛造