検索結果 "昨日"

感情に溺れない方法。

「前の彼が忘れられなくて苦しい」という


のを、月にいっぺん報告してくる統合失調症の友達がいるんだドグ。


彼女は、統合失調症になる前からの友達で、


病気になった原因は前彼の暴力。





友達の立ち合いの元で


彼氏と別れるための交渉をし、


無事に別れて実家に帰ったんだドグけど


まだ元カレのことが好きで苦しいんだドグって。





これは、戦争体験者が戦争中に起こったことが一番リアルに感じられるため、


実生活に戻った時に現実感を持てず、


戦争体験を語る時にだけ現実感を持てるというのに


似てるドグ。





そんで、彼女は元カレと別れて


もう4年が経っているんだドグけど


まだ苦しくて好きなんだドグって。





これに関してランディさんは、「感情は嘘をつくからね」


言ってる。





「本当に好きなら、元カレが家に来た時に会ってるはずだもの。


本当は嫌なのよ。でも、感情って長く続けたことを正しいと


嘘をつくから」





「そ、そうなんだドグか~!」





それで、昨日も一か月ぶりの「元カレ苦しい電話」


来たのでなんか、例えて言ってみたんだドグ。





「感情に溺れるっていうのは、右脳が優位になってるんだドグよ。


理性を司るのは左脳だから。情動脳の右脳が優位になってる時って


すごく怒ったり、泣いたり、死のうと思ったりするんだドグけど、


なんで溺れてるかわかるドグ?」





「いえ……」





「プールで溺れてるのがあなただって、イメージしてみるドグ。


冷静に考えれば、溺れずにプールのへりにつかまって


上がることができるドグ。


でも溺れちゃうのは、水(元カレとの思い出)があるせいだと思ってるドグよね?」





「うん。うんうん。」





「実は、溺れるのって気持ちいいことなんだドグ。


溺れて溺れて溺れ切れば、もう浮くしかないって考え方もあるドグ。


失恋して中島みゆきを飽きるまで歌う方式とか。


でも、溺れてるのが嫌なら、ヨガ
しか他ないドグよ!」




「よ……ヨガ?」





「ようは、感情に溺れてる時に働いていない左脳を動かすことなんだドグ。ヨガとか、瞑想を始めると深い呼吸を覚えるから、副交感神経優位になって、落ち着くんだドグ。落ち着いて
右脳優位の状態が緩和されれば、トラウマがだんだん消えていくんだドグ。

「だから、本気で溺れるのはもう嫌だ! って思ったら、


自分を岸に上げる努力をしなきゃダメドグ。




ドグ子は、瞑想とヨガがトラウマに効くって聞いてから


ヨガを始めたら、なんか忙しくて悩んでる暇がないドグよ。(笑)」






「そういえば、うちの妹がヨガを始めたって言ってました」





「ええっ! うちの妹もヨガの先生やってるドグよ!」





「ちょっと、妹に聞いてみます」





なんか、ちょっと新しい感じがしてきたのは


立春のせいだと思うドグ。(o^―^o)








ドグドグ。

 

親って大変なのが普通

昨日、マペ次郎さんが車から飛び降りて

右靭帯を切り、剥離骨折してしまいました。(*´Д`)

正月、はしゃぎすぎるから……。

ギブスを巻いてもらって、全治一か月。

お母さん、今月は六ケ所村の視察があるんだけどなあ。

 

12月は髄膜炎だったし、

まだまだ小さいうちにやることが

いっぱいありますね。

 

5年生にもなればそうそう風邪も引かなくなってくるけど。

2年生、まだまだやってくれてます!

 

大丈夫。

骨折しても、元気でよろしいです。(*´ω`)

 

なんか、薄々感づいた。

男子って、追いかけると逃げるじゃない?
男子に限らず女子でも。
好きって言ったとたんに興味を失うというか。
その仕組みが今日、わかった気がするんだドグーーー!!

昨日「テーマが違う」って日記を書いてから後に
「年代ごとにテーマが違うってのもあるのかもしれない」
って思ったんだドグ~。

すごく興味があって必死なって手に入れようとしてる
時にはどうやっても手に入らなくて、
挫折して何年も経って、どうでもよくなった頃に
手に入るってことが、
ドグ子の人生にはありすぎるぐらいにあるドグ……。

欲求が高まってマックスの時に
「ハイ!」ってプレゼントされたら一番嬉しいのにね。

ひょっとすると、その欲求が高まってる時というのは、
ひどく「空回りしやすい状態」なのではないか? と
後になって思うんだドグ。。。

神様って、意地悪ドグ~。(*´Д`)

 

ドブ落ちて 初めてわかる 陸の高さよ

ドグ子がブログを始めたのは

11年前になるんだドグよ。

3日に1度は更新しているのんきな田舎と考えのブログなんだドグけど、

昨日ふと、



これから先10年間の出来事が記された日記があったとしたら、

読むか、読まないか?




と思いつき、



「はあああ! 今から10年前の自分は、

10年先までの記録が残されていることに

驚くに違いないドグ!

まさかこんなことが起こるだなんて、予想もしていないはずドグ~!!」



と、10年前の自分の気持ちになって

ブログを読み返してみたんだドグ。



で、目に飛び込んできたのは

10年前のドグ子の、家族からの評価。



「おまえは、ドブに落ちても『ここで一句』とか

言ってそうだな。

ドブ落ちて 初めてわかる 陸の高さよ」




と、「ドブに落ちても一句詠みそう」



という評価をもらってることがわかったんだドグ。



い、意味がわからないドグ~!



で、過去だから意味がわからないのかというと、

そうでもなくて

今現在も意味がわからないまま生きているんだドグ~!( ;∀;)

 

HAPPYに関する考察。

王選手に一本足打法を教えた心身統一合氣道の創始者・
藤平光一氏が『氣の威力』(講談社+α文庫)で語っているんだけど、
氣が出ていると思っただけで、
氣というものは出るんだよね。
 
「氣を出すために、特別なことはしなくていい。
「氣が出る」と考えた瞬間、あなたから氣は出ている。
言葉をかえれば、
これは積極的に心を使うということである。
 
心が体を動かすのであるから、心ができると思えば、
そのとおり身体が動いて、
今までできなかったようなこともできるようになる
のである。」
 
今日は、ようやく『HUNTER×HUNTER』のキメラアント編を読み終え、
昨日の夜から蟻の王とコムギが一緒にいる未来を願い、
その願いが漫画の中で叶って、
ずっと号泣していた。。
 
死にかけていたコムギがよみがえり、
ようやく蟻の王がコムギと軍儀(漫画の中に登場する将棋のようなゲーム)を
差し始めてから、
コムギが蟻の王を「メルエム」と呼ぶまで、
ずっと号泣していた。
 
本当に読んでよかった。しあわせだと思った。
 
思えば、漫画を読んでる時はいつでも、私は本気で読むから
『タッチ』を読んでる時でさえ号泣してきた。
『うる星やつら』最終巻を、泣かずに読めたことはない。
 
こんなしあわせな人生って、あるものだろうか?
 
氣が、出ていると考えた瞬間に出るものならば、
しあわせも、「しあわせだ」と考えた瞬間に
「出る」ものなんじゃないだろうか。
 
藤平光一氏は、気が出ている状態を特別な状態ではなく、
当たり前の状態であると言う。
ただそう思った瞬間に、心の在りようが変わる。
 
思えばずっと、漫画を、本を読みながら、
ずっと本気でその物語の中に入り込み、涙を流し続けてきた。
私は本当にしあわせだなあと思う。そしてこのしあわせは、
世の中から本がなくならない限り、失われないものである。