Posts Tagged "どこ"

どこまでが運命?

今、異例中の異例と言われる聖人の


聖テレジア(テレーズ)の自伝を読んでいるんだドグけど、





キリスト教でも仏教でもアプローチがすごいなって


思うのは、





すっごいたくさんの人が普通に死ぬところドグ。





里中満智子先生の描いた「ブッダをめぐる人々」


の中でも、


生まれた子供がすぐ栄養失調で死んじゃって


死体を燃やすお金もないキサー・ゴータミー


(痩せたゴータミ―というあだ名)が





死体置き場に赤ちゃんを置きに行って


もう一回赤ちゃんにお別れを言ってくる……! と


思ったら、


野犬に食われてたという





衝撃的な一コマから始まるんだドグ。





で、聖テレーズの親はしょっちゅう妊娠していて


しょっちゅう子ども生んでるんだドグけど、


けっこう病弱で次々に死ぬんだドグ。





この子も死んだ、あの子も死んだ、


辛いと思っていたら今度は6歳まで育った子が死んだ。






しょっぱなからこんな「人、めっちゃ普通に死ぬ」原理を聞かされてくると、


「意味はわからないが神の思し召しなのだろう」





という考え方もあり得る気がしてくるんだドグ。





そう。敬虔なキリスト教徒はどんなに納得がいかないことが


起こっても、


「神様がお望みになった」の一言で納得してしまえるんだドグ。






この世の中には納得できないことがたくさんあるはずなのに、


全ては神の思し召し。望まれるがままに


と考えて生きることは、


完全なる運命論を生きることだと思うんだドグ。





「なぜ私の子が? と考えるなんて、せんなきこと」





そう言ってしまえる人しか


「今を生きる」の境地にはたどり着けないんだドグ。





振られて悲しいのも、子どもが死んで悲しいのも、


病気になって辛く「なぜ、私が?」と思うのも、頭が過去にいる証拠になってしまうドグ。





今を生きる人は、「しょうがないじゃん。次!」


と言って過去から現在へ楽に行ってしまうドグ。


すべてが運命で決まっているならば


ただ今を生きるよりほかがないんだドグ。





でも、生まれた時から「将来何になるの? 何歳までにやるの?」


と聞かれ続ける現代の子に、


運命論を受け入れるのは非常に難しいことだと思うドグ





「そう、運命は努力で変えられる!」





と、常に信じ込まされているからドグ。





「19歳までにアイドルデビューして途中方向転換して


24歳で女優に、その後ニュースキャスターを経て


政界に40歳でデビュー」






とか、なれなかった時に焦らずいる準備ができないじゃないドグか。


運命は努力で変えられるって信じ込まされているんじゃ。


やなせたかし先生はアンパンマンを絵本にしても、


「こんな辛気臭い本、もう書かないでください」と言われ続けたんだドグ。





でも、あるテレビディレクターが保育園で一番ボロボロになるまで読み込まれていたアンパンマンに目を止めて、アニメ化の話を持ち込み、


アニメにされ、ようやくアンパンマンが日の目を見たんだドグ。


その時、やなせたかし先生はもう70歳近くになっていたんだドグ。





でも、





70歳から輝くことが運命で決まっているのなら、


40歳が普通なのも運命で決まってるし、


30歳で焦ることも運命で決まっているはずドグ。






だったら、焦る必要って何一つないんじゃないか? って


思うドグ。





今月は、思いもしなかったことばかり起こる月なんだドグけど、


どれも運命なので、受け入れていこうと思うドグ~!

 

金子みすゞさんのこと

私は、童謡詩人の金子みすゞさんの詩が好きなのですが、

彼女は26歳の若さで死んでいて、

自分の詩が、死後何十年も経って人々に絶大な支持を得るなんて

知らずに、ただ娘のふうちゃんの親権のことだけを思って、

自殺してしまったわけです。

 

夫には浮気され、性病を移されて。大切な子どもをお風呂に入れて上げることもできずに……。

だけど、

金子みすゞの描く世界は、それ故にか透徹とした眼差しで、

微細なものから宇宙的な世界観へ、そしてその宇宙は小さなものの中へという

独特の、輪廻転生をも感じさせる体感を持って、描かれました。

 

どこがゴールなのかは、

わからない。

ただ、世界をそういう風に感じて生きた人がいた。

 

それを思うと、ゴールは永遠にない。感じて生きて死んだその先にも

何かがあるように思えてならない。

金子みすゞはもうこの世界にいないのか? と聞かれると、

そこここに偏在してやはり、いるような気がする。

 

死もゴールではないなら、ゴールは永遠に存在しないと

思うのです……。

 

私の一番すきな詩は、金子みすゞさんの「蜂と神さま」です。(^-^)p

詩の世界は本当に、奥が深いですね。世界をぐるっと回っているようです。

蜂と神さま

蜂はお花のなかに、

お花はお庭のなかに、

お庭は土塀のなかに、

土塀は町の中に、

町は日本の中に

日本は世界の中に

世界は神さまの中に。

そうして、そうして、神さまは、

小ちゃな蜂の中に。

金子 みすゞ

 

 

 

どこへ行きたいのですか?

よく、自分の中へ問う。


どこへ行きたいのですか?


と。


表面が風にさらされて、ビュービューと吹かれている時は


表面のことしか考えられずにいる


内っかわの


思いが沈んでいく時に


その音をよく聴こうとしていると


かすかな、


水の音が聞ける。


何かをしようとしている時に


かえって何もできなくて


たちどまって無音である時に


その無音がどうやら


じぶんにとって本当のことなのに、


それを証明する


力がない


その、無音のところへ


とどまれたら……


そこが私の


還りゆく場所ならば……


そこへ、


其処へ。




 

環境と子育てと、どこんちもそれぞれ。

子育てをしていると、色々なことを言ってくる人がいますね。
「兄弟がいないとかわいそうよ」とか、「一人っ子じゃ心配でしょう?」とか
「最低三人は産まなくちゃねえ」とか、「お母さんが働いてちゃかわいそう」だとか。
そりゃもう、色々言われますよね!

この件に関して私は、
産んだばかりで右も左もわかりませんから、
堂々と「あんたんちはあんたんち!うちは、うち!!」
とは叫べませんでした。(いや、別に叫ばなくてもいいんだけど。)

私も育て初めて日が浅いから
「あ~そうですね~」って、言うだけ言って見送ってきたのですが、
流石に子供も二歳になってわかってきました。

一人っ子でも立派に育つしお母さん働いていてもちゃんといい子に育つし兄弟がいなくても違うパートナーは現れるよ! って。

もう、フツーのことなんだけどなんで、このフツーのことを
言ってくれるご年配が、一人もおらんのでしょうねえ!?

これを検証するために、
やっぱり二年かかってしまいました。
一人っ子でも十分立派に育つし、兄弟じゃなくてもパートナーは現れる。
うちのケンさん(夫)、一人っ子だもの。
もしケンさんが一人っ子ゆえにこういう性格に行き着いたとしたのなら、
私は一人っ子を愛してやまない。
こんなに良いものは、なかなか作れるもんじゃない、と思っている。
そんで、私というパートナーがいれば、兄弟いなくてもいいんでないの?と
勝手に思っている。
友達でもなんでもいい。パートナーは現れる。
それに気づくのに、二年五ヶ月かかってしまった。

「母親が働いていると心配」という説も覆された。
母親が働いていても一緒にいるときに十分な愛があって、
きちんと子供に伝えることを伝えていれば
子供は真っ直ぐ育つんだって、
ランディさんの子供を見て思った。
こんなに真っ直ぐな子供は見たことないって、
今まで洗脳されてきた不安が消し飛んだ。

私に色々な子育て指南をしてくれる、おばちゃん方諸君。
人は人を自分の思い通りにしたがる生き物だけど、
無自覚でそういうのはよろしくないと思うのです。

自覚があればまだ、自分の思い通りにならない人も
「この手には乗らないか……?」と。
余裕を持って接することができるのですが。
自分が絶対正しいと思っている時って、
自分に余裕がなくなってる時なんですよ。

私もしばし、余裕がなくなる方です。
余裕を切らすと絶望したり、怒りを溜めたりするようになります。

余裕がないと恐りっぽくなるんスよ。
それか、最終的には怒り出すんデスよ!
自分と他人は違うし、他人を自分と同じに変える必要は全然ないのに。
「変えねばならん」と思うと、やっぱり、関係がおかしくなる。
それを教えてくれたのは、バッチャでした。


バッチャ……。

人にはアレコレ言わず、常にゴーイングマイウェイのバッチャ。
私の洗って分けたプラスチックゴミを燃えるゴミに投入するバッチャ。
風呂の水を溜めて洗濯しようとしても、
翌朝には風呂釜をきれいに洗い上げてるバッチャ。

なんで??なんで??
と思ってましたが、

最初のうち、エコに被れた私はバッチャを変えよう、バッチャを変えようと
していたのですが、
バッチャは変わるもんではありません。
そして、変えるものではなかったのです。
逆を考えたらすごくよくわかる話なんです。
人を変えようとしてはならない。
自分の納得しないことをすることほど、
人のストレスになることはないのですから。

それに、プラスチックゴミを燃えるゴミに投入するのは、
市町村的にはやっちゃいけないことなのですが。

悩んだ私は市役所に、
「うちのバッチャがプラゴミ、燃えるゴミに捨てるんです!どうしたらいいんですか!?」と
陳情に行きました。すると、
「今の焼却炉はダイオキシンが発生しないように800度以上で燃やしてるから、
そこまで神経質にならなくても、大丈夫ですよ。」

こんな風に職員の人に言われたので。
ひょっとすると、私よりもバッチャの方が環境に優しいのかもしれないのです。

何故か?って、
うちの市町村で出されたプラゴミは、圧縮してトラックに乗せて、
千葉の再生処理工場まで送られるわけですから。

そこまで運ぶガソリン代と、排出される二酸化炭素量を考えるとこれは、
どっちがどっちとは言えんのではないか?という気がしてくるのです。
なので、
私はバッチャがプラゴミを燃えるゴミに投入していても、
気にならなくなりました。
どうせなら最初から捨てるために作られているプラ製品
(ポテチの袋とか)は
バイオプラスチックで土に還るものにして、
うちの畑に埋めれたらいいのにと、最近は思います。
これは、私がバッチャの影響を受けたのです。
風呂の水も溜めるとカビの原因になるので
カビキラーを散布するよりは、重曹撒いて洗っておいた方がいいのでは?
と思うようになりました。

多分、人を変えることはできないかもしれないけども、
人に影響を与えることはできるのだと思うのです。


そして、一番わかりやすい影響は、
消費活動に現れます。
何を買うかって、本当に大事。

自分の消費が社会を形作っていくと考えて良いでしょう。
有機野菜でも何でも、美味しくて値段も適正であれば求められて普及するし、
それが求められない社会では普及しません。
だけど、社会っていうのは得体の知れない塊ではなくて、個人の集合なのです。

そう。気の合う人も、合わない人も
ごったまぜに暮らしているのが恐らく、社会。
だけどそんな社会だからこそ、
うちの子作りには口出すな、と。思っているんです。