Posts Tagged "正体"

今年の目標の正体を探る  山田スイッチ  

プリテス相談所で今年の目標がテーマだったので、
友達の今年の目標とか、目標の捉え方が日記に載ってて
面白いドグ!

それで、ふとドグ子の今年の目標と
目標の叶え方を考えてみたところ
去年の目標について考えてみるのが
よろしかろう! という結論を得たんだドグ☆

皆さんは、去年の目標叶いましたドグ?
ドグ子はさっきトイレで
用を足している間にドグ子の今年の目標とは
何なのかを悟ったんだドグ。
トイレは悟りの場ドグ。
トイレすごい。

今年の目標は、来年叶う!
恐らく!!

そのためには、その目標を叶える前年(来年叶えるなら今年)、
恥を忍んであちこちに目標を言って回らないといけないんだドグ。

なぜなら、目標なんてあっても
怠け上手なドグ子は目標達成のやるべきことを
やらない!!ドグ!

だからこそ大きな声で「こんなことがしたい」
「これをやろうと思ってる」「これ、やる!!」と
一年間言い張り続けなければならないんだドグ。
そして、一年も言い張っているとドグね、
引っ込みがつかなくなるんだドグよ!
「あんた、アレやるって言ってたじゃん」
って、白い目で見られるまで言い続けて、その目に耐えられなくなってからが勝負ドグ!!

耐えられない→焦る→とりあえずやる
この「やる」までたどり着いたらドグ、
もうそんなの叶ってるようなものだドグ。
目標が叶わないのは、やらないからドグ。
やったらそのうちどうにかなるんだドグ。

ドグ子で言ったら、昨年の目標は「漫画家になる」
だったドグ。

しかし、それで漫画が描けたのか? と言ったら、
家の建て替えとのいろんな対応に追われて
全然描けなかったドグ。

だけど、そんな状況でも「漫画が描きたいんです!」と
言い続ければ、
自分を洗脳することができるドグ。
しかも周りに言い続けることで、漫画との繋がりが勝手に太くなるんだドグ。
それには、やっぱり一年かかると思うドグ。

え?
今年のドグ子の目標ドグ?

そんなの、大手出版から漫画出版に決まってるじゃないドグか!
今年も一年、白い目で見られても平気になるまで
「大手出版から漫画出版!!」と
言い張るドグ~!
(^▽^)/

 

育児日記強化週間その6。オバケの正体。

怖いものって、きっとなんだかわからないから怖いんでしょうね。

正体さえわかっていれば、怖くないはず。

まして、その正体がね。こんなものだとしたら・・・

 

第168回 オバケの正体…。 

最近の師匠のことですが。 
三歳児になってからというもの、何故か「理由を述べるように」なりました。 
師匠にお昼、何を食べに行こうか?と聞くと、一生懸命になってこう答えます。 
「師匠、おすし好きだから、大好きだから…!おすし食べたいよう…。」と。 

そのように何故か涙目で家族に訴え、 
回転寿司で納豆巻きの付いたお子様ランチを食べる師匠…。 
師匠、おまえが「大好きだから」と力説したお寿司だけど、 
そのお皿の七割五分は、スパゲッティーとハンバーグだね…。あとは旗とか。 

ようするに師匠は回転寿司の「回転」の部分が大好きなのです。  
そりゃ、遊園地と食べ物屋さんが一体化したような施設ですから。回転寿司は。 
師匠の言う「大好きだから!」という言葉は、 
三歳児にしか発揮できないストレートな感情をもろに直撃してきます。 

もう、ムダに「好き好き」言って育てたかいがあるというものですよ。 
最近では朝、目が覚めた時に「おはよう」ではなく、 
「好き…!おかあさん好き!」と言って抱きついてくるほど、 
バカみたいに素直な子供に育ちました…。 

バ、バカな子ほど可愛い…。 
反対に、師匠の「嫌い」な存在も出てきました。それはオバケです。 
部屋の間仕切りに使っているカーテンが、夜中、 
少しでも開いていると、師匠は脅えてこう騒ぎ立てます。 
「オバケくるから!オバケきちゃうから、カーテンしめて!」 
ああ、怖いものにもちゃんと理由があるんだなあと思いますね。 
「師匠、おかあさんね、三十二年も生きてるけど、 
オバケなんて一回も見たことないんだよ?だから、オバケなんていないよ?」 
すると師匠。 
「いや!オバケくるから!」 
すると風もないのに部屋のカーテンがゆらり、ゆらりと揺れました。 
「おかあさん!」 
師匠は脅えて私にしがみついて来ました。 
次第に激しく揺れていくカーテン…、 
すると、カーテンの向こうから、男の顔が…! 
「あ、ああ…!」 
「キャー!」 
ケンさんでした。 
「ホラ、あれがオバケだよ。」 
ケンさん「やあ、オバケだよ!」 
師匠は安心してしがみついていた手を離し、言いました。 

「オバケ…、ケンさんだったね」その日以降、 
ケンさんの呼び名は「オバケ」になりました。 
「オバケ、テレビ見てるねえ」 
やはり、怖いのは目に見えないものであって、 
目の前で横になってぐーぐー眠るケンさんオバケの姿を見てしまった師匠は、 
オバケを怖がらなくなったのでした。

もはや堂々としたオバケの姿に師匠は、親しみを感じているかもしれません。 
子供の皆さん、オバケの正体は師匠のお父さんです。 
だからあんまり、怖くないよ。

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

その他の記事はこちらから→陸奥新報掲載記事

ページ左上の山田スイッチ社のところからも見れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育児日記強化週間その2。夜泣きの正体。

育児では避けて通れない子供の夜泣き。

この頃まだ新米だったスイッチ母さんは、連日続く師匠の夜泣きに本当に心身をすり減らしていました。

朦朧とする意識の中で考えた「夜泣きの正体」とは?

 

 

第32回 泣き声の響く夜。 



最近、親戚に不幸があったのですが。 

これから書く話はちょっと、恐いッスよ?恐いッスよ?いいですか? 

書くけど、いいですか?  

最後まで読むと、夜泣きの原理がわかるかもよ! 



七カ月の子を持つ副業主婦。山田スイッチの唯一の楽しみは、 

ケンさんとの買い物です。 

先週もホーマック(※サンデーみたいなところ)に行って、 

文具を買うだけなのにものすごくテンションが上がってしまい、ケンさんに報告。 

私「ケンさん!とうとうプラスチックにも書けるペンが出たよ! 

三菱から!すごいよコレ、ビニール袋にも書けるよ! 

あっ!私、御霊前買わなきゃ!」 

ケンさん「御霊前必要だんずな?」 

私「ううん。だけどそのうち必要になるでしょ!誰か死ぬでしょ!」 

ケンさん「なんということを……。御霊前が必要なら、 

『お見舞い』とかも必要なんでねんずな? 

普通、お見舞いが来てから御霊前さなるんでねんずな…? 

そんで、それだばバランス悪りいはんで、『寿』も買わねばまねんでねんず?」 

私「うー、とりあえず、御霊前だけでいいや……」 

と、この会話の二日後。親戚が亡くなりました。(オイオイ) 

わ、私のせい…? 



山田の家系はやたらと長寿な人が多いので、 

九十三歳まで生きて死んだらそんなに不幸とかって感じないんですけど。 

なぜだかうちの家系は死ぬとき、ものすごいラップ音とか、 

自然災害を起こして死ぬ人が多いのです 

(最高記録は死亡時刻に北海道沖地震を起こしたおじいちゃん) 



そして、母がよせばいいのにこんなことを言い放ったのです。 

「…夜中にフスマがスッと開いて、スッと閉まったから、 

H子(妹)が帰ってきたかと思ったんだけど、 

H子に聞いたら違うって言うのよ。 

その頃おばあちゃんが階下ですごい音を聞いてね、 

あれは。タカシマのおばあちゃんが来てたのね。 

あ、そうそう。アンタ、師匠ちゃんと明日、葬式の留守番おねがいね」 

そんな話をした後に、 

霊が来たこの家で七カ月児と、二人で留守番しろってのかい! 

母よ、あんまりだ……。 

しかし、霊とかなんとかはあまり気にしない私であるから、 

普通に留守番を引き受け、犬の散歩をし、寝床についた。 

が、その日。深夜三時。 

突然師匠(子)が、火が点いたように泣き出したのだ……! 

「ウバウバ、ウバアーッッ!!ギャーッ!」  

午前三時。 

火が点いたように泣く我が子・師匠。 

真っ赤な顔をして叫んでいる。 

私「どどど、どうしたの?夜泣きなんかしたことないのに!」 

師匠「アーッッ!ブウバアーッッ」 

独特のセンスで泣き叫ぶ師匠……。一体、師匠に何が起こったのか? 

しかも我々の寝ている部屋はよく考えたら、 

「仏間」。 

仏壇が我々を見下ろしていた…。以下次号! 

 

 

 

第33回 夜泣きの正体。 

 

親戚の不幸があった翌日。 

突然の夜泣きに振り回された私は深夜三時に泣き叫ぶ我が子を見て 

完全に戸惑っていた……。 

「アギャー!アギャアギャアギャー!」 

 

ここまで来ると逆に健康なんじゃないかと思える泣きっぷりなのだが、 

ちょっと異常なくらい叫んでいる。 

「もしや、本当に霊が来ているのか…?」 

流石(さすが)の私も、恐くなってきた……。 

「こっ恐いよー! 師匠についた霊よ、 

去れ!タカシマさんのおばあちゃん、去って!泣かすのは堪忍!」 

「アビャーー!」 

 

 

泣き止まないので抱きっぱなしで歩きっぱなしである。 

重いし、眠い……。いい加減疲れてきた……。 

「アッッギャー!」 

「うおお、師匠についた霊よ、頼むから出てってくれ!」 

「アギャギャー!(そんなで泣きやむほど、コッチは甘くねえんだよ!)」 

 

で、一時間半後。とりあえず泣きつかれて就寝……。深夜四時半。 

子どもは抱いてる姿勢から布団に降ろすと、 

どんな時でもビクッと起きてまた泣き出すので抱いたまま就寝。(上図) 

しばらく観察する。 

すると何故、降ろすと泣くかがわかったのでした……! 

子どもは寝に落ちる前、親につかまろうとするんですよ。それも何度も。 

 

つかむ場所がある → 安心 → 寝る 

つかむ場所がない→ 不安 → 泣く 

 

これを、一時間に渡り、我が子は繰り返していたのでした。 

安心して寝たので三十分眠れました。 

しかし、その一時間後、もう安心だと思った明け方、 

またさっきと同じ『火が点いたような』夜泣きが始まったのです……。 

もーう、勘弁してーえええ……! 

 

終わりなく続くと思われた明け方六時。とうとう夜泣きの正体が判明しました。 

夜泣きで悩んでるみなさん、夜泣きは子供のせいではなくて霊のせいなんで、 

子を責めるのだけは止めておきましょう。 

そんで、できるだけ霊を払いのけれるように。 

抱くなりおぶるなりして、揺らしましょう。 

が、ヤケになって揺さぶるのだけは止めておきましょう。 

 

と、いうことを本当に夜が明け、泣いてろくろく寝てもいないくせに 

ケロッと笑顔になった赤ん坊を見て思ったのです……。 

 

そしてケンさんに報告。 ケンさんが言いました。

「……なんで師匠に霊が憑いたと思ってるんずよ? 
霊が憑いてたのは、おめの方だいな」 

「………エエッッ!?」 

「師匠は一生懸命霊さ、『アナタ早く出て行きなさい!』 

って説得しちゅうのに、なひゃあ師匠のせいにしてるんずよ? 

師匠さお礼言っとけ」 

「し、師匠~お~!」 

わかりました……。夜泣きの正体は、 

「母親に憑いた霊を子供が除霊」していたのでした…! 

じょ、除霊……。 

子供よ、ありがとう……! 

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

その他の記事はこちらから→陸奥新報掲載記事

ページ左上の山田スイッチ社のところからも見れます。

 

☆☆☆追記☆☆☆

夜泣きの正体は霊の仕業ということで。第一子目は決着をつけたスイッチかあさんでしたが、

第二子にもなると基本、夜泣きぐらいじゃ動じる体力もなくなってきまして。

「わー、夜泣きだ-、面倒だから放っておこうー」と思って

寝たふりしてたら、第二子は夜泣きしませんでした。

なんでしょう、これ……。「ぎりぎりまで甘えていたい」という赤ん坊の根性が

夜泣きを支えているんですね。

 

眠っている母親に対しては「夜泣いても無駄」ということを

赤ん坊なりに見切りつけているみたいです。

 

 

 

自分の正体

自分の正体を探そう。

ここのところ、落ち着いてパソコンを開けない日々が続き、
落ち着いて文章を書けない日々も続いているわけなんだけど。
うまいこと、「立て直しせよ。」との誰かの計らいか、
選挙速報のおかげで締め切りが何本か減ったのを
ありがたい導きと考え、
一つ、落ち着いて考えてみたいと思う。

落ち着いて、
自分の正体を探そう。

24歳の頃、カラオケスナックでアルバイトをしていた頃、
哲学者と私が心の中で呼んでいたお客さんが
「あなたの仕事は何?」
と聞いた一瞬で、固まってしまった。

その当時、お笑い芸人を目指して日々
ネタの稽古を繰り返していた私は、

「お笑い芸人です。」

と、答えたかったのに、
答えられなかった。

たしかに、その当時私はお笑い芸人を目指して、
毎日、ネタを書いては消して、動いて突っ込んでの
繰り返しをしていた。

だけど、それで食べれているかっていうと、
全然で。
まったくで。
ナッシングで。
何で食べてるかって言ったら、
結局ここのバイト代で。

結局のところ、私はただの
アルバイトホステスにすぎないんじゃなかろうか?

そんな思いが交錯して、
本当にそのとき、素の状態で固まった。

そして、「ただのアルバイトです。」と答えたら、

「それじゃあダメなんだ。」

と、

哲学者に軽く、言われたのを覚えている。

この人は、意地悪をして
「職業っていうのは何をして食っているかを言うんだ」
なんて、言っているのではなかった。

そういう意識にかられるのは、
ものすごく、一般的で。
飛び越えた発想のないことで。
打ち破ることのない、生き方をさせてしまう考え方なのだ。

ただ、何にも定まらない状態の時、
自分は一体、何者なのか?
という問いは、一番厳しく、
つらく、苦しい。

何になりたいかとか、何になれないかとかって、
本当はない。


本当は、続けていくことが、

自分の正体だったりするわけで。
続けてきたことのすべてが、自分の正体に繋がっているわけで。
お金を稼ぐとか、そういうものが自分の正体ではないんだよ。

何をしているとき、
一番心地よいと感じるかい?

心地よく、気づかぬうちに集中し、興奮する。
それが何なのか、手探りで探る。

そうしていると、生きてること自体が、興奮するように
なっていく。
そうなっている瞬間、その瞬間の地続きが、
自分の正体なのだと。

 

夜泣きの原理と霊の正体 後編

午前三時。
火が点いたように泣く、とはこのことだといえるような
我が子・師匠の泣きっぷり。
真っ赤になって叫ぶだけ叫んでいる。
「アーッッ!!」とか「ウバアーッッ」とか「ウバウバ、ウバアーッッ!!」
とか。
独特のセンスで泣き叫んでいる。

私「どどど、どうしたの? 夜泣きなんかしたことないのに!」

しかし、決して泣きやまない師匠。(七ヶ月)
振り回したり、抱いて歩いたり一時間におよぶ攻防。
師匠、疲れ知らずの泣きっぷり。

ここまで来ると逆に健康なんじゃないか?と
思えるような泣きっぷりなのだが、
ちょっと異常なくらい叫んでいる。
しかも、我々が寝ている部屋は、仏間。

先祖代々……ひいじいちゃん、ひいばあちゃん、じいさんの
遺影がこっちを見下ろし、
仏様の仏壇があるような部屋で
寝ているわけである。
「ウバアーッッ!ウバウバ、ウバアーッッ!!
アギャーーーーー!!!!」

流石の私も、恐くなってきた……。

「こっ恐いよー! 師匠についた霊よ、去れ!
おばあちゃん、去って! いや、去らなくていいから、
泣かすのは勘弁!」

「アビャーーーー!! アビャアビャ、アビャーーー!!」



恐いので抱きっぱなしで歩きっぱなしである。重いし、眠い……。
いい加減疲れてきた……。

「アッッギャーーー!!」
「うおお、師匠についた霊よ、出て行け!
頼むから出てってくれ!!」
「アギャギャギャーーー!!(そんなで泣きやむほど
コッチは甘くねえんだよ!!)」

で、一時間半後、とりあえず泣きつかれて就寝……。
深夜四時半。
子どもは抱いてる姿勢から布団に降ろすと
どんな時でもビクッと起きてまた泣き出すので
抱いたまま就寝。(下図)

夜泣き


しばらく観察する。

何故、降ろすと泣くかがわかった……!

子どもは寝に落ちる前、
親につかまろうとするんですよ。
それも何度も。

つかむ場所がある→安心→寝る
つかむ場所がない→不安→泣く→起きる

これを、一時間に渡り、我が子は繰り返していました。
安心して寝たので三十分眠れました。
しかし、その一時間後、もう安心だと思った明け方、
またさっきと同じ『火が点いたような』夜泣きが始まったのです……。

「アビャーーーー!! アビャアビャ、アビャーーー!!」

もーう、勘弁してーえええ………。

終わり泣く続くと思われた明け方六時。
とうとう夜泣きの正体が判明した。

謎の老人「夜泣きは全部、霊のせいなんじゃ!!」

夜泣きで悩んでるみなさん、
夜泣きは子供のせいではなくて霊のせいなんで、
子を責めるのだけは止めておきましょう。
そんで、できるだけ霊を払いのけれるように
抱くなりおぶるなりして、揺らしましょう。
が、ヤケになって揺さぶるのだけは止めておきましょう。

と、いうことを本当に夜が明け、
泣いてろくろく寝てもいないくせに
ケロッと笑顔になった赤ん坊を見て思った……。

そしてケンさんに報告。

ケンさん「なんで師匠に霊が憑いてると思ってるんずよ?霊が憑いてたのはおめの方だいな。」
    
        
「………エエッッ!?」

夜泣き2

ケンさん

「師匠は一生懸命霊さ、『アナタ早く出て行きなさい!』って説得しちゅうのに、
なひゃあ、師匠のせいにするんずよ? 師匠さお礼言っとけ」

 

私「し、師匠~お~お~お!! 」

わかった……。

夜泣きの正体は、「母親に霊が取り憑いている。」
子供の叫びの正体は、「除霊」
……!

以上、山田スイッチでした。
もう夜明けだよ……。