Posts Tagged "目標"

今年の目標の正体を探る  山田スイッチ  

プリテス相談所で今年の目標がテーマだったので、
友達の今年の目標とか、目標の捉え方が日記に載ってて
面白いドグ!

それで、ふとドグ子の今年の目標と
目標の叶え方を考えてみたところ
去年の目標について考えてみるのが
よろしかろう! という結論を得たんだドグ☆

皆さんは、去年の目標叶いましたドグ?
ドグ子はさっきトイレで
用を足している間にドグ子の今年の目標とは
何なのかを悟ったんだドグ。
トイレは悟りの場ドグ。
トイレすごい。

今年の目標は、来年叶う!
恐らく!!

そのためには、その目標を叶える前年(来年叶えるなら今年)、
恥を忍んであちこちに目標を言って回らないといけないんだドグ。

なぜなら、目標なんてあっても
怠け上手なドグ子は目標達成のやるべきことを
やらない!!ドグ!

だからこそ大きな声で「こんなことがしたい」
「これをやろうと思ってる」「これ、やる!!」と
一年間言い張り続けなければならないんだドグ。
そして、一年も言い張っているとドグね、
引っ込みがつかなくなるんだドグよ!
「あんた、アレやるって言ってたじゃん」
って、白い目で見られるまで言い続けて、その目に耐えられなくなってからが勝負ドグ!!

耐えられない→焦る→とりあえずやる
この「やる」までたどり着いたらドグ、
もうそんなの叶ってるようなものだドグ。
目標が叶わないのは、やらないからドグ。
やったらそのうちどうにかなるんだドグ。

ドグ子で言ったら、昨年の目標は「漫画家になる」
だったドグ。

しかし、それで漫画が描けたのか? と言ったら、
家の建て替えとのいろんな対応に追われて
全然描けなかったドグ。

だけど、そんな状況でも「漫画が描きたいんです!」と
言い続ければ、
自分を洗脳することができるドグ。
しかも周りに言い続けることで、漫画との繋がりが勝手に太くなるんだドグ。
それには、やっぱり一年かかると思うドグ。

え?
今年のドグ子の目標ドグ?

そんなの、大手出版から漫画出版に決まってるじゃないドグか!
今年も一年、白い目で見られても平気になるまで
「大手出版から漫画出版!!」と
言い張るドグ~!
(^▽^)/

 

2014 今年の目標

とあることをきっかけに今、死ぬことに非常に興味があるんです。
生き物がなんで、「食べられるのに生きるのか」ということは
永遠のテーマじゃないですか。
 
その生き物の中から、「他の動物に食べられるのが嫌だ!」という
強い思いから道具を発見して、火を使ったり、医療を発見したりして
人間が生まれたわけですけども
それでも死ぬのに変りはなくて。
 
死んでしまうのになんで生きるのかって、やっぱり考えちゃうわけですよ。
やっぱり、死んだら漫画「火の鳥」みたいに銀河の中の巨大な魂の渦に自分も飛び込んでいって、もはやどこからが自分でどこからが他人もわからなくなり、そこには死んでしまった過去の恋人やあらゆる魂が存在していて、魂がダンスを踊るようにぐるぐると渦巻いているのだろうかと思ったのですが、
 
まあ、そういうのって死なないとわからないじゃないですか。(笑)
 
死なないとわからない。
だから、今の目標は安全に最後までしっかり生きること。
安全に魂をうまく運転していって、
死んだ時に「ああ、こういうことね!」っていうのを
しっかりと意識できるような、
そんな死体でありたい。
 
関係ないですけど、「新鮮な死体」って、ひょっとして生きていませんか?
ちょっと手をくわえたら生き返るんじゃないかしら。
 
今月の11日は、不動産屋のコボリさんがガンで亡くなって、ケンさんがお通夜に行って来たのですが。
 
お通夜の席では生前にコボリさんが「通夜の席で伝えてほしい」と残されたメッセージが喪主である息子さんの口から語られたのだそうです。
 
そのメッセージが、もしかすると不動産業界全体が見直されるほど素晴らしいメッセージだったので、ここにお伝えしたいと思うんです。通夜の席で伝えてほしいと語られた、コボリさんからのメッセージはこんなものでした。
 
「今よう、あのよ(世)!」
 
ギャ……ギャグ!?
 
先ほどまでの友人代表の挨拶で、泣きに泣いた会場で故人からのギャグを聞き、ケンさんは言いました。「通夜って、にこりともしてはならない雰囲気があるんだばって、これ聞いたらなんか、フワッとしたよな!」 
 
このお話を聞いてから、私の中でなんか、死生観が変わったような気がするんです。
 
コボリさん、本当にありがとうございました。
 
 

今日の目標

こいつを、こいつをシメサバにしてやる! ごまさばなのにシメサバにな!121119_1437~001.jpg

 

来年度の目標

昨年の年末に、どうしても書きたくて書いたお話に、


「あくまのおかあさん」というものがあります。


あくまのおかあさんと、あくまのこどもと、いくちゃん が 繰り広げる


「ハミガキをしないとお口の中がバイキンだらけになっちまうよ~!」

ストーリー。


山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-あくまのおかあさん


画像をクリックすると「あくまのおかあさんブログ」に飛びます。


今年は、エッセイ以外のお話を書く時間がほとんど取れませんでした。


お薬手帳を見てみたら、12月はほとんど毎週小児科に通っていることがわかり、


師匠かマペ次郎のどっちかが必ず何かに感染しているから、


「誰も感染していない」黄金期は、一週間あれば御の字な方です。


(今はマペ次郎さんが中耳炎。耳鼻科は長いよ~!)


だけど、書くのって本当に楽しい。


自分一人のために書いてて、書けば書くほどしあわせな気持ちになってくるんだから


私って本当に、お手軽な人間だなあ…と思うのです。


頭の中にストックされているお話が、もうそろそろ出して欲しいと


最近、直訴札を持って直訴してくるようになりました。


もうそろそろ、この直訴に答えなきゃいかんだろうと

思っています。


今は、読売新聞青森版で連載しているバッチャのお話(エッセイ170本くらいある)を、


本にまとめる作業をしています。


やっぱりまとめていると、まるまる書き直しになることが多くて


なかなかうまくまとまらないのですが、


いっそのこと、新しいのを上から書いていこうかと、この間道が開けたので、

残りはスーッといけそうです。


林さんの奥様(エレキさん)が以前、「今やっていることは、次に繋がるんじゃなくて、


次の次ぐらいに繋がるんだよ」と言っていた言葉が印象的で、


確かに今やっていることは次には繋がっている感じはしないのだけど、


次の次ぐらいには確実に繋がってるなあ……と


思うのです。


だから繋がった時には「まさかコレがソレに繋がってたなんて……!」


と思うことになります。


今年一年、「コレが何に繋がるんだろう?」と思って暮らしていた人も、


再来年になれば、「まさかココに繋がっていたとは!!」と思うことが


いっぱい出てくると思います。


だから今やっていることって、全然無駄じゃないんです。


どこかの時点から見たら、必ず必要があってやっていることなんですから。

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。

わが家の一年前なんて、


マペ次郎がモシモシのことを「もんもち!」って


言ってたぐらいですから。


最近なんて「おかしゃんに代わります-!」ぐらい


言いますから。だけど最初っから「あ、今 母に代わりますね」


といえちゃう幼児は不気味なので、


よくわかんないけど「もんもち!」って言う気概が必要なんだと思います。

2011年の目標は、「書くことに戻る」でした。


この目標は全然達成されなかった感がありますが、


私のやっていることはいつも、次の次に繋がる……ということは、2012年!


来年は書くことに戻れる気がします。

ちょっとフライング気味ですが、


皆さんよいお年を!


山田スイッチ(^-^)p 2011/12/31


来年もどうぞよろしくお願い致します!


 

今年の目標と本日のケンさん。

大晦日まであと十分……という時に読んでた本が、

西原理恵子さんの『人生一年生2号』でした。



西原 理恵子
西原理恵子の人生一年生 (2号)

「西原理恵子のこの人に会いたくない」っていう対談がすごいの。


沢田亜矢子の元ダンナと、女装誌編集長のキャンディ・ミルキィさん、

精神科医の小田晋さんとAV監督兼漫画家の卯月妙子さんと西原さんが対談して、

オチが。

「どうしたらマシになるかっていうと、そもそも、

マシになる可能性なんて大体人間にはないんです」


っていうのがすごい……。 

そんなこんなで

気付けば十二時まであと十分。

「ハッ!このままでは 本を読んでただけで年を越してしまう……!

ケンさん! ケンさん! ちょっと来て!!」

「おめは、年越しさこだわる方だのな?」

「とりあえず師匠と三人揃って十二時を迎えようよ! あと二分だよ…!

二分……こ、今年もよろしくお願いします!!」

ケンさんは、ニッともフッともとれる笑いをして

年が明けると元の位置に戻っていきました……。

そんな年末に思い描いていた今年の目標は、

「地下に潜って、がんばろう。」

でした。

んん??

なんかよくわからないけど、

今年は潜らなきゃイカンような気がするんです。

そんで、潜ってしばらく出てこないような。

そんな日々が続けばラッキーです。

関係ないけど、病院から連れ去られた赤ちゃんが無事でよかった……。

最近、こういうニュースが多すぎて、またあきらめて待たなきゃいけないのかと

絶望しかけましたが、赤ちゃんが無事で良かった!

本当に良かった……!!

年明けに読んだ一冊。

これはとても素敵な、愛の一冊。


 
鈴木 おさむ
ブスの瞳に恋してる
 

読んでるうちに、本当に森三中の大島美幸が大好きになっちゃいます。

鈴木おさむ氏のふんだんにネタが飛び散っているのに自然な語りが

すごくやわらかく衝撃的で、愛しい。バカバカしくって大好き!

どんなに妻の奇行を詳細に記していても、

あたたかい愛を感じてしまう傑作です。

オススメ!

今年もよろしくです!