検索結果 "エッセイ"

JOMON FAN 縄文エッセイ更新!

JOMON FANで連載している「あそこのおかあさん縄文人だから」

連載70回を迎えました!!

読んでくださっている皆さん、本当にありがとうございます!

 

最近、縄文のトークを頼まれることが多くなりまして、

一体、何故……? と思っていたら、知らぬ間に縄文スキルがエライこと溜まっていたのが

自分のプロフィールを見てわかりました。

ああ~。こりゃ、縄文の仕事も来るはずだわ~って。

 

山田スイッチの2014年版のプロフィール、見てやってください。(^O^)

 

 

山田スイッチ プロフィール 2014
 
 青森県在住コラムニスト。弘前学院大学英文科卒業。
 2000年にお笑いコンビ「しあわせスイッチ」を結成し、翌年解散 2001年11月ぴあコラム大賞を受賞。
一年間weeklyぴあにてコラムを連載し、2003年処女単行本「しあわせスイッチ」(ぴあ出版)を発刊。
主な著書に「しあわせ道場」「トーキョー放浪記」(共に光文社知恵の森文庫)、「ブラジルスイッチ」(ぴあ出版)がある。
 
2007年、4月より読売新聞青森県版で「山田スイッチのTHE・青森暮らし」連載開始。(現在連載270回)
2008年5月、作家・田口ランディさんと「縄文友の会」を結成。会の副会長を務める。
8月、自宅の庭に竪穴式住居を建てる。
10月、青森県の縄文関連情報総合サイト JOMON FANで「あそこのおかあさん縄文人だから」を連載開始。
 
2009年10月 三内丸山縄文大祭の総合プロデュースを務める。
2010年 たまひよこっこクラブにて山田スイッチの縄文式子育てを連載。(2011年4月号まで)
2011年5月「私の3・11」(毎日新聞社)に寄稿する。
陸奥新報紙にて毎週木曜日に「エコハンター」というエコロジー・エッセイを連載中(現在連載130回を超えました)。
 
2013年4月同居する夫の祖母についてのエッセイ集「うちのバッチャ」(山田スイッチ社)を刊行する。
男児二人の母。
 
うっかりとボンヤリの塊ですが、どうにか生きている今日この頃です。
今日、ヨーカドーに財布と携帯とカバンを持たずに出かけてしまいました。。。
何をしにいったのでしょうか? 私は……。
 

第二回 ヨークカルチャー エッセイ大会弘前☆

さて! 隔週木曜でイトーヨーカドー弘前の7階

ヨークカルチャーセンターでエッセイ講座をやっているスイッチですが、

今回、お題を「真実だと思っていること」にしたところ、

格段にみんなのエッセイが良くなりました!!

 

やっぱり、真実だと思っていることって

人それぞれ違って、それぞれ面白い!!

20分で書いてもらっているので、校正とかする時間ないのですが、

格段にうまくなってる。

 

今日はマロンさんと影太さんの「真実だと思っていること」をお届けしますね!

 

これが真実だと思っている事    マロン
 
 
努力は必要だ。しかし、意味のない考えのない努力はムダだ。
学生の頃 勉強がキライだった。
キライだから勉強しても入ってこない。
Xは?Yは?しらんがな。
家庭科は好きだった。美術も好きだった。
好きだから意味があった。うん。
いつまでも若々しくいたいと思う。
だからお肌の手入れはキチンとする。うん、マイナス5歳肌キープ。
運動は苦手だ。苦手な物は長くつづかない。
 
努力してもムダな事もある。
二のうでが太い。どうにもならん。
いとこに言ったら「工藤家のまぎだね」と言われた。
彼女は運動好きだ。ソフト部であった。
あんだけ運動してたらうでが細くなりそうだけど
「わもふりそでだね」
そうか。ダイエットしてもどうにもならない事も世の中にはあるんだな。
 
世の中 努力でどうにかなる事も ならないこともあるんだナ。
―――だって私 AKBにはなれないし、
  体重だって40kg前半にもなれないもの。
 
  でもでも同級生が次々とおばちゃん化するのを見ると
  お肌と脳内はピカピカにしておきたいなあ。
  出来る努力は必要かあ。
 

☆☆☆☆☆

 

これが真実だと思っている事    影太
 
悲しみの感情は ほんのささいな事で、笑いに変れる。
頭では悲しい 辛いって思っていても TVからあまりにも陽気な音楽が流れてきたり 家の外から近所のおばさんのクシャミが聞こえたりすると 気持ちはそっちに傾き悲しみをふと忘れてしまう。
 
笑ってはいけない場面に居れば居るほどその<けいこう>が強くなる。
普段なら全然 おもしろくも何とも無いのに悲しみや辛いときほど強く感じてしまう気が…
 
神妙に話を聞いている人は本当は何を思いながら聞いているのかな?
おそう式でも 当の家族以外は久しぶりに会った 知り合いや友達との会話を楽しんでいる。私もその一人です。悲しみ辛さは笑いと背中合わせ。
悲しみ辛さの中にある笑いを楽しみたいな。

 

 
☆☆☆☆☆
 
 
んん、なんか深い!!!!!!
 

ヨークカルチャーセンター弘前では、山田スイッチの思考法&エッセイ講座が

隔週木曜で開催されています。お茶の時間もあるので、気楽に遊びに来てくださいね☆

スイッチより(^ ^)

 

第一回 エッセイ大会 in ヨークカルチャーセンタ弘前

ヨークカルチャーセンター弘前の山田スイッチの「思考法&エッセイ講座」では、
生徒さんにエッセイを書いてもらっています。
みんなうまいんだけど、いつもエッセイ講座をやって思うのは、
エッセイよりもその人の方が面白いっていうこと。
 
お話をしている時点で、
こんなにも感受性があって、こんな風に感じていて
人って面白いなあ~って思うんだけど、
それがエッセイに出てくるのはもう少し、時間がかかるんだなあと思うのです。
 
いつか出てくると思うし、その人の持っている
すごいところや、面白いところを一緒に見つけて
だんだんとその、その人にしかないすごいものをエッセイにしていきたいと思っています。
 
生徒のマロンさんは実を言うと、イラストがすごくうまい。
そして影太さんはものすごっく、詩人の感性を持っているんだよね。
授業は2人に影響されて、とても面白いのです。今日はそんな二人のエッセイをご紹介します!
ちなみに、影太さんは女です。
 
 
こんぺいとう。実は?!「ステキなこんぺいとう」 マロン
 
この前何気なく本を読みながらこんぺいとうをかじっていた。
いちご味のこんぺいとう。
チョコレートまでかかっている。
ポリポリポリ…。
 
私はこんぺいとうが秘かに好きだ。
出来ればフレーバー付きのやつ。
これは大阪の友人が送ってくれた。
バレンタインに「チョコは真紀ちゃんくわしそうだから」と。
秘かにというのはわざわざ「私はこんぺいとうが好きだ!!」
なんてわざわざ公言しないし、毎日食べているわけでもない。
でもあるとうれしい。
そんなお菓子。
地味だけどステキだ。
 
皇族の引出菓子にも「ボンボニエール」(だっけ?)とか言うこんぺいとうが付くらしいし。
(ステキな入れ物に入っている)
こんぺいとうをかじりながら思った。
「なんて女の子っぽいお菓子だろう。こんぺい糖好きの男子ってあまりきかないな」
と同時に別のことも胸裏をよぎった。
 
「女の子っぽいとか思いつつ、実はガンコジジイがたんせいこめてつくってたりするんだよなあ」
───以前テレビで見た事がある。
熱いかまの前でこんぺいとうのツノを出すのにシロップを何度もかけてがんばっている職人さんを。
うん。すごいなあ。
 
ポリポリ。とりあえず目の前のこんぺい糖を食べながら、少女マンガをたんのうしよう。
 
食べているときはガンコジジイの事は忘れよう。
 
レースふりふりの洋服だってイカツイ顔の兄ちゃんが作っていても、だれもそこまで考えないし。
 
目の前の可愛い世界にとりあえずひたろう。
 
───ガンコジジイは別の時に思い出して感謝しよう。
 
だってバレンタインだってケーキだってうちの会社でも可愛いとは無縁のおじ様が仕上げているんだもの。
(企画するのは別だけどナ)
 
オマケ
───しかし「字」って書かないと忘れるなあ とほほ。
 
END
 
 
気になる林檎 影太
 
桜の次は「りんごの花」って事で、姉と一緒にりんご公園へ行った。
真近に見るりんごの花はさくらよりキレイなのでは?と思う位とても見ごたえがある。
 
坂道の上に美空ひばりの石碑があって「りんご追分け」が流れていました。
小高い丘の上に鳴りひびくひばりちゃんの歌声がとてもマッチしていて、なんだか胸がジンとしたのです。
その坂を下ると古民家があって、昔ながらのかや屋根に土間伝い居間に長い縁側、昔の農機具なんかもあって、ふと昔を思い出したと同時にそこに住んでいた情景が目にうかぶ様です。
 
その家には今でいうところの”ロフト”中2階があって部屋、部屋に誰の部屋だったか書かれていました。
主人の部屋、子供部屋、客室…ロフトには「若夫婦」の部屋と書かれていました。なんだかドキドキ…。
何段もない急な階段を登って「若夫婦」の秘密の部屋へ。
2人で十分な広さ。壁には「ねぶた絵」のポスター。
窓からのながめは良く、気はずかしくなる豆電気…。
 
豆電気の明かりって、期待が高まる気がしません?
ねぷた絵のように、ヤーヤードー、ラッセラーラッセラーってがんばったのかな?
今はヤッテマレーなんだろうな
 
 
END
 
 
(^O^) 二人とも、個性的でしょ? でもまだまだ堅い感じもするかな。
 
私の、エッセイを書く時にけっこうよく使う手は、
「ちょっと奥様、聞いた!?」戦法です。
エッセイって、誰に向かって書けばいいのかわからないところが
あるじゃないですか。
 
そこで、誰に向かうかをあらかじめ「奥様」に設定すると、
意外と書きやすいのです。
「ねえちょっと、聞いた?」っていう風に書いてみると
案外簡単に書けたりします。
 
うまい人のエッセイを読んでいると、脳みそっていうのは
色々な場所へ出入りが自由なんだなあ~と感じます。
皆さんもぜひ、エッセイにチャレンジしてみてください!
 
 

山田スイッチの思考法&エッセイ講座

昨日も、イトーヨーカドーのヨークカルチャーで講座をやっていたのですが、
メンバーは私も入れて3人で、とっても楽しいのです。
エッセイの書き方から頻尿の治し方、死後の世界まで。
その時、その時の生徒さんに起こったことについて、考察を深めます。

 

 

死後の世界って、宗教によって違うじゃないですか。
死んだら地獄に行くとか、天国に行くとか、輪廻転生するとか、
死んだら何もなくなるとか。

それって、決まっていないイコール、アイディアに過ぎないのだと思うのです。
宗教によって死後に行く先が違うってこともないのでしょうから。

宗教は、それこそキリスト誕生から2014年経っているわけですし、

 

ブッダが生まれてから2600年くらいといわれるのですから
2000年単位で人に信じさせる説得力があったわけです。
とっても長持ちな、素晴らしいアイディアだったのです。

 

 

そうすると、聖書は偉大なアイディア集ということに?
しかし、2000年の間に生活環境は大きく変わり、そろそろ新しいアイディアじゃないと

 

対応できなくなってきているのだと思います。
仏教は更新されてきています。

 

 

ブッダもキリストも、自分で文字を残していません。
彼らの教えは後世のお弟子さんによって語り継がれ、文字にされ、

 

更に時代に合わせて新しい解釈が加えられ、
後に素晴らしい弟子が現れると
「コレって、こういう意味だったんじゃね!?」
という更新が加えられました。

 

 

キリスト教も、弘前の佐藤初女さんがやっていることなんかは、

しい解釈なのだと思います。
生活に根ざした宗教としてのキリスト教。

 

 

それで、私が今気になっているのが、第三の宗教。(笑)

 

なんか、第三のビールみたいですけど。
それは、極端に要約すると、「死んでもすぐに生まれ変わるし、
あの世でスープを飲まなければ
記憶を持ったまま生まれ変わる」というものなのですが。
 
最近、森田健さんのいう言葉が面白くてしょうがないんです。

 

 

例えば、自由について。

 

#映画ワンネス 自由がないとイヤだ・・と感じる理由のひとつに
「好きなことをして生きていきたい」というのがあると思います。
けれど、食べたこともないものを好きになることはできません。
つまり、好きなことというのは過去に縛られていると思うのです。  
それで、本当に自由でしょうか・・。」
 
森田健さんのtwitterより 2014年5月30日
 

長年の研究の結果、未来に基づいて現在が創られていくという考えに、
森田さんはたどり着いたのですが、脳科学者の池谷裕二さんが言うには、
「意識は無意識よりも0・5秒遅く来る」んだそうです

 

 

私たちは、喉が乾いて脳が命令を下してから、

 

水の入ったコップを手にとって飲んでいると思っていますが、
実際には「喉が乾いた」瞬間に、脳よりも早く手はコップを掴んでいるのだそうです。

 

 

好きな人に意識してキスをするんじゃなくて、気づけばキスをしてしまっている。

 

だから、理由はいつも後付けなんですね。ということは、思うことよりも行動は先に来るということです。
体が先で意志の方が後。
その辺りからも、新しいものの見方ができるような 気がするんです。(^O^)
 
 
こんなおしゃべりをしなあがら、エッセイを実際に書きながら。
必ずおやつの時間も入れて。(笑)
隔週木曜日に弘前のヨークカルチャーセンター(イトーヨーカドー7階)で
講座を行っています。少人数でわいわいやっていきたいと思っています。
 
次回は、生徒さんのエッセイを紹介したいと思います!
 
 
カルチャーの講座を体験されたい方は、
 
電話0172-37-1061 ヨークカルチャーセンターまで
お問い合わせ下さい。
講座名は「山田スイッチの思考法&エッセイ講座」です!
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイッチ流思考法&エッセイ講座

 
 

ヨークカルチャーセンターで山田スイッチのエッセイ講座始まります!





なんと、もうお申し込みがあったらしいです!


2名も!!


目標は4名なので、もはや50%は達成しているじゃないですか!


すごい! 超・ニッチな感じで90分面白い時間を過ごせそうです☆

もしもエッセイ書きたい人とかいらっしゃったら、
3月6日に無料体験レッスンがありますので、
遊びにいらしてくださいね☆
占いたいだけの人でも歓迎です。(^O^)p

場所 ヨークカルチャーセンター (イトーヨーカドー弘前店 5階受付 )
時間 毎週木曜日 13:00~14:30
料金 月額 3240円
必要なもの ノートと筆記用具
講師 山田スイッチ

お問い合わせ・お申し込みは、ヨークカルチャーセンター 電話 0120-567-555 まで!