検索結果 "津軽"

[うちのバッチャ] 第四章 バッチャと青森の風土— 29. 津軽の厳しい冬から、春

第四章 バッチャと青森の風土 
 
29.津軽の厳しい冬から、春
 
 冬の間、家の中で裁縫をし、うたた寝をしていたバッチャ達は、ようやく春の日差しに誘われて近所を歩くようになりました。
 冬の間はめっきり来客の数が減るのすが、それは近所のバッチャ達も家の中に籠もって食糧を蓄えながら、冬眠していたのですね。暖かくなるにつれて、わが家を訪れるバッチャの数は日増しに増えてきました。 
 まず春の一報を伝えてくれたのは、ご近所のマツヤさんでした。バッチャ達のエンターテイメント(ようするに娯楽)の7割方は、「孫の写真」によるものです。マツヤさんのお孫さんが成人式を迎えたそうなので、写真を持って我が家を訪れてくれました。
 しかしよく考えたら、成人式から早2ヶ月……。
本当にバッチャ達というのは、春にならないと活動を開始しないものなのですね。
 そんなバッチャ達が張り切って畑にねまる(津軽弁で、座る)季節、春。
 春は畑と山菜との闘いです。山菜を採って、湯がいて、塩漬けにして。焼いて炒めて、味噌漬けにして。いかにたくさんの山菜を調理するかの勝負です。
 まずは一斉に、フキノトウが芽を出します。
 ぼやぼやしてると食べ頃を逃すので、フキノトウを見つけたら急いで摘んで、その日の晩ご飯に出します。とりあえずは天ぷらにして。
 待ちこがれていた春の味わい。「フキノトウが芽を出しました!」と、猛烈にバッチャにアピールします。
 アピールしておかないと、私の好物のばっけ味噌(フキ味噌)を作ってもらいそびれるので、必要以上に慌てながら報告します。
「バババ、バッチャ、ばっけが! ばっけが……!」
 ……って一体、何事なんでしょうね。
 ばっけ味噌は、その名の通りばっけ(フキノトウ)を洗って、刻んで油で炒めて、みりんと味噌を入れて弱火で煮詰めたものです。
 
 家で作るばっけ味噌ほど、春の味がつまったものはないと思います。ばっけ味噌は保存が効くので、フキノトウが採れるようになったら、とにかくばっけ味噌作りです。ばっけ味噌のおにぎりなんて、最高に美味しいのです。
 小さい子は山菜を好かないと思われがちですが、うちの息子は1歳の頃からこの苦みのあるばっけ味噌のおにぎりを食べて、ばっけの天ぷらを素手で食べておりました。
 ばっけは食べ頃の時期を逃しても、そのうち「フキ」になるのでお得です。山菜というのは本当に、無駄のない植物だと思います。
 このばっけの出る季節は実をいうと、目安があります。青森県内では渡ってきた白鳥がフォー、フォーと鳴きながらロシアに帰ると、ちょうど庭先のばっけが芽を出す季節です。
 白鳥が鳴き、山菜が芽を出し、バッチャ達が畑に溢れ出す季節、春。
 スプリング(英語で、わき出る・芽を出す・跳躍する)とは、よく言ったものです。
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

 

 

 

[うちのバッチャ] 第三章 バッチャと津軽の四季 ーーー 18. ホッケ50匹の大量レシピ

 
第三章 バッチャと津軽の四季
 
18. ホッケ50匹の大量レシピ
 
 青森県では春になると、近所のバッチャ達が物干し竿や軒先にホッケの開いたのを大量に干すようになります。ホッケはなかなかに魚臭いのですが、ホッケが干してある間はホッケの隣に洗濯物を干しています。
 なぜ軒先に開いたホッケを干すのかというと、バッチャ達が家でホッケ寿司を漬けるからなんですね。カチカチに乾いたホッケと刻んだショウガ、にんじん、とうがらし、ざらめとおかゆ、酢としょうゆで漬けられるホッケ寿司は、春に漬けて夏が過ぎた頃に食べる津軽の保存食です。その詳しい漬け方を聞いてみたところ、ホッケを漬けるには都会の一般家庭にはムリがあると思ってしまった次第です。
 昔は青森のどこの家庭でも漬けていたホッケ寿司ですが。材料を聞いた時点で、不穏な空気が流れてきました。
 
「まず、ホッケことカンッカンに干したのとば50匹だな!」
「ご…50匹ですか!」
 50匹って。うちだって一般家庭ですが、若い人に「ホッケを50匹開いて干して漬けれ」と言っても、何の事やらわけがわからないのではないか? と思うのです。ある意味、ホッケを漬ける作業というのは、職人の領域に近いのかもしれません。
 カンッカンに干さなきゃ漬けられぬというホッケは、我が家の軒先に50匹。ガンギッガンギになるまで3~4週間ほど、干されていました。音からもわかるように、ガンギッガンギッというのはカチカチやカンッカンを通り越して、これ以上硬くはならないほど硬い状態を表します。
「あとはにんじん3本と、ショウガは10個ぐらい刻むべ? そしたら大鍋さ、もち米7合とばやわらけく煮て、ざらめ2袋と半分を入れて溶かす。そんでしょうゆ14合、焼酎4合、酢一本、赤唐辛子は3本ぐれえだな。塩2合弱、それさ刻んだにんじんとショウガ入れて液とば作るのよ。そしたら、水にうるかして(漬けて)、ザルさあげて、しだらかしたホッケば樽さ入れて、液とば入れて、ホッケ入れて、液とば入れてって風に、交互に漬けるんだ」
「はあ、ナルホド~」
「だばって、大きいホッケと小せえホッケだば、漬け方違うんだ?」
「ええっ!」
「大きいホッケとば、小せえホッケと同じ量で塩だのなんだの入れれば、漬からねんだねん。んだはんで、ホッケの量とばよく見て、それで調味料も量、変えて漬けるのよ。」
「そ、そうなんですか……。だいたい、今からどれくらい漬けるんですか?」
「んー。秋までだな」
「秋まで!」
「夏に樽こと開ければ、アブが付くべ? んだはんで、秋まで黒いナイロンをかけておくのヨ。そうせば、アブが来ないのヨ」
「白いナイロンだば、ダメなんですか?」
「黒いナイロンでねば、アブが来る!」
 そうして重しにする石は、「とにかく重くねばマネ」のだそうです。まさかホッケの漬け物にこれほどの手間がかかっていようとは。
 
 ところで、バッチャの言っていた言葉を全部わかったかのような顔で聞いていた私ですが、文中「しだらかす」だけは、わかりませんでした。そんなわけで、ジッチャに後日、「しだらかすって、なんですか?」と聞いたところ、ジッチャは眉間に皺を寄せて、相当考えながら言いました。
「あのよ、米とば洗って、ザルさあげるべ? それこと、しだらかすって言うんだばって……」
「ああ、乾かすですか?」
「いや、乾かすでもねんだばって、ん。ザルさあげて……乾かす、だべか……? 違うんた気がすなあ……」
 そういうわけで、ジッチャの話をまとめると「しだらかす」は、「水に浸けて、ザルにあげておくこと」でした。
  
 大震災があった後もバッチャは当たり前のように畑を耕し、軒先にホッケを吊るしていました。何があっても、季節が動いたらその季節にやらなきゃならないことをするバッチャ達は、黙々と仕事をこなします。
 長い冬の後の春は、喜びに溢れています。フキノトウで作った「ばっけ味噌」のおにぎりを食べて、ホッケが軒先に並びだしたら、「ああ、春だなあ。」と思うのです。
 バッチャと、まだ少し若い私との決定的な差。それは、体内時計にあると思うのです。
 若ければなんだか知らないけど、喜びに溢れている……そんなわけはないと思います。
 私の感覚だと、若者は若者であるが故に常に何かに追われ、チリチリと焦っています。時間がたくさんある若者の方が「時間がない」と感じているというのも、不思議な話ですね。同じ春でも若者の感じる春と、バッチャ達の感じている春では少し、違うのかもしれません。
 
 バッチャの朝は4時半に始まり、陽が昇る前に畑で草取りをして、ダシ鍋をかけておいて、朝7時にはダシの効いた美味しいお味噌汁を作って、孫たちを起こすために叫びます。「早くさながー!(早くしなさい)」と。ジッチャも朝にモタモタしていると、すぐにバッチャに叱られます。
 食卓に着くと一瞬で出てくるご飯、みそ汁、漬け物、野菜炒めと昨日の残り物。
「さっさと食べなか!(さっさと食べなさい)」と一喝して、「コップ持ったな? 顔、洗ったな?」とどやしながらひ孫たちが保育園に行くのを見送り、大量の漬け物を朝のうちに漬けてしまうと、ようやく朝の仕事は一段落。
 バッチャ達は畑に座って、春から夏にかけては草取りをします。草はえんえんと生えてきます。抜かれた草は山と積まれて、わらと混ぜられ堆肥になります。私たちの目に見えない世界では、わらや土に棲む何十億という微生物たちが積まれた草を食べてうんこを出し、ただの雑草だったものを畑の栄養へと変えていきます。土から生まれたものはすべて土に還っていきます。そうして増えた微生物たちは堆肥塚で一年を暮らし、次の春に畑に撒かれるのを待つのです。
 
 春は畑で忙しい。
 一日をテレビとパソコンの前だけで暮らしていると、だんだんと気力が減っていくのは気のせいなのでしょうか?
 バッチャ達の底知れぬパワーの源は、気付かぬうちに畑から吸い取っている自然の精気。畑のエネルギーなのかもしれません。
 
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

 

 

 

津軽桐下駄、世界へ

130330_1145~001.jpg

2013年3月30日の陸奥新報より。

 

   弘前市出身のデザイナー鈴木卓爾さんと、同市の「ゑびすや履物店」(藤田治司代表取締役)がコラボした津軽桐下駄(げた)が国内のほか、欧米や香港など世界で販売されている。鈴木さんが手掛けるメンズブランド「ts(s)」(ティーエスエス)は世界的にも評価が高く、今回の津軽桐下駄も同ブランドの「2013年春夏コレクション」のアイテムとしてファッション感度の高い人たちに注目されているという。

こういうニュース嬉しいよね。

 

プッチーニのオペラを津軽弁に。

プッチーニのオペラを津軽弁に訳してみました。


蝶々夫人


→ 「ピンカートンのアッパ」


夫人のことは何夫人であっても「誰々のアッパ(嫁)」と呼ぶのが津軽流。

ヒラリー夫人も「クリントンのアッパ」と呼ばれている可能性大。



ラ・ボエーム


→ 「イパダダわげもの(若者)」


イパダダは、津軽弁で「ちょっと変な、変わった」という意味です。

ジプシーのような生活に憧れ、芸術で食べていくことを夢見た貧乏な若者達の

お話は津軽弁で言うと「ラ・ボエーム~イパだだわげもの」になります。

聞き取りようによっては「エパダダわげもの」かもしれません。



オペラ「トゥーランドット」より、「誰も寝てはならない」


→オペラ「中国のえれ(偉い)人の娘のなめ(名前)」より、「だんも寝りゃマネ」



だんもねりゃまね。一気に真剣さがそぎ落とされますね。


それでは皆様、おやすみなさい。


 

和菓子で描く 津軽の四季

和菓子で描く 津軽の四季 

 

☆☆☆弘前城築城400年記念☆☆☆

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-津軽の四季

清水梨馬さんの企画の「和菓子で描く弘前」です。

弘前の和菓子は本当においしい。

清水さんの企画には、いつも必然のように足を運んでしまいます。

それぐらい、清水さんが何かをする時というのは、

ドキドキするものなのです。

夏にお会いした時、清水さんと作戦会議に出席した私は

「イベントは、狂ってなきゃできないし、

自分が狂えば狂うほど、人が来る。

人が来ない時はやっぱり、狂い方が足りなかった時だから…」

というお話をして、「いいなあ清水さんは今年も狂ってて~」と

思っていたら、その一ヶ月か二ヶ月後、

自分がストーンサークルフェスに狂うことになってしまったのでした。

ストーンサークルフェスよりもずっと前から

狂い続けている清水さんの体力は、

すごいと思う。

でも、その清水さんを狂わせるものは、音楽と小さな甘い

和菓子だった。

きっと清水さんの目には和菓子が繊細に美しく、なんという伝統、

なんという創意工夫と

小さいけども、無限大の可能性を秘めた

宝石に見えているのだと思う。

秋風や、空の移りゆく雲や小さかった頃の記憶とか

そんな儚いようでたしかに私たちの中にあるものを

いつも感じている清水さんだから

そんな気持ちや空気をお菓子にしてしまう

弘前の和菓子がとても大切なのだとおもう。

以下、「津軽の四季」より

お知らせ致します。

山田スイッチ

 城下町弘前は和菓子の似合うまちです。


和菓子や餅を商うお菓子屋さんも多く市民に親しまれてきました。

 和菓子でまちを元気にしたいと、和菓子をキーワードにしたコンサート&イベント


「和菓子で描く 津軽の四季」を開催します。


そこから生まれたメロディを題材に、朗読と演奏によって、

津軽の四季の風景や心象を表現します。

 曲は青森出身の作曲家小山内たけとも氏のオリジナル作品です。

 第1部ではふるさと津軽への想いを綴った文章と和菓子の画、

 第2部ではお菓子屋さんが城下町の雰囲気を描いた新しいお菓子「ひろさき」作りに挑戦し、発表します。そして職人の菓子作りにかける想いも語っていただきます。

 東日本大震災、福島原発の事故と続き、日本を暗い雲がおおっていますが子供たちの未来は明るいものであってほしいと切に願います。
絵本や児童書の購入など、青森の子どもたちのために使ってもらえるよう、イベントの収益の中から青森県に寄付を行いたいと思います。

■ 日時:平成23年11月12日(土)13:30開場 14:00開演
■ 会場:弘前文化センター 大ホール

■ プログラム
《第1部 朗読と演奏で描く 津軽の四季》
朗読…若山多香子
 ピアノ演奏(編曲)…瓜田修子
 曲…小山内たけとも
 文…清水典子
 画…工藤新子

《第2部 和菓子で描く弘前 和菓子職人の心意気》
弘前の面影を表すお菓子「ひろさき」を発表
ゲストを迎えて弘前の魅力をトークセッション

■ 入場料:大人2,000円、中学生以下500円(全席自由)

■ チケット取り扱い

(弘前市)
紀伊國屋書店・平山萬年堂・黒滝貴子司法書士事務所・カフェ リエゾン
弘前市立観光館・弘前市まちなか情報センター

(青森市)
番地銘石

■ 主催:和菓子で描く津軽の四季実行委員会

[住所]
青森県弘前市下白銀町19-4

[会場]
弘前文化センター

[問い合わせ先]
和菓子で描く津軽の四季実行委員会 清水さん(TEL:03-3723-4120)、

若山さん(TEL:03-5385-0832)

[期間]
2011年11月12日~2011年11月12日